ルノー UE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルノー UE
Renault-UE-Saumur.00048b3a.jpg
ソミュール戦車博物館に現存するルノーUE2
基礎データ
全長 2.80 m
全幅 1.74 m
全高 1.25 m
重量 2.64 t
乗員数 2 名
装甲・武装
装甲 9 mm(最大)
主武装 なし
副武装 なし
機動力
速度 30 km/h
エンジン ルノー製 4気筒
38 hp
懸架・駆動 装軌式、リーフスプリング
行動距離 100 km
テンプレートを表示

ルノー UEフランスルノー社が1930年代に開発、第二次世界大戦中に使用された装軌式の軍用小型装甲トラクターである。UEはルノー社による開発コードで、1932年に量産を開始、1937年に登場した改良型UE2を合わせ、1940年にかけて約5000両が生産された。フランス軍のほか、鹵獲したドイツ軍でも多用され、ルーマニアではライセンス生産も行われた。

開発[編集]

ルノー UEは、1920年代からフランス軍が進めてきた歩兵科の機械化構想に則り、その補給用の車輌として生み出された。手本となったのはイギリスカーデン・ロイド豆戦車で、1931年、試作車6両が製作された。同時期にシトロエン、ブラント(ラティル)の2社でも同様の車輌が競作されたが、ルノーのものが選ばれ、「Chenillette de revitaillemont d'Infantrie modèle 1931 R(歩兵補給用小型装甲装軌車、ルノー製1931年型)」として制式採用された。

ルノー UEはカーデン・ロイド豆戦車の発展型と言える車輌だが、偵察任務用のマシンガン・キャリアとしての用途も考えられていたカーデン・ロイドと違い武装はなく、物資の運搬や小口径砲の牽引専門に作られていた。一方で、一部の型を除いてオープン・トップだったカーデン・ロイド豆戦車に対し、UEは上面も装甲されていた。エンジンは車体中央にあり、2名の乗員席はその左右にあった。車体上面は座った乗員の首の高さまでしかなく、外形上UEの最も目立つ特徴である、乗降ハッチに付けられた半球形のドームが乗員の頭部を保護していた。

車体後部には荷台があり、これは車内からの操作で後扉を開放するとともに後方に傾けることができ、乗員が外に身を晒さなくても物資を届けることができた。さらにオリジナルのカーデン・ロイド用のものとほぼ同じ、ルノー UKと呼ばれる専用の装軌式トレーラーが用意されていた。このトレーラーは、良路上では履帯を外して牽引することも可能だった。さらに長距離の移動用には、UE自体を搭載するトレーラーがあり、大型のトラック等で牽引できるようになっていた。

ルノーは第一次発注の60両を1932年10月までに引渡し、さらに追加注文を受けた。組立を行っていた同社のイシ・レ・ムリノー工場は1936年に国営化されAMXとなったが、同工場において、1937年までに約2200両が生産された。さらにフーガ、ベルリエ(en:Berliet)の2社も生産に加わり、それぞれ約300両、約100両を生産した[1]

UE2の登場[編集]

パリ、陸軍博物館のルノーUE。短いフェンダー、豚の尾形フックからUEであることが判る。
ブリュッセル、陸軍博物館の展示車輌。後方に延長されたフェンダー、ピントル(基部のみ)、管制型前照灯など、主にUE2になって導入された外形的特徴が確認できる。[2]

1935年、さらなる軍の近代化・機械化が進められることとなり、その一環として、ルノーUEの後継車輌開発が決定した。これに応えたのはルノー、ロレーヌ(en:Lorraine-Dietrich)、オチキス、フーガ、ベルリエの5社であった。

ロレーヌ社の試作車輌は、同時期に開発が進められていた中型の装甲牽引車、後のロレーヌ 37Lの小型版で、37Lでは片側3組のボギーが2組だった。オチキス、ベルリエの試作車はもっとUEに似通ったデザインで、しかしサスペンションはコイルスプリングのシザー式となっていた。フーガ製の試作車もUEに似たデザインだが、こちらはリーフスプリングのボギー式だった。これらの試作車は、1937年から1939年にかけて完成しテストされた[3]

一方でルノー社案のUE2は、既存のUEに小改良を施しただけのものだった。最大の違いは、UEで減速機付き・前進3速だったギアボックスを減速機無し・前進4速のものに変更したことで、これと合わせ、車体前部の牽引具も豚の尾形フックからピントル式に変更されていた。UEの後期型からの特徴、延長されたフェンダーや管制型前照灯も引き継がれた。

いずれにせよ、UEの後継と言うにはあまりに代わり映えのしない車輌ではあったが、それだけに他社の競作に比べ完成は早く、しかも生産ラインの変更が必要ないためにそのまま量産が可能というルノーの主張が容れられ、UE2は「Chenillette de revitaillemont d'Infantrie modèle 1937 R(歩兵補給用小型装甲装軌車、ルノー製1937年型)」として採用された。UE2はAMXで1080両以上、フーガで260両以上、ベルリエで210両以上が量産されている[4]

結局、1940年のナチス・ドイツのフランス侵攻までに、UE、UE2合わせ、約5000両が生産された。これらは、主にオチキス 25mm対戦車砲の牽引、物資の運搬に使用された。フランス戦後にUE/UE2を大量に鹵獲使用したドイツ軍では、以下のように評価している[5]

  • 手頃で不整地でも扱い易く、装甲は薄く小銃弾や弾片を防御する程度しかないが、小型であるために標的になりにくい。そのため短距離の偵察、より最前線への物資や小口径砲の移送に向く。
  • 一方、エンジンは低馬力でギア比の選択も悪いため過熱しやすく、低速で燃費も悪い(そのため長距離の偵察行には向かない)。サスペンションが硬くスプリング、履帯の破損を招きやすい。乗員席が狭く居住性に難あり。

