ルネ・ド・ブルボン=パルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルボン=パルマ公子ルネ

ルネ・シャルル・マリア・ジョゼフ・ド・ブルボン=パルマ:René Charles Maria Joseph de Bourbon-Parme, 1894年10月17日 シュヴァルツァウ - 1962年7月30日 コペンハーゲン)は、ブルボン=パルマ家の公子。オーストリア皇后ツィタの弟。イタリア語名はレナート・ディ・ボルボーネ=パルマRenato Carlo Maria Giuseppe di Borbone-Parma)。

生涯[編集]

最後のパルマ公ロベルト1世と、その2番目の妻でポルトガルの廃王ミゲル1世の娘であるマリア・アントニアの間の第7子、四男として生まれた(父にとっては第19子、9番目の息子である)[1]オーストリア東部に父が所有するシュヴァルツァウ城で生まれ育った[2]。1921年6月9日にコペンハーゲンにおいて、デンマーク王子ヴァルデマーの娘マルグレーテと結婚した。デンマーク王室はルター派信徒だが、マルグレーテは母マリー・ドルレアンの元で特別にカトリック信徒として育てられていた[3]

ルネはフランス国籍を有しており、一家は主にフランスで暮らしたが、生活ぶりは比較的貧しかった。第2次世界大戦前夜、ルネは一時的にフィンランド軍に義勇兵として入隊している[4]。大戦が始まると、ルネ一家はナチス・ドイツのフランス侵攻から逃れてフランスを出国し、大戦が終わるまでスペインポルトガルアメリカ合衆国を転々とした[5]

子女[編集]

妻マルグレーテとの間に3男1女をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “The Peerage: René Carlo Maria Guiseppe di Borbone, Principe di Parma”. 2010年8月18日閲覧。
  2. ^ “Princess Soon to Marry Belongs to Danish Royalty”, The Washington Post, (14 March 1921) 
  3. ^ Finestone, p. 199.
  4. ^ “Bourbon Prince to Fight For Finns”, The New York Times (London), (9 February 1940) 
  5. ^ “Danish Prince Marries”, The New York Times (Copenhagen), (10 June 1947) 

参考文献[編集]

  • Finestone, Jeffrey (1981). The Last Courts of Europe: A Royal Family Album 1860-1914. London: J.M. Dent and Sons Ltd.. ISBN 0-517-41472-4. 

外部リンク[編集]