ルーサー・ギューリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーサー・ハルシー・ギューリック

ルーサー・ハルシー・ギューリック (Luther Halsey Gulick, 1892年1月17日 - 1993年1月10日) はアメリカ行政学者。所謂正統派行政学者の第一人者であり、組織管理の手法をPOSDCORBとして定式化したことでも知られる。

来歴[編集]

会衆派教会宣教師シドニー1860年 - 1945年)とクララとの間に大阪府で生まれる。ギューリック家は宣教師一家で、曽祖父ピーター・ギューリックハワイ王国で初めて布教を行った人物の1人とされる。また、叔父で同名のルーサー・ギューリックYMCAに関わる傍ら体育学者としても活躍、キャンプファイアUSAを設立した。

1914年オベリン大学を卒業後、1920年にはコロンビア大学にてPh.D.を取得。1931年から1942年にかけてコロンビア大学で教鞭を執るが、この間、1936年から1938年までフランクリン・デラノ・ローズヴェルト大統領(当時)直属の行政管理に係る委員会で委員となる。その後1954年から3年間にわたりニューヨーク市の市政行政官を務める[1]

こうして理論・実務の両面から行政に携わる中で、組織管理者にとってその運営に必要不可欠な7つの要素(計画 Planning、組織 Organizing、人事 Staffing、指揮 Directing、調整 Coordinating、報告 Reporting、予算 Budgeting)について、その頭文字を取ってPOSDCORBという造語を編み出した[2]ほか、政治と行政との分離が声高に叫ばれていた時代にあって、両者は不可分との論陣を張った。

また、第二次世界大戦中はケインジアンの立場から、経済学者アルヴィン・ハンセンと連れ立ちケインズ本人に直談判し、戦後における国際経済の制度設計に関し助言を行った[3]

1993年1月10日、バーモント州グリーンズボロにて死去。100歳。生涯2度の結婚歴があり、最初のヘレン・スウィフトとは1969年に死別した後、キャロル・W・モフェットと再婚(モフェットは1989年に死去)、2人の子を儲けた[1]

著書[編集]

  • Evolution of the Budget in Massachusetts (1920年)
  • Administrative Reflections from World War II (1948年)
  • American Forest Policy (1951年)
  • The Metropolitan Problem and American Ideas (1962年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]