ルービン・ゴールドマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rubin Goldmark.jpg

ルービン・ゴールドマークRubin Goldmark, 1872年8月15日 ニューヨークシティ – †1936年3月6日 ニューヨークシティ)はアメリカ合衆国作曲家ピアニスト教育者オーストリア=ハンガリー二重帝国の作曲家カール・ゴルトマルクである。米国やカナダを何度も旅して、その間に音楽に関する講演会やリサイタルを開いた。

ウィーン音楽院ローベルト・フックスに師事した後、ニューヨーク州アメリカ・ナショナル音楽院アントニン・ドヴォルジャークに師事した。母校ナショナル音楽院や、コロラド大学附属音楽院で教鞭を執り、生涯最後の12年間をジュリアード音楽学校作曲科の主任教授として過ごした。主要な門人にアルフレッド・ニューマンフレデリック・ジャコビジョージ・ガーシュウィンアーロン・コープランドポール・ノードフらがおり、ゴールドマークは19世紀のヨーロッパ音楽と20世紀のアメリカ音楽とを橋渡しする存在となった。

主要な作品に弦楽四重奏曲ピアノ三重奏曲ヴァイオリン・ソナタのほか、いくつかの管弦楽曲ピアノ曲歌曲がある。《ピアノ五重奏曲イ長調》作品9は、1909年パデレフスキー賞室内楽部門に選ばれた。とはいえ今日、標準的なレパートリーに定着している作品は一つも無い。