ルーク・ストッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーク・ストッカー

Luke Stocker
タンパベイ・バッカニアーズ No. 88

Luke Stocker.jpg
タイトエンド
生年月日:1988年7月17日(25歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンタッキー州バリア
身長:6' 6" =約198.1cm 体重:253 lb =約114.8kg
NFLデビュー
2011年タンパベイ・バッカニアーズ
経歴
大学テネシー大学
NFLドラフト2011年 / 4巡目(全体の104番目)
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
パスキャッチ     28回
レシーブ獲得ヤード     257ヤード
TDレシーブ     1回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ルーク・ストッカー(Luke Stocker 1988年7月17日 - )は、ケンタッキー州バリア出身のアメリカンフットボール選手。NFLタンパベイ・バッカニアーズに所属している。ポジションはタイトエンド

経歴[編集]

テネシー大学では2007年から2010年までの4年間、先発38試合を含む52試合に出場、85回のレシーブで956ヤードを獲得、8TDをあげた。3年次に29回のレシーブで389ヤードを獲得、チーム2位の5TDをあげた。4年次の2010年には39回のレシーブで417ヤードを獲得、2TDをあげた。この年全米最高のタイトエンドに与えられるジョン・マッキー賞のセミファイナリストに残り、シニアボウルにも出場した[1]

2011年のNFLドラフト4巡でタンパベイ・バッカニアーズに指名された。同年7月28日にチームと契約を結んだ。練習初日に臀部を負傷し、数週間回復にかかった。9月18日のミネソタ・バイキングス戦で初キャッチを記録した。

2011年、9月11日の開幕戦を含む9試合に先発するなど、14試合に出場、12レシーブを記録した[2]

2012年も先発TEを務めた[3]。9月23日のダラス・カウボーイズ戦ではキャリア初TDをあげた[1]

2013年9月23日、故障者リスト入りした[4]

人物[編集]

ランブロッカーとして優れている[2][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b BIOGRAPHY”. タンパベイ・バッカニアーズ. 2014年1月25日閲覧。
  2. ^ a b ウィンスロー後継者として注目の2年目TEストッカー”. NFL JAPAN (2012年5月30日). 2012年12月25日閲覧。
  3. ^ チーム別ドラフト戦略分析 -バッカニアーズ-”. NFL JAPAN (2013年4月11日). 2013年4月14日閲覧。
  4. ^ Bucs Activate Former Gator Jeff Demps And Place Luke Stocker On Injured Reserve”. CBS (2013年9月23日). 2013年9月28日閲覧。
  5. ^ 2011年コンバイン注目のTEたち”. NFL JAPAN (2011年2月17日). 2012年12月25日閲覧。

外部リンク[編集]