ルース・エリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルース・エリス(Ruth Ellis、1926年10月9日 - 1955年7月23日)は、殺人罪で有罪判決を受けたのち、イギリス死刑が執行された最後の女性である。

貧しい生まれから、ロンドンナイトクラブにおけるホステス業の世界に早くから入った。彼女の短くも混沌たる人生に多くを占めたのは、その職業における上流人士らとの盛んな交際であった。

彼女が関係を持つに至った男たちのうち、既に別の女性と婚約していたレーシングドライバーのデヴィッド・ブレークリー(David Blakely)、およびイギリス空軍の退役パイロットで実業家のデズモンド・カッセン(Desmond Cussen)が事件に関係している。

1955年4月、エリスはハムステッド(Hampstead)のパブリック・ハウスの外でブレークリーを拳銃で射殺し、ただちに警察自首した。その後の公判で彼女はブレークリー殺害の事実を認めた。法廷と独房との両方でのエリスの振る舞いは報道機関に注目された。有罪が確定した結果、彼女は同年7月、ロンドンのホロウェー刑務所(Holloway Prison)で絞首刑に処せられた。

折しもイギリスにおいて絞首刑反対の議論が強まりつつあった時期に起きたセンセーショナルな事件で、エリスの行為とそれに対する処断の是非は世間の論争を引きつけた。

魅力的なブロンドの女性殺人犯人の肖像は、1950年代のロンドンの聖像のひとつのままである。

前半生[編集]

ルースは、6人きょうだいの3人目として、ウェールズ沿岸の町リル(Rhyl)に生まれた。彼女の子供時代に一家はベージングストーク(Basingstoke)に移った。

母は、ベルギー系の亡命者であった。 父アーサー・ホーンビー(Arthur Hornby)は、マンチェスター出身のチェロ奏者で、生活の多くを大西洋を定期横断する客船乗務で過ごした。アーサーは、ルースの姉ミュリエル(Muriel)の誕生ののち、姓をネールソン(Neilson)に変えた。

ルースは、ベージングストークのフェアフィールズ・シニア・ガールズ・スクール(Fairfields Senior Girls' School)に通ったが、[1]14歳でウェイトレスとして働くために退学した。その後まもなく、ロンドン大空襲のさなか1941年に、ネールソン家の人々はロンドンに移った。

1944年、17歳のルースは既婚のカナダ人兵士と関係して妊娠し、息子クレア・アンドレア・ネールソン(Clare Andrea Neilson 通称「アンディ」Andi)を生んだ[1][2]。アンディの父親からの送金は1年間ほどで終わった。子は結局のところ、ルースの母と同居した。[3]

経歴[編集]

第二次大戦終結後、ルースはヌード・モデル業を経てナイトクラブのホステスになったが、これは彼女が退学してから就いたさまざまな工場や事務の仕事に比べ、かなりの身入りにはなった。デューク・ストリート(Duke Street)のコート・クラブ(Court Club)で彼女は働いたが、その支配人モリス・コンリー(Morris Conley)は、従業員ホステスらを恐喝して関係を持たせていたという。

1950年前半、ルースは売春を始め、常連客の1人によって妊娠した。[3]彼女はこの妊娠を(不法な堕胎によって)3ヶ月で片付け、速やかに仕事に戻った。

1950年11月8日、ルースは、41歳の歯科医ジョージ・エリス(George Ellis)と、ケントのトンブリッジ(Tonbridge)の登記所で結婚した。[4] 彼は離婚経験者で、2人の息子がおり、コート・クラブの常連客であった。 ジョージは嫉妬深く所有欲の強い、アルコール中毒患者で、暴力を振るうこともあったし、ルースが他の男と関係していると確信したので結婚生活は急速に悪化した。

