ルーゴ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーゴ県
ルーゴ県の旗 ルーゴ県の紋章
ルーゴ県の位置
Flag of Galicia.svg ガリシア州
県都 Escudo de Lugo 3.svg ルーゴ
公用語 ガリシア語カスティーリャ語
議会
 • 上院
 • 下院
 • 州議会

4議席
4議席
15議席
県議会
 • 議席数
 • 議長

 • 党派別議席数

25議席
ホセ・ラモン・ゴメス・ベステイロPSdeG-PSOE[1]
PPdeG(12)、PSdeG-PSOE(11)、BNG(2)
面積
 • 総計
 • スペイン国内の%
 • 順位

9,856.56km² [2]
1.95%
25位
人口
 • 総計
 •スペイン国内の %
 • 人口密度
 • 順位

353,504人(2010年)[2]
0.81%
35.86人/km² [2]
38位
自治体数 67
住民の呼称 lugués/-esa、lucense
郵便番号 27
ISO 3166-2 ES-LU
県議会公式ページ
スペインの県 スペインの旗

ルーゴ県Provincia de Lugo)は、スペインの自治州ガリシア州の県。1833年ハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。西と南は同州のア・コルーニャ県ポンテベドラ県オウレンセ県、東はアストゥリアス州カスティーリャ・イ・レオン州レオン県に接する。北は大西洋カンタブリア海)に面している。ガリシア州を構成する4県のうち、面積は最も広いが、県人口は353,504人(2010年)で、人口規模ではア・コルーニャ県、ポンテベドラ県に次いで3番目である。県都はルーゴで、県内で最も人口が多く、次いでモンフォルテ・デ・レモス、ビベイロ、ビラルバ、サリア、フォス、リバデオ、ブレーラ、チャンターダと続く。

地理[編集]

ルーゴ県はガリシア州の北東部に位置し、面積は9,856km²、人口は357,625人で、人口密度は37.7人/km²である。

地勢[編集]

リア[編集]

  • リア・デ・バルケイロRía do Barqueiro) - ソル川の河口に位置、ア・コルーニャ県との境界となっている。
  • リア・デ・ビベイロRía de Viveiro) - ビベイロの北、ランドロ川河口。
  • リア・デ・フォスRía de Foz) - フォスの西側マスマ川河口。
  • リア・デ・リバデオRía de Ribadeo) - エオ川河口、ガリシア州とアストゥリアス州の境界となっている。

[編集]

県内を流れる川のうち、最も重要なのはオウレンセ県を経て、ポンテベドラ県とポルトガルの国境を流れ、大西洋にそそぐミーニョ川である。他にはミーニョ川の支流である、シル川があり、その流域の渓谷地帯はリベイラ・サクラとして知られ、その景観によって観光業の重要なポイントとなっており、また、ワインの産地としても知られている。他にはカンタブリア海にそそぐ無数の小規模な河川が存在する。

  • ミーニョ川 - メイラ山地に発し、ポルトガルとの国境を流れ、大西洋にそそぐ。県内を北から南に流れ、ア・コルーニャ県との県境をも形成。
  • シル川 - レオン県のエル・ビエルソ地区に発し、ミーニョ川に合流。その大部分がオウレンセ県との県境を形成。
  • ランドロ川 - シストラル山地に源をもち、リア・デ・ビベイロにそそぐ。
  • オウロ川 - シストラル山地に源をもち、カンタブリア海にそそぐ。
  • マスマ川 - トシーサ山地に発し、リア・デ・フォスにそそいでいる。
  • エオ川 - アンカーレス山地に発し、リア・デ・リバデオにそそいでいる。2007年ユネスコによって生物圏保護区に指定された。
  • ラドラ川 - コマルカ・ダ・テーラ・チャに発し、ミーニョ川に合流。
  • ナルラ川 - コルノ・デ・ボイ山地に発し、ミーニョ川に合流。
  • アンジョ川 - シストラル山地に発し、ミーニョ川に合流。
  • レア川 - モンシーロ山地に発し、ミーニョ川に合流。
  • ネイラ川 - ポルテーロ山地に発し、ミーニョ川に合流。
  • ナビア川 - アンカーレス山地に発し、アストゥリアス州ナビアで、カンタブリア海にそそぐ。
  • カーベ川 - オ・インシオに発し、シル川にそそぐ。
  • ロール川 - コウレル山地に発し、シル川にそそぐ。

人口[編集]

ルーゴ県の人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[3]、1996年 - [4]

行政区画[編集]

主な自治体 (2010年)[編集]

人口の4分の1が県都のルーゴに住む。67のムニシピオ(自治体)があり、県都の次に人口が多いのはモンフォルテ・デ・レモスである。

順位 自治体 人口[4]
1 ルーゴ 97,635
2 モンフォルテ・デ・レモス 19,638
3 ビベイロ 16,211
4 ビラルバ 15,327
5 サリア 13,611
6 フォス 9,990
7 リバデオ 9,988
8 ブレーラ 9,531
9 チャンターダ 8,951
10 ギティリス 5,821

コマルカ(州と市の中間単位)と自治体[編集]

