ルフトハンザ・イタリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルフトハンザ・イタリア航空
Lufthansa Italia S.p.A
IATA
LH
ICAO
DLH
コールサイン
LUFTHANSA
設立日 2008年
ハブ空港 ミラノ・マルペンサ国際空港
マイレージサービス Miles & More
会員ラウンジ Senator Lounge
同盟 スターアライアンス
保有機材数 8機
就航地 12都市
親会社 Deutsche Lufthansa AG
本拠地 イタリアの旗 イタリア ロンバルディア州ミラノ
LufthansaItalia A319 D-AKNH MXP 2010-04-06.jpg

ルフトハンザ・イタリア(Lufthansa Italia S.p.A)はドイツ航空会社ルフトハンザドイツ航空 が設立したイタリアで事業認可を受けミラノを拠点とするルフトハンザグループの航空会社である。 運航は2009年2月2日よりミラノからバルセロナパリそれぞれの路線で6機体制で開始した[1]。現在はエアバスA320が自社8機とBMIからウェット・リースの1機、自社のエアバスA3191機の10機体制で運航されている。

沿革[編集]

ルフトハンザは2008年4月28日に6機のエンブラエル195によってミラノ・マルペンサ国際空港を拠点にヨーロッパ域内での運航計画を発表したが、その時はルフトハンザのイタリアでの地域航空会社であるエア・ドロミティが運航することで計画されていた[2]。ルフトハンザはミラノの空港運営者であるSEAと了解覚書を締結し、2008年9月11日にエア・ドロミティによって運航される最初の8つの就航地を明らかにした。この時、より大きな機材であるエアバスA319の使用が計画された。ルフトハンザはミラノで150の新たな職を創出させるつもりであると発表している。2008年9月14日に新しい便の最初の予約が可能となった。しかしながら、当初予定していたエア・ドロミティによる運航の代わりにルフトハンザ・イタリアを設立し運航を開始すると発表した[3][4]

マルペンサ国際空港に駐機中のルフトハンザ・イタリアのA319
機内

2011年5月23日、ルフトハンザ航空は当社による運航を同年10月29日限りで終了し、以後の運航はルフトハンザドイツ航空とエア・ドロミティが継承すると発表した。[1]

就航都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ルフトハンザ イタリア lufthansa.com
  2. ^ Lufthansa press release: "Lufthansa boosts services from Milan"[リンク切れ]
  3. ^ Lufthansa press release: "Lufthansa launches new Lufthansa Italia brand"[リンク切れ]
  4. ^ Espinoza, Javier. "Lufthansa's Italian Adventure." Forbes. 26 November 2008.

外部リンク[編集]