レイノルズ・テクノロジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイノルズ・テクノロジー
Reynolds Technology
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
B28 8SP
バーミンガム · ホールグリーン英語版
設立 1899年
業種 製造業
外部リンク http://www.reynoldstechnology.biz/
テンプレートを表示

レイノルズ・テクノロジー: Reynolds Technology )は、アルフレッド・レイノルズ(: Alfred M. Reynolds)がイギリスバーミンガムで創業した自転車用チューブ(鋼管)メーカーである。

1958年以来レイノルズの鋼管を使用した自転車フレームは27回もツール・ド・フランスの勝者に貢献した[1]。 また1953年のヒラリーとテンジンによるエベレスト登頂に用いられた酸素ボンベも製作した[1]

歴史[編集]

アルフレッド·レイノルズの祖父ジョン・レイノルズが、1841年にバーミンガムで切削爪の製造所を起業したのがレイノルズ・テクノロジーの起原である[1]

  • 1899年 - 創業。
  • 1890年 - バテットチューブを開発。
  • 1897年 - バテットチューブの特許24931[2]を取得、世界最初の自転車用バテットチューブの製造を始めた。
  • 1928年 - チューブ·インベストメンツと合弁してグループ傘下に入る。
  • 1934年 - レイノルズ531を発売。
  • 2006年 - レイノルズ・テクノロジーに社名変更。

製品[編集]

  • レイノルズ531英語版(1934年発売) - マンガンモリブデン鋼。第二次世界大戦時には爆撃機の胴体材料にも使用された。2010年現在、前三角部分だけになってしまったが、以前と全く同じものが供給されている。
  • レイノルズ753 - マンガンモリブデン鋼。ベルナール・イノーが現役最後に乗った自転車にも使用されていた。
  • レイノルズ953 - ステンレス鋼。

参考文献[編集]

  • 『クロモリロードバイク: 1冊まるごとスチール・ロードバイクの本鉄ロードのすべてがわかる』 枻出版社〈エイムック2001〉、2010年8月10日。全国書誌番号:21794418ISBN 978-4-7779-1674-0OCLC 651905347
  • CTC (2011). “Made in Britain - Top tubes - Reynolds Technology Ltd”. Cycle Magazine (Cyclists' Touring Club) (April/May): 45-46. OCLC 52065930. 

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c CTC 2011.
  2. ^ GB 189724931, REYNOLDS ALFRED MILWARD; HEWITT JOHN THOMAS, "Improvements relating to the Manufacture of Tubes.", published 1898-10-27