ルロイ・ロバートソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルロイ・ロバートソン(Leroy Robertson、1896年12月21日 - 1971年7月25日)は、アメリカ合衆国作曲家

ユタ州ファウンテングリーン出身。ニューイングランド音楽院ヴァイオリン作曲ジョージ・ホワイトフィールド・チャドウィックエルネスト・ブロッホに学び、さらにヨーロッパに留学してフーゴー・ライヒテントリットに師事した。その後、ユタ大学で修士号を、南カリフォルニア大学で博士号を取得した。1925年から1948年までブリガムヤング大学で、1948年から1962年までユタ大学で音楽学部長を務めた。またユタ交響楽団の発展にも尽力した。代表曲に『モルモン書によるオラトリオ』がある。

作品[編集]

  • ピアノ五重奏曲(1938)
  • プレリュード、スケルツォとリチェルカーレ(1940)
  • 弦楽四重奏曲(1940)
  • ラプソディ〜ピアノとオーケストラのための(1944)
  • アメリカン・セレナーデ〜弦楽四重奏のための(1944)
  • 序曲『パンチ・アンド・ジュディ』(1945)
  • ヴァイオリン協奏曲(1948)
  • モルモン書によるオラトリオ(1953)
  • ピアノ協奏曲(1966)
  • チェロ協奏曲
  • 幻想曲〜オルガンのための
  • パッサカリア