ルーカス・グローバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーカス・グローバー
Lucas Glover Golf pictogram.svg
Lucas Glover cropped.jpg
基本情報
生年月日 1979年11月12日(35歳)
出身地 アメリカ・サウスカロライナ州
グリーンビル
身長 188cm
体重 88kg
利き手
プロ転向 2001年
成績
優勝回数 米国・3
メジャー:2009年全米オープン
初優勝 2005年ウォルト・ディズニー・
ワールド・リゾート・クラシック
世界ランク最高位 15位
賞金ランク最高位 21位(2006年)
テンプレートを表示

ルーカス・グローバーLucas Glover, 1979年11月12日 - )は、アメリカサウスカロライナ州グリーンビル出身の男子プロゴルファー2009年全米オープンゴルフ優勝者である。2005年10月の「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート・クラシック」でPGAツアー初優勝を挙げた後、4年ぶりのツアー2勝目をメジャー大会の全米オープンで獲得した。身長188cm、体重88kg。最近の日本語メディアでは「ルーカス・グラバー」の表記も増えている。

グローバーは祖父の勧めによりゴルフを始め、サウスカロライナ州にあるクレムゾン大学の学生ゴルフ選手として活動した後、2001年からプロゴルファーになった。2002年6月、彼はニューヨークにある「べスページ・ステート・パーク」内にある「ブラック・コース」(略して「べスページ・ブラック」と呼ばれるゴルフコース、パー70)に予選会から出場し、この時は予選落ちに終わった。この年からPGAツアーの下部に位置する「ネーションワイド・ツアー」を回り始め、2003年にネーションワイド・ツアーの賞金ランキング17位に入ったことにより、2004年に初めてPGAツアーのメンバーとなる。しかし、2004年のPGAツアー賞金ランキングで134位にとどまり、次年度のシード権を確保できる125位以内に入れなかったことから、年末の「クオリファイイング・トーナメント」(シード権確保のための資格試験)を受験したこともあった。2005年10月、グローバーは「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート・クラシック」でツアー初優勝を果たす。この優勝で賞金ランキング28位に食い込んだ彼は、年間賞金ランキング30位以内の選手のみが出場できるツアー最終戦「PGAツアー選手権」にも初めて出場資格を得た。

2006年以後のグローバーはPGAツアーで安定した実力を発揮できるようになったが、優勝にはなかなか手が届かなかった。2007年には「プレジデンツカップ」のアメリカ代表に初選出され、チーム戦に初出場する。2009年の全米オープンで、グローバーは予選会から出場した。会場は7年前の初挑戦と全く同じ「べスページ・ブラック」のコースだった。この大会は初日から雨天による中断と日程順延の連続で、最終ラウンドの終了が月曜日までもつれこんだ。グローバーは第2ラウンドを64(6アンダー)で回り、ここで一気に主導権を握る。最終日はなかなかバーディーを奪えずに苦しんだが、彼の最終スコアは 4 アンダーパー(-4, 69+64+70+73=276)となり、2位タイの3人(フィル・ミケルソンデビッド・デュバル、リッキー・バーンズ)に2打差をつけて優勝した。こうして、ルーカス・グローバーは4年ぶりのツアー2勝目をメジャー大会の全米オープンで決めた。その後、彼は同年8月の全米プロゴルフ選手権で単独5位に入賞し、10月のプレジデンツカップでも2回連続2度目のアメリカ代表選手を務めた。

ツアー優勝歴[編集]

PGAツアー[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]