1951年、妊娠4ヶ月のルースは、ランク(Rank)の映画『Lady Godiva Rides Again』にノンクレジットの端役として美人コンテストの女王役で出演している。 彼女は続いて、娘ジョージナ(Georgina)を生んだが、ジョージは父親としての認知を拒み、ルースとジョージはその後まもなく別居した。

ルースとその娘は、彼女の両親と同居するようになり、彼女は生活の収支を合わせるためにホステス業に戻った。[3]

デヴィッド・ブレークリーの殺害[編集]

1953年、ルース・エリスは「キャロル・クラブ」(Carroll Club)のマネージャーに出世していた。彼女にはホステスとしての才覚があった。この時点で、彼女は社交界で多くの名士と知遇を得、多くのひいき客らから惜しみなく高価な贈り物を受けるようになっていた。[3] ルースは、レーシングドライバーのマイク・ホーソーン(Mike Hawthorn)を介し、3歳年下のデヴィッド・ブレークリーに会った。やはりレーサーであるブレークリーは、パブリック・スクール出で育ちの良い身分だったが、また大酒飲みでもあった。幾週間もしないうちにブレークリーは、別の女性メアリー・ドーソン(Mary Dawson)と婚約しているにもかかわらず、クラブの階上のルースのフラットに引っ越してきた。

ルースは4度目の妊娠をしたが、ブレークリーによって示された、ふたりの関係への傾倒の程度に自分が返礼することができないと感じて、その子を流産した。[5]

ルースはその後、デズモンド・カッセン(Desmond Cussen)とも関係を持つようになる。1921年・サリー(Surrey)出身のカッセンは、英国空軍パイロットとして第二次世界大戦中、ランカスター爆撃機を操縦した経歴を持っていた。空軍を1946年に退役して会計士となったが、その後、家業のロンドンおよびウェールズに販売店をもつたばこ卸売小売会社(Cussen & Co.)の重役となった。裕福な身分の人物であった。

しかしブレークリーとの関係も続き、彼がルースの顔でクラブでのツケ遊びを続けていることがオーナーに知られて、ルースは雇われマネージャーの地位を追われた。ここに至って彼女はオックスフォード・ストリート(Oxford Street)の北、デヴォンシャー・ストリート(Devonshire Street)のグッドウォード・コート(Goodward Court)20番地に、カッセンの情婦となって彼と住むようになった。

ここに至ってもルースとブレークリーとの関係はずるずると続いており、かつ二人が他の人々と関係を持ち続けるにつれてますます暴力的に、不幸になった。[5] ブレークリーはルースに結婚しようと申込み、彼女は同意したが、ルースはブレークリーとのいさかいで腹部を殴打されたせいで流産したのち、1955年1月にもう1人の子を亡くした。[5]

こんにちのマグダラ カムデン・ロンドン特別区

1955年4月10日、イースターの日曜日[6]、ルースはカッセンの自宅から、アンソニーとキャロル・フィンドレーター(Anthony and Carole Findlater)の自宅、ハムステッドのタンザ・ロード(Tanza Road)29番地のフラットまでタクシーに乗ったが(ただし、後述のルース本人による告白では、自動車で彼女を送ったのはカッセンだったという)、そこに彼女はブレークリーが居るのではないかと疑った。ルースがそこに到着したとき、ブレークリーの車が走り去った。それで彼女はタクシー料金を支払い、ハムステッドのサウス・ヒル・パーク(South Hill Park)の4階建てのパブリック・ハウス、マグダラ(Magdala)[7]まで、4分の1マイルを歩いた。外にブレークリーの車が駐まっていた。

午後9時30分ころ、デヴィッド・ブレークリーと友人クライヴ・ガネル(Clive Gunnell)が姿を現した。ルースがマグダラのとなりの新聞雑誌販売業者、ヘンショーズ・ドアウェー(Henshaws Doorway)から足を踏み出したとき、ブレークリーが、舗道で待っている彼女の横を通った。彼女が「こんばんは、デヴィッド」("Hello, David,")と声をかけ、それから「デヴィッド!」("David!")と叫んだが、彼はルースを無視した。

