レイナルド・ゴルノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイナルド・ゴルノ Portal:陸上競技
Reinaldo Gorno-1952.jpg
レイナルド・ゴルノ(1952年)
選手情報
フルネーム Reinaldo Berto Gorno
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
種目 長距離走マラソン
所属 Capital Federal
生年月日 1918年6月18日
生誕地 アルゼンチンコリエンテス州ジャペジュー英語版スペイン語版
没年月日 1994年4月10日(満75歳没)
死没地 アルゼンチン・ブエノスアイレス特別区
身長 170㎝
体重 63kg
自己ベスト マラソン:2時間20分28秒(1955年)
 
獲得メダル
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
男子 陸上競技
オリンピック
1952 ヘルシンキ マラソン
パンアメリカンゲームズ
1951 ブエノスアイレス マラソン
南アメリカ陸上競技選手権
1941 ブエノスアイレス 5000m
1941 ブエノスアイレス 10000m
1945 モンテビデオ 5000m
1945 モンテビデオ 10000m
1945 モンテビデオ クロスカントリー
1947 リオデジャネイロ クロスカントリー
1952 ブエノスアイレス 5000m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

レイナルド・ゴルノReinaldo Berto Gorno1918年6月18日 - 1994年4月10日)は、アルゼンチンの元陸上競技選手である。彼は、1952年に開催されたヘルシンキオリンピックのマラソンで銀メダルを獲得した。

経歴[編集]

ゴルノは長距離走の選手として活躍し、南アメリカ陸上競技選手権大会英語版では1945年にクロスカントリーで金メダルを獲得したのを始め、銀メダル5個、銅メダル1個を獲得した実績を持っていた[1]。ゴルノがオリンピックに出場したのは、34歳のときだった。彼はヘルシンキオリンピックのマラソンアルゼンチン代表3人のうちの1人として、ヘルシンキに赴いた。

ヘルシンキオリンピックのマラソンは、32の国から66人の選手が出場して、1952年7月27日に実施された。レースがスタートしたのは午後3時28分で、当日はかなり涼しい天気だった[2]。事前の予想では、オリンピック直前の6月14日に当時のマラソン世界最高2時間20分42秒を記録していたイギリス代表ジム・ピーターズ英語版が金メダルの最有力候補だった[2]。実際のレースでは、「人間機関車」の愛称で知られたチェコスロバキア代表エミール・ザトペックが、10000メートル競走5000メートル競走に続いて圧倒的な強さを見せて2時間23分3秒2の記録で金メダルを獲得し、オリンピック長距離走メダル三冠を達成した。ゴルノはザトペックに2分半以上の大差をつけられたが、2時間25分35秒の記録で2位に入って銀メダル獲得を果たした[2]

その他の主要な大会では、1951年にブエノスアイレスで開催されたパンアメリカンゲームズのマラソンで、1948年ロンドンオリンピックのマラソン金メダリスト、デルフォ・カブレラに次いで2位に入っている[3]。そして彼は、1954年に開催された第9回福岡国際マラソンで外国選手として初めて優勝した[4][5]。彼は1950年代を代表するマラソン選手の1人として、1952年、1954年、1955年の合計3回男子マラソンの世界トップ10に名を連ねている[6]

主要大会での成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1941 南アメリカ陸上競技選手権 ブエノスアイレス(アルゼンチン) 5000m 2位 15分12秒1
1941 南アメリカ陸上競技選手権 ブエノスアイレス(アルゼンチン) 10000m 2位 31分39秒6
1945 南アメリカ陸上競技選手権 モンテビデオ(ウルグアイ 5000m 3位 15分24秒2
1945 南アメリカ陸上競技選手権 モンテビデオ(ウルグアイ) 10000m 2位 32分38秒2
1945 南アメリカ陸上競技選手権 モンテビデオ(ウルグアイ) クロスカントリー 1位 44分12秒4
1947 南アメリカ陸上競技選手権 リオデジャネイロ(ブラジル クロスカントリー 2位 38分39秒0
1951 パンアメリカンゲームズ ブエノスアイレス(アルゼンチン) マラソン 2位 2時間45分00秒
1952 南アメリカ陸上競技選手権 ブエノスアイレス(アルゼンチン) 5000m 2位 15分5秒5
1952 ヘルシンキオリンピック ヘルシンキ(フィンランド マラソン 2位 2時間25分35秒
1954 福岡国際マラソン 福岡日本 マラソン 1位 2時間24分55秒
1955 エンスヘーデマラソン エンスヘーデオランダ マラソン 1位 2時間26分33秒[7]

脚注[編集]

  1. ^ SOUTH AMERICAN CHAMPIONSHIPS (MEN) 2011年10月22日閲覧。(英語)
  2. ^ a b c Athletics at the 1952 Helsinki Summer Games:Men's Marathon 2011年10月22日閲覧。(英語)
  3. ^ PAN AMERICAN GAMES 2011年10月22日閲覧。(英語)
  4. ^ この年までは「金栗賞朝日マラソン」という名称だった。なお、外国選手を招待したのも、この回が初めてだった。
  5. ^ 福岡国際マラソン歴代優勝者 2011年10月22日閲覧。
  6. ^ World Rankings — Men’s Marathon 2011年10月22日閲覧。(英語)
  7. ^ PALMARES MARATHON DE TWENTE Marathon Info 2011年10月22日閲覧。(フランス語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]