豆戦車型UE[編集]

騎兵部隊用の偵察車輌として、1932年、1両のルノーUE(シリアルNo 77 962)が機銃付きの「全地形用軽機銃車(Automitrailleuse légère de contact tout terrain)」に改造された。これは車体右側の車長席に箱型の装甲を増設、前面に機銃用ボールマウントを設けたものであった。これは結局採用にはならず、より大型のルノーVM(後のAMR 33)が作られることとなった。

1936年、中国より少数の機銃搭載型UEの発注があり、同様のAMX製固定戦闘室を搭載した「中国型」UE2が作られ送られた。これらは中国に向け送り出されたものの、日本の圧力により結局中国軍の手には渡らず、仏領コーチシナの植民地軍によって使用された[6]

フランス以外の使用国[編集]

ドイツ[編集]

フランス戦の結果、ドイツは約3000両に及ぶルノーUE、UE2を入手した。AMX工場でのオーバーホールの後、ドイツ軍はこれを、Infanterie Schlepper UE 630(f)(歩兵用牽引車 UE630、フランス製)の名称で、さまざまな目的で使用した。ドイツ軍はUEの再生産さえ検討したが、生産設備がすでに他の目的に変更されていたことと、資材の優先度の問題から、計画は放棄された[5]

ドイツ軍で改造・運用された装甲銃座増設型

戦場で弾薬運搬、小口径砲の牽引[7]など、UE本来の用途で用いたのはもちろん、空軍は飛行場で機体や爆弾トレーラー等の牽引に用いた。また一部は右席や後部に銃座付き戦闘室を増設、MG15やMG34を搭載して、戦線後方の警備用や飛行場警備用に用いた。対戦車訓練用に木製の戦車のハリボテを乗せた例、3.7 cm PaK 36を載せ簡易自走砲とした例なども確認できる。

1943年には、フランス駐留部隊向けに、ロケット弾発射架を取り付けた車輌も多数作られた。発射架はSd.Kfz.251同様にフレームを差し渡して車体両側に2つずつ装着する方式と、車体後部に4連で装備する方式との2種があった。[8]

ルーマニア[編集]

ルーマニアはライセンス生産権を得て、1939年からルノーUE2を、Malaxa tip UEの名で生産、使用した。本来は300両を生産する予定であったが、フランスの陥落により、ルノーから調達していた部品が入手できなくなったため、1941年にかけて完成したのは126両に留まった。ルーマニアでは機械化部隊の補給用のほか、シュナイダー47mm対戦車砲等の牽引に用いられた。 ソ連への侵攻後、ルーマニア軍のUEは大きな損害を蒙り、残存車輌はデポに引き上げられた。33両は訓練所に送られ、17両は工場に戻された、1944年、工場にあった車輌はドイツの5 cm PaK 38を牽引できるよう改装され、モルダヴィア方面の戦線に投入された。[9]

参考文献[編集]

  • Peter Chamberlain, Hilary Doyle, 「ENCYCLOPEDIA OF GERMAN TANKS OF WORLD WAR TWO - 月刊モデルグラフィックス別冊・ジャーマンタンクス」、大日本絵画、1986
  • Werner Muller, CAPTURED TANKS IN GERMAN SERVICE--SMALL TANKS AND ARMORED TRACTORS 1939-1945, Shiffer Military History, 1998
  • Walter Spielberger, "Beute-Kraftfahrzeuge und -Panzer der deutschen Wehrmacht", Moterbuch Verlag, Stuttgart 1989
  • Pierre Touzin, "Les véhicules blindés français, 1900-1944". EPA, 1979
  • François Vauviller・Jean-Michel Touraine, "L'AUTOMOBILE SOUS UNIFORME 1939-40", MASSIN EDITEUR, 1992
  • 島田魁、大佐貴美彦、「第2次大戦のフランス軍用車両」、グランドパワー1995年9月号、デルタ出版

脚注[編集]

  1. ^ UEのシリアルは、77 900、79 100、81 900、88 200/300、89 600/900、92 400、93 500/600、67 000、67 200、3 900、4 100、5 400、8 400番台ほか。F. Vauviller, J. Touraine(1992), p.189。
  2. ^ ただし、車体前面のシリアルはUEに割り当てられたもので、この番号が正しければUEの末期の生産型ということになる。
  3. ^ 次の参考文献による。F. Vauviller, J. Touraine(1992), p.190。P. Touzin( 1979), pp.197-200。
  4. ^ UE2のシリアルは、M4 000/4 100、M15 100、M30 800、M31 500、M62 500、M63 300/700番台ほか。F. Vauviller・J. Touraine(1992), p.189。
  5. ^ a b 次の参考文献による。W. Muller(1998), pp.16f。
  6. ^ この項は主に次の参考文献よる。F. Vauviller, J. Touraine(1992), p.189。P. Touzin(1979), p.197。
  7. ^ 3.7 cm PaK 367.5 cm leIG 18のほか、5 cm PaK 387.5 cm PaK 97/387.62 cm PaK 36(r)など、より大口径の砲の牽引にもしばしば用いられた。Werner Muller(1998), pp.16f, pp.20f。
  8. ^ この項は主に次の参考文献による。W. Muller(1998), pp.16-30。P. Chamberlain, H. Doyle(1986), pp.222f。
  9. ^ 'WorldWar2.ro' Romanian Armed Forces in the Second World War

関連項目[編集]