ブレークリーが車の鍵をさがしたとき、[8]ルースはハンドバッグから.38口径スミス・アンド・ウェッソン・ヴィクトリー・モデルのリボルバーを取りだし、ブレークリーに向けて発砲した。1発目は外れた。ブレークリーは避けようと車の傍を回りこんだが、ルースは2発目を発砲、銃弾を受けたブレークリーは舗道に倒れた。ルースは彼を見下ろすように立ちはだかり、さらに彼に向けて3発を発射した。1発はブレークリーの背から2分の1インチも離れていないところから発射され、彼の皮膚火薬による火傷をのこした。

ルースは催眠術にかかったように死体を見下ろして立ちはだかっているところを見られた。目撃者らにより伝えられるところによれば、彼女がリヴォルヴァーの最後の6発目を発射しようとする幾つかのカチッという音がはっきりと聞こえ、それから最後には地面に発射した。発射された弾丸は路面の跳弾となり、マグダラまで歩いていた通行人グラディス・ケンジントン・ユール(Gladys Kensington Yule)(53歳)の親指の付け根を負傷させた。

ショック状態のルースは、ガネルに「警察を呼んでくださる、クライヴ?」("Will you call the police, Clive?")と訊ねた。彼女はただちに非番の警察官アラン・トンプソン(Alan Thompson)(PC 389)によって逮捕された。警官はまだ煙の出ている銃を受け取って上着のポケットに入れた。ルースは「わたしは罪を犯しました、すこし混乱しています」と語ったという。

ルースはハムステッド地区警察本署(Hampstead police station)に連行された。彼女は落ち着いており、明らかに酒や薬物の影響を受けていないように見えた。彼女は警察に詳しい告白をし、殺人罪で逮捕された。

ブレークリーの死体は病院に運ばれたが、肝臓大動脈および気管に達する多数の弾丸による傷が認められた。

この日の午後11時30分時点で、ハムステッド地区警察本署でのルース・エリスの尋問のあいだじゅう、あるいは供述を取るあいだじゅう、3人の警察官吏が詰めていた。デーヴィス警部(Detective Chief Inspector Davies)、ジル(Detective Inspector Gill)とクロフォード(Detective Inspector Crawford)の両警部補である。

捜査[編集]

ルース・エリスは、1955年4月11日に下級判事裁判所(magistrates' court)に初めて現われたときにもなお法律上の代表者(legal representation)が共に居ることは無かったし、再勾留された。

彼女は、保健所員(Medical Officer)長、ペンリー・ウィリアムズ(Penry Williams)によって2度にわたって検査されたが、ウィリアムズは精神病の徴候を見出さなかった。ルースはは5月3日に脳波検査も受けたが、なんら異常は見出されなかった。

ホロウェーで再勾留ちゅうに、彼女は弁護側の精神医学者D・ウィッタカー(D. Whittaker)博士によって、内務省のためにA・ダルゼル(Dr A. Dalzell)によって検査された。いずれもが狂気の証拠を見出さなかった。

公判と死刑[編集]

1955年6月20日、ルース・エリスはオールド・べーリーの第1号法廷で、裁判官サー・セシル・ヘイヴァーズ(Cecil Havers)の前に現われた。

ルースは黒のスーツと白の絹のブラウスを着用、髪は脱色したばかりのブロンドで、セットしてあった。ルースの弁護士らは彼女に、控えめな装いに抑えるよう望んでいたが、彼女は「やるときはやる」という決心であった。裁判所内の多くの人々にとって、真鍮色のブロンドであることへの彼女の固執は、少なくとも部分的には、証言に際して彼女が与える悪印象の原因であった。

わたしが彼を撃ったときわたしは彼を殺す意図であったことは、明白です。[9]

