ルンド中央駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルンド中央駅
駅外観
駅外観
Lunds
所在地 スウェーデンの旗 スウェーデン ルンド北緯55度42分19秒 東経13度11分14秒 / 北緯55.70528度 東経13.18722度 / 55.70528; 13.18722
駅構造 地上駅
ホーム 6線
乗降人員
-統計年度-
25,000人/日
開業年月日 1858年

ルンド中央駅(スウェーデン語: Lunds centralstation)はスウェーデンルンド中心部にある鉄道駅。駅はバーントリエット(Bantorget)やグランドホテルの北西側100mの場所に位置している。

駅舎は1850年代に南幹線(Södra stambanan)の開通により開業した。1872年から1875年にかけてと、1923年から1926年にかけてそれぞれ駅は拡張されている。現在、高速列車X2000によってヨーテボリ首都ストックホルムマルメエーレスンド橋を経由しデンマークの首都コペンハーゲンまで結ばれている。また、ストックホルムまで夜行列車の運行もある。Pågatågenと呼ばれるスコーネ県エリアの郊外鉄道も運行されており、マルメやヘルシンボリなどを結ぶ。

ルンド中央駅は1日当たり25,000人の旅客を扱うスウェーデン国内でも繁忙な駅の一つである。2008年12月から2009年9月に1億スウェーデン・クローナかけてプラットホームの改修や新しいエレベーターエスカレーターの設置、その他大規模な改修が行われ駅は一新された。

Northern-Europe-map-extended.png この「ルンド中央駅」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