県内は13のコマルカに分けられる。人口は2009年。

コマルカ 構成自治体(太字は中心となる自治体) 人口(人)[4] 面積(km²)
オス・アンカーレス ベセレアーアス・ノガイスバラージャセルバンテスナビア・デ・スアルナペドラフィータ・ド・セブレイロ   6 11,837 1,048.7
チャンターダ カルバジェードチャンターダタボアーダ   3 15,230 462.2
ア・フォンサグラーダ バレイラア・フォンサグラーダネゲイラ・デ・ムニス     3 6,152 679.5
ルーゴ カストロベルデオ・コルゴフリオルグンティンルーゴオウテイロ・デ・レイポルトマリンラバデ   8 119,568 1,362.9
ア・マリーニャ・セントラル アルフォスブレーラフォスロウレンサーモンドニェードオ・バラドウロ   6 30,717 500.9
ア・マリーニャ・オクシデンタル セルボオウロルオ・ビセードビベイロショーベ   5 27,668 494.8
ア・マリーニャ・オリエンタル バレイロスア・ポンテノーバリバデオトラバーダ   4 17,322 399.8
メイラ メイラポルリベイラ・デ・ピキンリオトルト   4 5,748 311.7
キローガ フォルゴーソ・ド・コウレルキローガリバス・デ・シル   3 6,206 578.0
サリア オ・インシオランカラパラデーラオ・パラモサモスサリアトリアカステーラ   7 24,904 836.2
テーラ・チャ アバディンベゴンテカストロ・デ・レイコスペイトギティリスムーラスア・パストリーサビラルバシェルマーデ   9 44,642 1,822.7
テーラ・デ・レモス ボベダモンフォルテ・デ・レモスパントンア・ポブラ・ド・ブロジョンオ・サビニャーオソベール   6 33,351 940.4
ア・ウジョーア アンタス・デ・ウジャモンテローソパラス・デ・レイ   3 10,326 417.9
67 355,195 9,856.0

司法管轄区[編集]

ルーゴ県の司法管轄区

県内は9の司法管轄区に分けられる[5]。太字は中心自治体。

  1. モンドニェード司法管轄区[6] - アバディン、アルフォス、バレイロス、ロウレンサー、モンドニェード、ア・パストリーサ、ア・ポンテノーバ、リバデオ、リオトルト、トラバーダ、オ・バルドウロ
  2. チャンターダ司法管轄区[7] - アンタス・デ・ウジャ、カルバジェード、チャンターダ、モンテローソ、パラス・デ・レイ、ポルトマリン、タボアーダ
  3. ルーゴ司法管轄区[8] - カストロ・デ・レイ、カストロベルデ、オ・コルゴ、フリオル、グンティン、ルーゴ、メイラ、オウテイロ・デ・レイ、ポル、ラバデ
  4. ビラルバ司法管轄区[9] - ベゴンテ、コスペイト、ギティリス、ムーラス、ビラルバ、シェルマーデ
  5. モンフォルテ・デ・レモス司法管轄区[10] - ボベダ、フォルゴーソ・ド・コウレル、モンフォルテ・デ・レモス、パントン、ア・ポブラ・ド・ブロジョン、キローガ、リバス・デ・シル、オ・サビニャーオ、ソベール
  6. ビベイロ司法管轄区[11] - ブレーラ、セルボ、フォス、オウロル、オ・ビセード、ビベイロ、ショーベ
  7. サリア司法管轄区[12] - オ・インシオ、ランカラ、パラデーラ、オ・パラモ、サモス、サリア
  8. ア・フォンサグラーダ司法管轄区[13] - バレイラ、ア・フォンサグラーダ、ナビア・デ・スアルナ、ネゲイラ・デ・ムニス、リベイラ・デ・ピキン
  9. ベセレアー司法管轄区[14] - アス・ノガイス、バラージャ、ベセレアー、セルバンテス、ペドラフィータ・ド・セブレイロ、トリアカステーラ

政治[編集]

県議会[編集]

ルーゴ県議会(Deputación de Lugo)の定数は25、現在の議長はガリシア社会党(PSdeG-PSOE)のホセ・ラモン・ゴメス・ベステイロ、議席の内訳はガリシア社会党:11、ガリシア民族主義ブロック(BNG):2、ガリシア国民党(PPdeG):12である [1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Órganos da Deputación” (ガリシア語). Deputación de Lugo. 2012年2月4日閲覧。
  2. ^ a b c Población, superficie y densidad por CCAA y provincias y población, superficie y densidad.” (スペイン語). INE(スペイン国立統計局). 2011年10月6日閲覧。
  3. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  4. ^ a b c Series de población desde 1996. Cifras oficiales de la Revisión anual del Padrón municipal a 1 de enero de cada año.
  5. ^ Partidos judiciales de la provincia de Lugo” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年10月6日閲覧。
  6. ^ Mondoñedo, partido judicial nº1 de Lugo” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月23日閲覧。
  7. ^ Chantada, partido judicial nº2 de Lugo” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月23日閲覧。
  8. ^ Lugo, partido judicial nº3 de Lugo” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月23日閲覧。
  9. ^ Vilalba, partido judicial nº4 de Lugo” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月23日閲覧。
  10. ^ Monforte de Lemos, partido judicial nº5 de Lugo” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月23日閲覧。
  11. ^ Viveiro, partido judicial nº6 de Lugo” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月23日閲覧。
  12. ^ Sarria, partido judicial nº7 de Lugo” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月23日閲覧。
  13. ^ Fonsagrada (A), partido judicial nº8 de Lugo” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月23日閲覧。
  14. ^ Becerreá, partido judicial nº9 de Lugo” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.14、p.270-280、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5824-3

外部リンク[編集]