ルース・エリス, 1955年6月20日、オールド・べーリー、証人席

これが、検察官クリスマス・ハンフリーズ(Christmas Humphreys)によって彼女に発せられた唯一の質問に対する彼女の返事であったが、彼は「あなたがデヴィッド・ブレークリーの身体に近距離からリヴォルヴァーを発砲したとき、あなたは何をする意図でしたか?」と訊ねた。[9] セバーグ・ショー(Sebag Shaw)とピーター・ローリンソン(Peter Rawlinson)によって支持された弁護人メルフォード・スティーヴンソン(Melford Stevenson)であれば、公判の開始の前にこのあり得る質問について助言するのが標準的な法律的な慣習であるのだから、エリスにもそのようにしたであろう。

公判廷におけるハンフリーズの質問に対する彼女の答えは、有罪の評決を、したがって、それに続く強制的な死の判決を、保証した。

陪審が彼女に有罪の評決を下すのにかかったのは14分間であった。[9] 彼女は判決を受入れ、ホロウェーの死刑囚監房に連れて行かれた。

2010年、テレビ番組のインタヴューで、ヘイヴァーズ裁判長の孫で俳優のナイジェル・ヘイヴァーズ(Nigel Havers)によれば、彼の祖父は内務大臣グウィリム・ロイド・ジョージ宛てに、彼はそれを「情痴犯罪」と見なすので死刑執行延期をすすめたが、それはにべもなく断られたが、それは一家によって保持されている。

犯行時の6発目の拳銃発射が、無関係な通行人に傷を負わせ、それが判決に影響を与えたということが、示唆されている。

死刑の前日、1955年7月12日の真昼、いやいやながらエリスは、愛人デズモンド・カッセンによって自分のために選ばれた事務弁護士ビックフォード(Bickford)を解任し、事務弁護士(その法律事務所は以前、殺人事件公判ではなく離婚手続きで彼女の代理をつとめていた)とその秘書レオン・シモンズ(Leon Simmons)に告白した。 彼女は、射撃にかんするさらなる証拠を明らかにし、銃はカッセンによって提供されたこと、彼が彼女を殺人現場に乗せていったことを語った。

死刑囚監房での90分間のインタヴューに続いて、事務弁護士とシモンズは内務大臣のもとに行き、そこで彼らはルースによる暴露について下位公務員に話した。当局は、その情報(カッセンの間接的幇助の可能性)について追跡調査をする努力を払わなかったし、死刑執行延期はなかった。

独房からデヴィッド・ブレークリーの両親宛の最後の手紙で、ルースは「わたしはご子息を愛していましたし、ご子息をなおも愛しながら死にます」と書いた。[10]

エディス・トンプソン(Edith Thompson)の1923年の死刑執行以来、女性死刑囚は詰め物をした、厚い、キャリコのニッカーズを着用しなければならなかったが、3週間エリスを護衛した女性刑務官ウォーダー・イヴリン・ギャラリー(Warder Evelyn Galilee)は、定刻の前に、彼女を手洗いに連れて行った。 ギャラリーは言った。「悪いけれど、ルース、わたしはこれをやらねばならないの」 それらは、正面と背面のテープを引っぱるようになっていた。 エリスは「これでいい?」と、そして「こちらを引いてくださるかしら、イヴリン? わたしは残りを引きますから」と言った。 死刑囚監房にふたたびはいるや、彼女は眼鏡をはずし、それをテーブルの上に置き、言った「もうこれは必要ないでしょうね」。[11]

7月13日水曜日午前9時の30秒前、絞首刑執行人アルバート・ピエレポイントとその助手ロイストン・リカード(Royston Rickard)は、死刑囚監房のなかにはいり、となりの執行室まで15フィート(4.6メートル)、ルースを護衛した。[12] 彼女の前日の体重は103ポンド(47キログラム)あった。8フィート4インチ(2.54メートル)の絞首台の踏落台が準備された。

