ルブリン・ゲットー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1940年12月、ルブリンのユダヤ人居住区
1941年5月、ルブリン・ゲットーを歩くドイツ兵たち

ルブリン・ゲットー:Getto lubelskie)は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツポーランド総督府領の都市ルブリンに設置したゲットーユダヤ人隔離居住区)。

歴史[編集]

ドイツ軍によるポーランド侵攻後、1939年9月18日にドイツ軍はルブリンを占領した。1940年1月25日にドイツ当局の命令によりルブリンにユダヤ人評議会が創設された。ルブリンのユダヤ人人口は1941年まで増え続け、余所からの避難民6,300人を含めて45,000人ほどになった[1]。しかし1941年3月から4月にかけてルブリン知事ツェルナーは1万5000人ほどのユダヤ人を市内から追放した[2]

1941年4月にルブリン市の旧市街北側のポドザムチェ地区にあったユダヤ人居住区が封鎖されてゲットーとなり、ルブリン市の他の区域で暮らしていたユダヤ人達は次々とここへ移住させられた。ゲットーのユダヤ人人口は34,000人になった[3][4][1]。ルブリン・ゲットーは周囲を有刺鉄線に囲まれていた[5]

1942年3月16日、ルブリン・ゲットーのユダヤ人評議会議長ベッカーにドイツ当局よりゲットー住民移送命令が下った。3月17日から4月14日にかけてドイツ保安警察とユダヤ人評議会指揮下のゲットー警察によってルブリン・ゲットーのユダヤ人達の移送が行われた。これにより3万人の住民が移送されることとなった。うち1万5000人はベウジェツ絶滅収容所へ移送され、もう1万5000人はマイダネク強制収容所トラウニキ強制労働収容所へと移送されている[6]。この移送はルブリン地区親衛隊及び警察指導者オディロ・グロボクニクが「ラインハルト作戦」の一環として行ったものであった[7]

この移送によってルブリン・ゲットーは小ゲットーとなった。少数の技術者のユダヤ人だけがルブリンに残された。だが彼らも1943年5月にはマイダネク強制収容所送りとなり、ゲットーは完全に消滅した[1]

注釈[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c ユダヤ・バーチャル・ライブラリー『The Virtual Jewish History Tour Lublin』[1]
  2. ^ ラウル・ヒルバーグ著『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅 上巻』(柏書房)161ページ
  3. ^ ラウル・ヒルバーグ著『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅 上巻』(柏書房)170ページ
  4. ^ 栗原優著『ナチズムとユダヤ人絶滅政策 ホロコーストの起源と実態』(ミネルヴァ書房)70ページ
  5. ^ ラウル・ヒルバーグ著『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅 上巻』(柏書房)174ページ
  6. ^ 栗原優著『ナチズムとユダヤ人絶滅政策 ホロコーストの起源と実態』(ミネルヴァ書房)192ページ
  7. ^ 栗原優著『ナチズムとユダヤ人絶滅政策 ホロコーストの起源と実態』(ミネルヴァ書房)190ページ