ルーアン=リヴ=ドロワ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーアン=リヴ=ドロワ
Rouen-Rive-Droite
駅舎正面
駅舎正面
所在地
フランスの旗フランス
都市 ルーアン
地区 Gare - Jouvenet
住所 Place Bernard-Tissot
管理・営業
所属事業者 フランス鉄道線路事業公社(RFF)
フランス国鉄(SNCF)
営業事業者 SNCF
列車種別 TGV
コライユ・アンテルシテ(Corail Intercités)
TERオート=ノルマンディー
TERバス=ノルマンディー
TERピカルディ
TERノール=パ・ド・カレー
特徴
乗入路線 パリ - ル・アーブル線
アミアン - ルーアン線
ルーアン - ディエップ線
線路数 8
ホーム数 4
高さ 40 m
年間利用者数 600万人 (2008年)
歴史
開業 1847年
建築家 アドルフ・デルボー(Adolphe Dervaux)
歴史記念物登録 登録
接続
メトロ テクノポール線
ジョルジュ・ブラック線
バス 481113系統、Noctambus(夜行バス)

座標: 北緯49度26分56秒 東経1度05分38秒 / 北緯49.4488696度 東経1.0940248度 / 49.4488696; 1.0940248 (ルーアン=リヴ=ドロワ)

ルーアン=リヴ=ドロワ駅(フランス語: Gare de Rouen-Rive-Droite) (訳:ルーアン=セーヌ川右岸の駅)はフランス国内のフランス国鉄(SNCF)路線網の一主要であり、この地方における中心的な駅の一つである。ルーアンの大通りの一つであるジャンヌ・ダルク通りの上手に位置する。幹線鉄道網とTER網の一部となっている。

歴史[編集]

かつての路面電車とヴェルト通り駅(1907年)
アール・ヌーヴォー形式の現駅舎正面

ルーアンの駅の歴史はパリ・ルーアン間の鉄道が開業した1841年に始まる。最初の駅はセーヌ川左岸に面するサン=スヴェール地区の船着き場に建設された。一番列車は1843年5月9日ルーアン・サン=スヴェール駅に到着した。この列車は8時にパリを出発し、12時56分にルーアンに到着した。公式の列車は15分遅くパリを出発した。到着場所において、ルーアン大司教枢機卿により路線に対する祝福が行われた。

1847年、右岸の現在の駅と同じ場所にヴェルト通り駅が開業した。ヴェルト通りの下に位置し、斜路を通ってアクセスしなければならず、また、2つのトンネルの間の200mしか離れていない空間に、ホームと2線の線路があるのみであった。この駅は能力とアクセスが不十分だったため、その建て替えについての公益宣言1900年12月7日に出された。その後、駅は西部鉄道が国から買い戻した。1916年ベルギーの詩人、エミール・ヴェルハーレンはこの駅で死亡した。

1912年から、2本のトンネルの間の空間を拡げるための駅の拡張工事が始まった。工事の全期間に亘って、鉄道交通は維持された。建築家アドルフ・デルボーにより行われ、コンシデレ(Considère)、ペルナル(Pelnard)、カコー(Caquot)の研究オフィスによって研究された鉄筋コンクリートの構造が用いられた工事は、1924年までの12年間続いた。

アール・ヌーヴォー様式の新しい駅はガストン・ドゥメルグ共和国大統領の臨席に下、1928年7月4日に落成した。当初、西鉄道の駅若しくはヴェルト通り駅と呼ばれていた駅は、今日、リヴ=ドロワ駅と呼ばれている。高さ37mの時計塔があ。

1994年12月17日、地下鉄の開業と同時に乗換駅となった。

利用者数の変化[編集]

ルーアン=リブ=ドロワ駅の年間利用者数
  • 2000年 = 4,500万人(フランス国内24位)
  • 2004年 = 5,000万人(24位)
  • 2005年 = 5,200万人(24位)
  • 2008年 = 6,000万人(23位)

利用可能な鉄道路線[編集]

TGV[編集]

コライユ・アンテルシテ(Corail InterCités)[編集]

TER[編集]

駅のホームは2つのトンネルの間の低層部に位置している。エスカレーターがホームから駅本屋へ登る旅客を補助する。

ルーアンにあるその他の駅[編集]

かつて、ルーアンには様々な鉄道会社が所有するいくつもの駅があった。

これらの駅のうち幾つかは、以下の20世紀初めのポストカードで見る事が出来る。

接続[編集]

ヴェルト通り駅

1994年ルーアンメトロ(LRT。都心部が地下線であるため公式にメトロと呼称される)の開業と共に乗換駅が建設された。地下駅である。メトロ2路線の他、複数のバス路線が発着する。駅は多くの芸術作品で装飾されている。

  • メトロ
    • テクノポール線
    • ジョルジュ・ブラック線
  • バス

481113Noctambus

参考文献[編集]

  • L'Architecture, numéro 1, 15 janvier 1930
  • Michel Croguennec, Le Chemin de fer dans l'agglomération rouennaise de 1843 à aujourd'hui, numéro 17, (histoire(s) d'agglo). - Agglomération de Rouen, 2001 (ISBN 2-913914-27-6)
  • Patrice Macqueron et Pierre Nouaud, Rouennais des deux rives, 2006

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • La gare de Rouen-Rive-Droite - フランス国鉄(SNCF)の運営するウェブサイトGares en mouvementにおける当駅のページ