ピエレポイントは12秒間ちょうどで死刑を実行し、死体は1時間、吊り下げられたままであった。

事後、病理学者キース・シンプソン(Keith Simpson)博士による検死解剖報告が、公表された。[13]

ステップニー(Stepney)の主教(Bishop)ジュースト・ド・ブランク(Joost de Blank)が、死の直前のエリスを訪ねると、彼女は彼に語った、「わたしが彼を撃った人物ではないことはまったく明らかです。 わたしは自分がリヴォルヴァーを帯びているのが見えたとき、わたしは自分が別の人物であることを知りました」。 これらの評言は、当時のロンドンの夕刊紙『ザ・スター(The Star)』でなされた。

公衆の反応[編集]

事件は当時、報道機関と公衆の例外的に強い関心を、内閣によって議論される点まで呼び起こして、広範囲の議論となった。[14]

死刑執行の当日、『デーリー・ミラー』のコラムニストであるカッサンドラ(Cassandra)ことウィリアム・コナー(William Connor)は判決を攻撃するコラムを書き、「人類に名声と威厳をもたらし、われわれを獣以上に高尚にする唯一のものが、彼女には拒否されるであろう--あわれみと究極のあがないの希望が」と書いた。[15] 寛大な処置を求める内務大臣への請願には、5万人が署名したが、保守党の内務大臣で少佐のグウィリム・ロイド・ジョージ(Gwilym Lloyd George)は、それを却下した。[15]

当時イギリスに在住していた小説家レイモンド・チャンドラーは、『イヴニング・スタンダード』宛てに痛烈な手紙を書き、「法の中世的な未開性」(the medieval savagery of the law)と彼が表現したものに言及した。[16]

遺産[編集]

絞首刑は、死刑廃止への公衆の支持を強めるのを助けたが、死刑はイギリスで10年間、執行されなかった(英国における最後の死刑執行は1964年のことであった)。 死刑執行延期はそのときまでにありふれたことであった。 ひとつの統計的記事によれば、1926年と1954年との間で、677人の男性と60人の女性がイングランドウェールズで死刑判決を受けたが、375人の男性と7人の女性だけが死刑が執行された。[17]

1970年代前半、エリスの事務弁護士ジョン・ビックフォード(John Bickford)は、マルタの自宅からスコットランド・ヤードに声明を出した。 彼は、1955年にデズモンド・カッセンが自分に語ったことを回想している: どのようにエリスが公判で嘘をついたか、そしてどのように彼(ビックフォード)がその情報を隠したか。 ビックフォードの告白ののち、警察の捜査が続いたが、カッセンにかんするそれ以上の行動は取られなかった。

当時の首相アンソニー・イーデンは、回想録でルース・エリス事件に言及しなかったし、彼の文書には何も無い。 彼は決定は内務省の責任であることを容認したが、彼がそのことで悩んでいた兆候がある。[18]

複数の外国紙は、「情痴犯罪」(crime passionnel)の概念は、イギリス人には異質に思われると述べた。

家族への余波[編集]

1969年、ルースの母バータ・ネールソン(Berta Neilson)はヘメル・ヘムステッド(Hemel Hempstead)の、自分のフラットの、ガスが充満した部屋で意識不明で発見された。彼女は決して完全に回復しなかったし、もとのように首尾一貫した口をきくことはなかった。

ルースの夫ジョージ・エリス(George Ellis)はアルコール中毒におちいり、1958年に首吊り自殺をした。

彼女の息子アンディは母の絞首刑の当時、10歳であったが、1982年、寝室兼居間(bedsit)で自殺をした。公判の裁判官サー・セシル・ヘイヴァーズ(Sir Cecil Havers)は、毎年、アンディの維持のために金銭を送ったし、エリスの公判の検察官クリスマス・ハンフリーズは、彼の葬儀代を支払った。[2]

エリスの娘ジョージナは、母の死刑が執行されたとき3歳であったが、父が3年後に首吊り自殺したとき養子縁組された。 彼女はで50歳で死亡した。[19]

