ルーシー・M・ボストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーシー・M・ボストン(Lucy Maria Boston, 1892年12月10日 - 1990年7月30日)は、英国の女性児童文学作家

ランカシャー州(現マージーサイド州)サウスポートにルーシー・ウッドとして生まれ、サセックス海岸の女子寄宿学校に学ぶ。1917年ハロルド・ボストンと結婚、夫と別れた後、1939年にケンブリッジシャー州へミングフォード・グレイのマナーハウスに転居。60歳を過ぎてから「グリーン・ノウ」シリーズを書き始める。『グリーン・ノウのお客さま』でカーネギー賞を受賞する。

林望が英国に留学した際、ボストンの家に下宿していたことでも知られる。

日本語訳書[編集]

  • まぼろしの子どもたち (瀬田貞二訳 学習研究社 1968年 のち偕成社文庫)
    グリーン・ノウの子どもたち グリーン・ノウ物語1 (亀井俊介訳 評論社 1972年)
  • グリーン・ノウのお客さま (亀井俊介訳 評論社 1968年)
  • グリーン・ノウの魔女 グリーン・ノウ物語5 (亀井訳 評論社 1969年)
  • 海のたまご (猪熊葉子訳 大日本図書 1969年 のち岩波少年文庫)
  • グリーン・ノウの川 グリーン・ノウ物語3 (亀井訳 評論社 1970年)
  • グリーン・ノウの煙突 グリーン・ノウ物語 2 (亀井訳 評論社 1977年10月)
  • リビイが見た木の妖精 (長沼登代子訳 岩波少年文庫 1980年10月)
  • みどりの魔法の城 (定松正訳 大日本図書 1980年12月)
  • グリーン・ノウの石 (亀井俊介訳 評論社 1981年8月)
  • 意地っぱりのおばかさん ルーシー・M・ボストン自伝 (立花美乃里訳 福音館書店 1982年11月)
    メモリー ルーシー・M・ボストン自伝 (立花美乃里・三保みずえ訳 評論社 2006年5月)
  • ボストン夫人のパッチワーク (林望訳 平凡社 2000年10月)
  • ふしぎな家の番人たち (卜部千恵子訳 岩波書店 2001年7月)