ルミナスオレンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルミナスオレンジ
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロック
シューゲイザー
ドリーム・ポップ
ポストロック
活動期間 1992年 -
レーベル Cream Cone Records
K.O.G.A. Records
trattoria(ポリスター)
tone vendor
navigation
公式サイト Luminous Orange Web
メンバー
竹内里恵(ボーカル)(ギター)
旧メンバー
二澤太郎 (ベース)坂本和子 (ベース
岡崎美恵子(ドラムス
番場要 (ドラムス

ルミナスオレンジLuminous Orange)は、日本のオルタナティヴ・ロックバンド

概要[編集]

ペイル・セインツPale Saints)にインスパイアされ、1992年横浜にて曲を書き溜めた竹内里恵がメンバーを募り、女性4ピースバンドとして結成。 何度かメンバーチェンジを経た後、2002年以降は竹内里恵のソロプロジェクトとなる。結成以来、基本的に竹内が全ての楽曲の作編曲、歌詞を手がける(歌詞は数曲共作あり)。サポートミュージシャンを迎え録音やライブを行っている。1996年の1stアルバムリリース以来、5枚のアルバム、1枚のミニアルバム、1枚の7インチレコードをインディーズレーベルから発売している他、ビクターから2000年発売された「VU ヴェルヴェット・アンダーグラウンドトリビュート」、trattoria(ポリスター)より1枚のマキシシングルと、同レーベルのコンピレーションCD「Prego!99」, 「Prego!2001」, 「Anchor」に参加している。

ロックに通常使用される、3コードと呼ばれる進行から逸脱した不協和音や、複合拍子、変則的な小節構成などを多用した楽曲が特徴である。シューゲイザー(shoegazer)のくくりに入れられる事があるが[1][2]プログレ的、エモ的、また基本的にはギターバンドであるが打ち込みを併用する楽曲も多いことからエレクトロニカ的と評される事もある。バンドブーム後〜1995年頃の国内インディーズバンドが苦戦していた時期は、欧米のファンジンへの記事掲載、ラジオ局での放送等、海外のメディアによる紹介の方が多かった。[3]。京都のレコード店の店内にてかかっていたルミナスオレンジの楽曲が偶然コーネリアス小山田圭吾の耳に止まり、トラットリアでのマキシリリース、数枚のコンピレーションへの参加に至った経緯がある。2002年発表のDrop You Vivid Coloursからは再びインディーズレーベルから作品を発表している。 NYで毎年行われる音楽イベント、CMJ Music Marathonショーケースアーティストに、2001年と2004に選出される(2001年は911テロでキャンセル)。また毎年テキサスで行われる世界3大音楽カンファレンスの1つ、SXSW2006、2007に選出されて出演し、NY Times, Austin Statesman等に記事が掲載された。また台湾で毎年行われる音楽フェスティバルFormoz Festivalにも2007年参加している。

メンバー[編集]

  • 竹内里恵(g, vo, key, programming, 作詞、作曲、編曲)

現在のサポートメンバー[編集]

  • 柳川勝哉(g)
  • 西浦謙助(dr)
  • はやしいと(cho)
  • 川上宏子(cho)
  • 河瀬英樹(b)

これまで参加したサポート・ゲストミュージシャン[編集]

河野岳人(b)

舘山裕之(dr) - emile, swarm's arm, taynton

藤井真生(g) - Ca-p, 魔太郎定食, Dub Driver

フジイジュンイチ(Bass) - mash

nijiiro flower (cho) - シンガーソングライター

張江浩司 (Dr) - マヒルノ

増田幸治(Dr) - crawl

小川雅子(Dr)

北村弘(Dr)

Ian Masters(key,B,cho,saw) - ex-Pale Saints

遠藤健(key, B,cho)

詫摩美和(Cho)

藤澤勉(Dr)

辻野洋史(Dr)

箱崎美奈子(G) シンガーソングライター

アヒト・イナザワ(Dr) - VOLA & THE ORIENTAL MACHINE, ナンバーガール, ZAZEN BOYS, BEYONDS

平井直樹(Dr) - oak, BOOM BOOM SATELLITES

はやし いと(cho) - シンガーソングライター

鈴木正和(G) - mash

小林愛(G,cho) - toddle, swarm's arm

石下泉(G)-human station

石田千加子(cho) - CONDOR44

吉兼聡(G) - ZAZEN BOYS

中尾憲太郎(B) - SLOTH LOVE CHUNKS, SPIRALCHORD, Loves

渡辺成徳(Dr) - mash

江崎典利(B) - toddle, ex-RUMTAG

小林哉(B) - B.P., スペースカンフーマン

ディスコグラフィー[編集]

  • VIVID SHORT TRIP (1996年)

ファーストアルバム。Cream Cone Recordsより発売された。この頃インディーズ界がギターポップパワー・ポップ全盛期だった事もあり、複雑な楽曲は異色であった。現在は廃盤。

  • Waiting for the Summer(1997年)

