ルワンダにおけるLGBTの権利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルワンダにおけるLGBTの権利
ルワンダ
同性間の性交渉 合法
性自認/性表現 不明
同性間の関係性の承認 容認せず
同性カップルによる
養子縁組の引受
不明
同性愛者を公表しての軍隊勤務 不明
差別保護 無し

本稿、ルワンダにおけるLGBTの権利では、ルワンダにおけるLGBTの法的状況について扱う。

概要[編集]

ルワンダにおいては、同性愛に関する特別な法的規制が存在しないため、2009年現在のところ同性愛は合法である[1]。同国において結婚が法的に可能となる年齢は18歳であるが、性的指向ジェンダーに関する法的な規定は存在しない[1][2]

法的議論[編集]

2009年12月16日、ルワンダ政府は同性愛を犯罪とし、5-10年間の懲役刑とする法案の制定について議論を行った[3]。この法案は、隣国のウガンダで物議を醸している反同性愛法案en:Uganda Anti-Homosexuality Bill)と類似した法案であり、同性愛を犯罪とし、特に未成年者や身体障害者と関係を持った場合、違反者がHIV陽性であった場合、同性愛による再犯の場合には死刑を適用とするものである[4]。なお、ウガンダの同法案では上記内容に加え、家族や知人が同性愛者と知りながら通報しなかった場合、通報しなかった者も逮捕の対象となっているが、ルワンダの法案には同様の条項は含まれていない。

このルワンダにおける同性愛の規制法案が提出された後、同国の法務大臣は"政府は、同性愛者ならば誰でも犯罪として取り締まる、ということは意図していない(the government has no intentions whatsoever to criminalize homosexuality)"と述べた[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]