恩赦を求める運動[編集]

事件は、イギリス人の想像を強く握り続けているし、2003年に、刑事事件再審査委員会(Criminal Cases Review Commission)によって控訴院(Court of Appeal)に付託された。 裁判所は上訴を断固として拒否したが、ただし、彼女に死刑が執行されるべきであるかどうかにではなく、1955年現在の法に基づく有罪判決のみに判断を下すことができることを明らかにした。[20]

裁判所は、上訴を審議しなければならなかったという事実について批判的であった:

われわれは、さらにひとつの観察をおこないたい。 われわれは、ミセス・エリス自身が 当時、上訴しないことを意識的に慎重に選んだのに、これほど事件のずっと後に上訴を審議することのこの行使が、控訴院の有限な資源の賢明な使用であるか否かを問わなければならない、 どのように見ても、ミセス・エリスは重大な刑事犯罪を犯した。 したがってこの事件は、係争点がまったく無実な人物が殺人罪の有罪判決を受けたか否かにあるハンラッティ[2002] 2 Cr App R 30のような事件とは、まったく異なる。 その規模の邪悪は、こんにちにおいてさえ、一般公衆の関心の問題であるかもしれないが、しかしこの事件において、ミセス・エリスが殺人犯ではなく、唯一の係争点が彼女が犯した正確な犯罪であることには疑問はない。 もしわれわれが彼女の事件を審議しなければならなかったのでないならば、われわれは、利用し得る時間に8ないし12の他の事件を取り扱ったかもしれないであろうし、そのうちの多数は誤ってこうりゅうされていると言われる人々を巻き込んでいたであろう。[21]

2007年7月に、1955年のオールド・べーリーの陪審が審議することを求められなかった新証拠に照らして、ルース・エリス事件を再び審議し、彼女に恩赦を与えることを首相ゴードン・ブラウンに求める請願が、ダウニング街10番地ウェブサイトに公表された。 それは2008年7月4日に終った。[22]

埋葬[編集]

エリスは、死刑が執行された元死刑囚の習慣として、ホロウェー刑務所のしるしづけられていない墓に埋葬された。 1970年代前半に刑務所は、再建築の拡張計画を受けたが、その間、死刑が執行されたすべての元女性死刑囚の死体は他の場所への再埋葬のために発掘された。 エリスの死体は、バッキンガムシャーのアマーシャム(Amersham)の聖マリー教会の教会付属墓地拡張地に再埋葬された。 教会墓地の竿石は「ルース・ホーンビー 1926年 - 1955年」("Ruth Hornby 1926–1955")と記された。 彼女の息子アンディは、1982年に自殺する少し前に竿石を破壊した。

ホロウェーで死刑が執行された他の4人の女性、スティロー・クリストフィ(Styllou Christofi)、イディス・トンプソン(Edith Thompson)、アメリア・サックとアニー・ウォルターズ(Amelia Sach and Annie Walters)の遺物は、ブルックウッド・セメトリーの単一の墓にふたたび埋葬された。

これは偶然の一致であるが、スティロー・クリストフィは、1954年に死刑が執行されたが、ハムステッドのサウス・ヒル・パーク11番地[23]に息子および義理の娘とともに住んでいたが、そこは番号 2a のマグダラ・パブリック・ハウスから数ヤードのところであり、そこでデヴィッド・ブレークリーが4ヶ月後に撃たれた。

映画、テレビジョンおよび演劇化[編集]

1980年、ITVドラマ・シリーズ『Lady Killers』の第1シリーズの第3回は法廷事件を再創造し、エリス役はジョージナ・ヘイル(Georgina Hale)が演じた。

最初のエリスの映画上の肖像は、マイク・ニューウェル監督の『ダンス・ウィズ・ア・ストレンジャー』(1985年)の上映とともに現われ、エリス役はミランダ・リチャードソンであった。