K.O.G.A. Recordsから発売されたセカンドアルバム。トリッキーな構成やコード進行は一貫しているが、ピアノ、バイオリン、バグパイプ等のアコースティック楽器も使用し、歪みギターは控えめである。当時正式メンバーだった竹内里恵、番場要(d)、坂本和子(b)にゲストミュージシャンを加えた形で制作されたが、このアルバム発表と前後して番場と坂本が脱退した。

  • Puppy Dog Mail EP(1998年)

Pale Saintsのイアン・マスターズ主催、Friendly Science Enregistermentsのレーベル第4弾7インチとして英国で発売された。コーネリアスの小山田圭吾が京都の輸入レコード店Jet Setで耳にしたのはこのレコードである。ボサノヴァテイストとギターロックが同居し、打ち込み主体の楽曲が収録されている。

  • Sugarcoated(1998年)

Major Records(インパートメント)から発売されたサードアルバム。二澤太郎がベースとして加入し、ドラムは藤澤勉、北村弘、辻野洋史の3人がサポートとして担当した。複雑な楽曲は変わらないながら、ギターの歪みやフィードバックノイズを駆使したギターロック寄りな作品になっている。アルバムタイトルには、難解と言われ続けてきた楽曲を甘いメロディやウィスパーボイスでコーティングし、さらりと聴かせてしまおうという意図が含まれている。

  • luminousorangesuperplastic(1999年)

7曲入りミニアルバム。Cream Cone Recordsから発売された。前作の方向性を維持しながら、より荒々しさとスピード感のある楽曲が収録され、高い周波数帯をブーストしたMix手法が採用されている(低音は控えめである)。またHis Name Is AliveWarren DefeverによるPuppy Dog Mailのリミックスも収録されている。カバージャケットに当時Number Girl向井秀徳と、All Natural Lemon and Lime FlavorsのMercのコメントシールが添付されている。

  • luminousorangesugarplastic(2000年)

コーネリアスが当時主催していたtrattoria(ポリスター)(2001年解散)からリリースされた4曲入りマキシシングル。竹内、ニ澤に加え、ドラマーとしてアヒト・イナザワ平井直樹(Boom Boom Satellites他)が参加、エンジニアとして斉藤匡崇神田朋樹が参加している。初回プレスはデジパック仕様、以降はプラスティックケース仕様である。メジャーからのリリースで音が良くなり高低音域のバランス、迫力も増したが、2009年現在廃盤。

  • Drop You Vivid Colours(2002年)

4thフルアルバム。Tone Vendor(インパートメント)よりリリースされた(アメリカのシューゲイザー系レーベル、Tonevendorとは別のレーベル)。このレコーディング中に911テロが起き予定していたNYツアーが中止になったり、Trattoriaが解散したり、音源完成後もリリース先が見つからず発売まで月日を要する等、様々なトラブルに見舞われた。二澤がこのアルバムを最後に脱退。この年解散を発表したNumber Girlアヒト・イナザワ中尾憲太郎が参加した。全曲斉藤匡崇によるエンジニアリングも、多彩な収録曲や参加ミュージシャンによる演奏に統一感を与える事に寄与している。

  • Vivid Short Trip 7 stops farther (1stアルバム リイシュー)(2004年)

ファーストアルバムに収録されていた楽曲に、当時様々なコンピレーションにバラバラに収録されていた7曲を追加し、リマスタリングしてCream Cone Recordsより発売された。

  • Sakura Swirl (US)(2007年)

NYのレーベル、Music Relatedより発売された5thアルバム。竹内がmixまでを担当した打ち込みのエレクトロニカ的要素を含む楽曲と、バンド演奏による楽曲がほぼ半々で収録されている。バンド演奏の楽曲には前作にも参加したアヒト・イナザワ舘山裕之に加え、江崎典利(toddle)、藤井真生(ca-p)が参加。また竹内が作曲、イアン・マスターズ(Ian Masters)が作詞を担当した「Silver Kiss」では、イアンがボーカル、コーラス、Music Saw, カオスパッドを担当している。

  • Sakura Swirl (JP)(2008年)

前年にリリースされたアメリカ盤に2曲ボーナストラックを追加した日本リマスター盤。古巣Cream Coneとサポートギタリストの藤井真生のレーベルG.A.C.の共同レーベルNavigationより発売された。

  • Best of Luminous Orange (2009年)

残響レコードより発売された自選15曲を収録したベストアルバム。WalkblindとHoney Eyesは竹内に加え、河野岳人(b, ex.マヒルノ、柳川勝哉(g, Caucus)、西浦謙助(相対性理論 (バンド))をサポートに迎えた2009年新規録音。

  • Songs of Innocence (2010年)

残響レコードより発売された6thアルバム。

脚注[編集]

  1. ^ 日本のシューゲイザー・シーン特集CDJournal 2007年9月13日
  2. ^ 日本のシューゲイザーが一堂に会した未発表曲集 ナタリー 2008年10月3日
  3. ^ 出典:公式HP,Le Tatou Colerique, Dewdrops他

出典・外部リンク[編集]