ルーデルスキャンダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーデルスキャンダル (ドイツ語: Rudel Affäre)は1976年ドイツで起こった政治スキャンダルドイツ連邦軍ドイツ国防軍との政治的因襲が問題になった。

経緯[編集]

1976年春、パラグアイから帰国した、出撃回数と戦車撃破台数において異常な功績をもつことで有名な元ドイツ空軍大佐実業家ハンス・ウルリッヒ・ルーデルネオナチ政党のドイツ帝国党幹部)は、ドイツ連邦軍の高級幹部からドイツ空軍第51偵察航空団「インメルマン」の慣例行事に招待された。

ルーデルのアドルフ・ヒトラーを賛美する言動から、連邦国防省は彼を好ましくない人物と見なしていたが、野党ドイツキリスト教民主同盟(CDU)の国防担当委員マンフレート・ヴェルナーの介入の後、最終的に招待され第2地上攻撃航空団「インメルマン」の最後の司令官として出席した。

催事中、ルーデルは、空軍将官のカール・ハインツ・フランケとヴァルター・クルピンスキーらに自著のサインをしたり、記念写真を撮った。その後、二人の将官は公式の場にも関わらず、ナチとネオナチ支持者としてのルーデルの経歴を与党ドイツ社会民主党(SPD)の重鎮政治家ヘルベルト・ヴェーナードイツ共産党員の過去と比較し正当化した。ヴェーナーは大戦中にモスクワにおり、伝えられるところではNKVD(ソ連・内務人民委員部)の工作に関わったとされ、彼らはヴェーナーを過激派と呼び捨てる一方でルーデルは高潔な人物と称え「銀の食器ひとつ盗んではいない」と述べた。

この発言が明らかになり、国防大臣のゲオルク・レーバーは将官らに1976年11月1日付けで早期退役を命じた。この人事に野党CDUは大反発し、このスキャンダルは1978年のレーバー自身の大臣辞任の一因にもなった。