ルベルM1886小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルベルM1886ライフルから転送)
移動: 案内検索
ルベルM1886
Model 1886 Lebel rifle.jpg
ルベルM1886
ルベルM1886
種類 軍用小銃
製造国 フランスの旗 フランス
設計・製造 1886年
年代 1887年~1920年
仕様
口径 8mm
銃身長 508mm
ライフリング 4条/右転
使用弾薬 8mm×50R弾
装弾数 8発
作動方式 ボルトアクション
全長 1300mm
重量 4410g
銃口初速 610~700m/秒
有効射程 3200~4100 m
歴史
設計年 1886年
製造期間 1887年~1920年
配備期間 1887年~1920年
配備先 フランス軍
スペイン軍
ベルギー軍
ポーランド軍
ギリシャ軍
ロシア帝国
関連戦争・紛争 義和団の乱
第一次世界大戦
ポーランド・ソビエト戦争
スペイン内戦
アルジェリア戦争
製造数 288万挺
テンプレートを表示

ルベルM1886小銃(Lebel Model 1886 rifle)とは1886年1月23日に制式化され1887年から1940年まで使用されたフランスの軍用ライフル銃である。

概要[編集]

世界で初めてB火薬と呼ばれる無煙火薬の使用を前提とした8mm×50R ルベル弾を新規開発してこれを使用する銃として開発された。 この銃が与えた影響は大きく、すぐに世界中で同様の無煙火薬を使用する銃が開発されることになり、黒色火薬を使用する銃を一気に旧式化させた。

前身であったグラース銃(M1874)が単発銃であったのに対して、ルベルM1886小銃は当初銃身と平行して8発の弾薬を装塡できる管状弾倉(チューブ型弾倉)を装備した。この方式の弾倉は数多くの弾薬を装塡できる反面、弾頭が前の実包銃用雷管を突いて弾倉内で誘爆する事故を防ぐ為に、弾頭の先端を丸くするか、平たくする必要があった。しかし、無煙火薬の発射エネルギーは弾頭の速度を超音速に到達させるものであり、先端が丸や平頭の弾頭は空気抵抗の影響を受けやすく、弾丸の直進性が損なわれ、命中精度が低下する事となった。

同時期にルベルM1886小銃を参考に開発された二十二年式村田連発銃も同じ轍を踏み、程なくして有坂銃系列の三十年式歩兵銃に置き換えられて極めて短期間の内に姿を消していったのに対して、ルベルM1886小銃は8mm×50R ルベル弾の弾頭を尖頭型(ボートテイル型)に変更したBalle D弾に変更して命中精度を確保する事になった。このBalle D弾は雷管がやや深めに埋め込まれ、雷管と薬莢底部の間には二重の保護カバーが取り付けられた、手間が掛かったものであった。(逆に言えば、今日市販されている尖頭弾頭の8mm×50R ルベル弾はこのような安全対策が施されていない為、同銃に複数発装填する事は推奨されない。)

このような対策を施した結果、ルベルM1886小銃の命中精度は改善され、箱形弾倉に改良された後継のベルティエ小銃が登場した後の第一次世界大戦でもフランス軍の主力小銃で在り続け、遅くは1930年代まで使用される事となったのである。

ルベルM1886が登場する作品[編集]

映画「ハムナプトラ/失われた砂漠の都
フランス外人部隊が使用
映画「レジョネア 戦場の狼たち
フランス外人部隊の兵士たちが使用。
映画「パピヨン

関連項目[編集]