ルールズ・オブ・アトラクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルールズ・オブ・アトラクション』(The Rules of Attraction)は、1987年に出版されたブレット・イーストン・エリスの小説作品。

2002年に、ロジャー・エイヴァリー監督により映画化された。

概要[編集]

セックスドラッグアルコールなど、無軌道で刹那的な日常生活を送る80年代の大学生たちを主人公にした群像劇で、主人公たちの恋愛模様をシニカルな風味で描いている。舞台となる大学は、エリスの母校ベニントン大学がモデルである。

なお、主人公の1人であるショーン・ベイトマンの兄として本作に登場するパトリック・ベイトマンは、エリスの次作『アメリカン・サイコ』で主人公となっている。

あらすじ[編集]

日本語訳[編集]

映画[編集]

ルールズ・オブ・アトラクション
The Rules of Attraction
監督 ロジャー・エイヴァリー
脚本 ロジャー・エイヴァリー
原作 ブレット・イーストン・エリス
製作 グレッグ・シャピロ
製作総指揮 ロジャー・エイヴァリー
マーク・バタン
ジェームズ・ドイッチ
サミュエル・ハディダ
マーシャ・オグレズビー
トム・オーテンバーグ
マイケル・パセオネック
ジェレマイア・サミュエルズ
出演者 シャニン・ソサモン
ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク
イアン・サマーホルダー
キップ・パルデュー
音楽 トムアンドアンディ
撮影 ロバート・ブリンクマン
編集 シャロン・ラター
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年10月11日
日本の旗 2003年11月15日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
ドイツ語
製作費 $4,000,000[1]
興行収入 $11,819,244[1]
テンプレートを表示

原作同様に、セックス、ドラッグ、アルコールなど、無軌道で刹那的な日常生活を送る80年代の大学生たちを主人公にした群像劇。監督のロジャー・エイヴァリーは場面転換にフィルムを逆回転させ、同一の時間軸に戻す編集方法を用い、また所々に特殊なカメラワークを用いる事も試みている。さらに素人のAVのような“生撮り”的な場面を挿入してるのも特徴である。所々に映画のパロディが効いてるのも特徴で、エリスの小説の映画化の中でも、この作品は比較的コメディめいた描写が多い。

ストーリー[編集]

アメリカ北東部のニューイングランド。アメリカで一番学費が高いと言われているカムデン大学に通うローレンは、ある朝教室の前で名うての女っ垂らしショーンと出会い、お互いに運命的な何かを感じる。それでもローレンはヨーロッパ旅行中のヴィクターに恋心を寄せていたが、ショーンはローレンに本気で恋をする。一方、ローレンの元恋人でバイセクシュアルのポールはショーンに思いを寄せていた。やがて男女の恋の方位図が狂っていき、彼らにシニカルな恋の結末が訪れる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ローレン・ヒンデ シャニン・ソサモン 松本梨香
ショーン・ベイトマン ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク 川島得愛
ポール・デントン イアン・サマーホルダー 平川大輔
ヴィクター キップ・パルデュー 浪川大輔
ララ ジェシカ・ビール 本田貴子
ケリー ケイト・ボスワース 小林沙苗
ハリー ジェイ・バルチェル
ルパート クリフトン・コリンズ・Jr
ミッチェル トーマス・イアン・ニコラス
リチャード ラッセル・サムズ
キャンディス クレア・クレイマー
マーク フレッド・サベージ
ローソン教授 エリック・ストルツ 堀内賢雄
デントン夫人 フェイ・ダナウェイ 鈴木弘子

備考[編集]

主演のジェームズ・ヴァン・ダー・ビークによると、監督のロジャー・エイヴァリーは映画『アメリカン・サイコ』で主人公パトリック(ショーンの兄)を演じたクリスチャン・ベールを、顔出し程度とはいえ出演させようとしていた。だがベールのスケジュールの都合で断念せざるを得ず、劇中のセリフの中の“パトリック”のみを残したという。

出典[編集]

外部リンク[編集]