ルーク・マクファーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーク・マクファーレン
Luke Macfarlane
ルーク・マクファーレンLuke Macfarlane
"The Jazz Age"のステージ後
本名 Thomas Luke Macfarlane Jr.
生年月日 1980年1月19日(34歳)
出生地 ロンドン (オンタリオ州)
国籍 カナダの旗 カナダ
職業 俳優
活動期間 2003年 -
主な作品
ブラザーズ&シスターズ

ルーク・マクファーレンLuke Macfarlane、本名: Thomas Luke Macfarlane Jr.、1980年1月19日 - )は、カナダ俳優ミュージシャンロンドン (オンタリオ州)出身。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

マクファーレンは、カナダオンタリオ州ロンドンで双子として生まれる。家族は、父:トーマス、母:ペニー、姉:レベッカそして双子の姉:ルース。 ロンドンセントラルセカンダリースクールに姉とともに通う。

キャリア[編集]

ニューヨークのジュリアード音楽院で演劇を学び、2003年に卒業するまでに『ロミオとジュリエット』、『リチャード三世 (シェイクスピア)』、『The School of Night』(『恋の骨折り損』・第三幕)、『Blue Window』、『怒りの葡萄』そして『お気に召すまま』で主演した。

2004年5月にはヴィニヤード・シアターVineyard Theatre)にてアメリカ初上演の『Where Do We Live』に主演、2006年夏にはオフ・ブロードウェイで『The Busy World is Hushed』に出演[1]

テレビ出演では2005年にFX(FX(TV channel))で放送されたテレビドラマ『Over There』でのフランク・"ディム"・ダムフィー二等兵として広く知られるようになる。また、シンシア・ニクソンの相手役としてサンダンス・チャンネル(Sundance Channel)の『Tanner on Tanner』にも出演した。

2006年からアメリカのABC(アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー)で5シーズン放送された『ブラザーズ&シスターズ』でスコッティー・ワンデルとしてケヴィン・ウォーカー(マシュー・リース)の"夫"として出演した。

2007年にはカナダ・中国制作の『アイアン・ロード(Iron Road)』に鉄道王の息子役で出演、中国ロケを行った。2009年2月に英国でDVDが発売された。米国では未放映だが、カナダでは2009年6月にプレミア上映、8月9日と16日にCBCでテレビミニシリーズとして放送された[2]

ロサンゼルスのヘイワース・シアター(Hayworth Theatre)で一晩限りで興行されたセレブリティーによる朗読会の一環としてアグリー・ベティマイケル・ユーリーが監督したハワード・アッシュマン(Howard Ashman)の未上演ミュージカル『Dreamstuff』にイーデン・エスピノーザ(Eden Espinosa)、ヴィッキー・ルイス(Vicki Lewis)、フレッド・ウィラード(Fred Willard)、ディビッド・ブルー(David Blue)らとともに出演した。

2009年2月から3月までBlank Theatreにて『THE JAZZ AGE』に出演、F. スコット フィッツジェラルドを演じており好評を得た[3][4]

2011年11月から12月まで上演された『Sam Bendrix at the Bon Soir』では、歌やチェロ演奏を披露している[5]

音楽[編集]

マクファーレンはLester B. Pearson校で友人とともに作ったバンド『Fellow Nameless』のリードシンガー兼作詞作曲もしていた。スタジオ録音とライブ演奏を収録したアルバムを作製、またレコード会社、Maverick Recordsとの契約の予定もあったが、音楽性の違いからデビューにはいたらなかった[6]。チェロおよびトランペットもたしなむ。

私生活[編集]

2008年4月15日、ゲイであることを公式に発表[7][8]

主な出演作品[編集]

映画、テレビ映画[編集]

公開年 放題/原題 役名 備考
2004 愛についてのキンゼイ・レポートKinsey ブルース・キンゼー
Tanner on Tanner スチュアート・デバージ 日本未公開
2006 Recalled セフトン中尉 IMDbにて視聴可
デス・ルーム / Trapped Ashes ヴィンセント
2007 Supreme Courtships アレン 日本未公開
2008 Iron Road ジェームズ・ニコール 日本未公開
2012 Erection ディーン 日本未公開
2014 The Night Shift リック・リンカーン 未定

テレビ[編集]

放映 邦題/原題 役名 備考
2005 Over There フランク・"ディム"・ダムフィー二等兵 レギュラー 日本未公開
2006-2011 ブラザーズ&シスターズBrothers & Sisters スコッティー・ワンデル シーズン1-2 準レギュラー、シーズン3-5 レギュラー
2012- Beauty and the Beast フィリップ·ベルトラン ゲスト シーズン1エピソード2 (2012) 日本未公開
2011- PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットPerson of Interest アラン・フェイヒー ゲスト シーズン2エピソード17 (2013)
2012-2013 SMASHSmash パトリック・ディロン ゲスト シーズン2エピソード16-17 (2013)
2013 Satisfaction[9] ジェイソン・ハウエル レギュラー[9] 日本未公開

劇場[編集]

公開年 タイトル 役名
2003 Juvenilia ブロンディ・チェイス
2004 Where Do We Live? スティーブン
2006/2007 The Busy World is Hushed トーマス
2009 The Jazz Age F. スコット フィッツジェラルド
2011 The Normal Heart クレイグ・ドナー/グレイディ
Sam Bendrix at the Bon Soir サム・ベンドリックス
2012 The Normal Heart フェリックス・ターナー
Sam Bendrix at the Bon Soir サム・ベンドリックス

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]