ルードウィッヒ・モンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルードウィッヒ・モンド, 1909

ルードウィッヒ・モンド(Ludwig Mond, 1839年3月7日1909年12月11日)はドイツ出身のイギリスの化学者・実業家である。

ドイツカッセルに生まれる。マールブルク大学ハイデルベルク大学で化学を学び、1862年にイギリスに渡った。最初の大きな成功は、ルブラン法の副生物から硫黄を回収する方法の開発である。1873年、ジョン・ブルーナー (John Tomlinson Brunner) と共にソルベー法ソーダ石灰を作る会社を設立した。いくつかの問題点を抱えていたソルベー法に改良を加え、1880年に大量生産法として確立させた。同年にはイギリス国籍を取得している。また、ニッケルカルボニルを発見し、鉱石から純粋なニッケルを抽出する方法(モンド法)を編み出した。彼は他にペンタカルボニル鉄を発見している。ウェールズでモンド・ニッケル・カンパニー (Mond Nickel Company) を創設し、この発見をカナダのニッケル鉱山の経営に役立てた。1891年にはロンドン王立協会の一員に選ばれた。1909年にロンドンで死去した。

イギリスの実業家・政治家のアルフレッド・モンドの父親である。