エリスの話とアルバート・ピエレポイントの話は、舞台劇『Follow Me』でふたたび語られているが、これはロス・ガーニー=ランドール(Ross Gurney-Randall)とデーヴ・マウンフィールド(Dave Mounfield)脚本、ガイ・マスターソン(Guy Masterson)監督。エディンバラ・フェスティバル・フリンジの一部として、アッセンブリー・ルームズ(Assembly Rooms)でプレミアが行なわれた。

映画『Pierrepoint』(2006年)において、エリス役はメアリー・ストックリー(Mary Stockley)が演じた。

『Lady Godiva Rides Again』でダイアナ・ド-スは主演し、エリスは名前の挙げられない端役を演じたが、ドースは、J・リー・トンプソン監督のイギリス映画『Yield to the Night』(1956年)で、エリスに似た(ただし、基づいてはいない)人物を演じた。[24][25]

注釈[編集]

  1. ^ a b Dunn 2010.
  2. ^ a b Jakubait and Weller, 2005.
  3. ^ a b c d Blackwell, 2010, p. 95
  4. ^ Ruth Ellis: The Last to Hang
  5. ^ a b c Blackwell, 2010, p. 96
  6. ^ Melford Stevenson « Searching for the Truth about Ruth Ellis By Monica Weller
  7. ^ "The Magdala" FancyaPint.com (Retrieved 13 February 2010)
  8. ^ David Cocksedge, on his website 'The Lady Died for Love' described Blakely's car as a green 'Vauxhall Vanguard', a make/model that does not exist. It is presumed that he could have been referring to either a Standard Vanguard or some other model of Vauxhall
  9. ^ a b c Block, Brian P. and Hostettler, John. Hanging in the Balance. 1997, page 164
  10. ^ Ruth Ellis's letter to David Blakeley's parents from the condemned cell
  11. ^ Searching for the Truth about Ruth Ellis By Monica Weller
  12. ^ The condemned cell and execution chamber at Holloway Prison
  13. ^ Autopsy Report of Ruth Ellis
  14. ^ James, Robert Rhodes (1987), Anthony Eden, p. 420, Papermac, ISBN 0-333-45503-7
  15. ^ a b Blackwell, 2010, p. 98
  16. ^ Raymond Chandler, A Biography, Tom Hiney, 1997, p. 224
  17. ^ Block, Brian P. and Hostettler, John. Hanging in the Balance. 1997, p. 165
  18. ^ James,Robert Rhodes (1987) "Anthony Eden,"p. 420. Papermac,ISBN 0-333-45503-7.
  19. ^ “Judgement reserved in Ellis case”. BBC News. (2003年9月17日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/london/3116722.stm 2010年5月23日閲覧。 
  20. ^ Court of Appeal, 2003; section 89
  21. ^ Court of Appeal, 2003; section 90
  22. ^ Author May Prove Hanged Womans Innocence (from This Is Local London)
  23. ^ According to the 1954 Electoral Register for England
  24. ^ Leonard Maltin's 2004 Move & Video Guide
  25. ^ Film Forum Brit Noir summer 2009 schedule.

参考文献[編集]

  • Blackhall, Sue (2009). "Ruth Ellis", True Crime: Crimes of Passion. Igloo. ISBN 978-1-84817-719-2
  • Dunn, Jane (2010). "Ruth Ellis," Oxford Dictionary of National Biography.
  • Hancock, Robert (1963). Ruth Ellis: The Last Woman to Be Hanged. Orion; 3rd edition 2000. ISBN 0-7528-3449-5
  • Jakubait, Muriel and Weller, Monica (2005). Ruth Ellis: My Sister's Secret life. Robinson Publishing. ISBN 1-84529-119-0
  • Mark, Laurence and Van Den Bergh, Tony (1990). Ruth Ellis: a Case of Diminished Responsibility?. Penguin. ISBN 0-14-012902-2

外部リンク[編集]