レイトネリア科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイトネリア科
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : マンサク亜綱 Hamamelidae
: レイトネリア目 Leitneriales
: レイトネリア科 Leitneriaceae
学名
Leitneriaceae Benth.
和名
レイトネリア科

レイトネリア科(レイトネリアか、学名Leitneriaceae)は、双子葉植物の科。アメリカ合衆国南東部のフロリダなどに自生する落葉低木 Leitneria floridana英語: Corkwood)1属1種だけからなる。

葉は細長く互生。は単性花で、雌花には萼があるが雄花は無花被、それぞれ尾状花序をなす。材は非常に軽い(コルクよりも軽く、英語名もこれによる)。希少種で絶滅が危惧されている。

従来の分類では独立の科とし、クロンキスト体系では単独でレイトネリア目としているが、新しいAPG植物分類体系ではニガキ科に含めている。