ルネサス エレクトロニクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルネサス エレクトロニクス株式会社
Renesas Electronics Corporation
ロゴ
Nippon Building Chiyoda-ku Tokyo.jpg
本社(日本ビル)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6723 2003年7月24日上場
略称 ルネサス
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:100-0004
東京都千代田区大手町二丁目6番2号 日本ビル(旧ルネサス テクノロジ本社)
本店所在地 郵便番号:211-8668
川崎市中原区下沼部1753番地
設立 2002年平成14年)11月1日
(NECエレクトロニクス株式会社)
業種 電気機器
事業内容 各種半導体に関する研究、開発、製造、販売およびサービス
代表者 作田久男(代表取締役会長兼CEO)
鶴丸哲哉(代表取締役社長)
資本金 2282億55百万円
(2014年3月末時点)[1]
発行済株式総数 1,667,124,490株
(2014年3月末時点)[1]
売上高 連結:8330億11百万円
(2014年3月期)[1]
営業利益 連結:676億35百万円
(2014年3月期)[1]
純利益 連結:-52億91百万円
(2014年3月期)[1]
純資産 連結:2273億14百万円
(2014年3月末時点)[1]
総資産 連結:7860億2百万円
(2014年3月末時点)[1]
従業員数 連結:3万3840人
(2013年3月末時点)[2]
決算期 3月末日
主要株主 (株)産業革新機構 69.15%
日本トラスティ・サービス信託銀行三井住友信託銀行再信託分・日本電気(株)退職給付信託口) 8.11%
(株)日立製作所 7.66%
三菱電機(株) 6.26%
トヨタ自動車(株) 2.49%
(2013年9月30日現在)
関係する人物 山口純史(初代代表取締役会長)
赤尾泰(初代代表取締役社長)
外部リンク http://japan.renesas.com/
テンプレートを表示

ルネサス エレクトロニクス株式会社英語: Renesas Electronics Corporation)は、東京都千代田区に本社、川崎市中原区に本店を置く大手半導体メーカー。 三菱電機および日立製作所から分社化していたルネサス テクノロジと、NECから分社化していたNECエレクトロニクスの経営統合によって、2010年平成22年)4月に設立された。社名に冠する『Renesas』は、あらゆるシステムに組み込まれることで世の中の先進化を実現していく真の半導体のメーカーとして「Renaissance Semiconductor for Advanced Solutions」を標榜して名付けられたものであり、ここには日本から世界に向けた半導体産業復興の意が込められている。

概要[編集]

NECエレクトロニクスは、2002年(平成14年)11月に日本電気 (NEC)で半導体事業を手がけていた社内カンパニー(NECエレクトロンデバイスカンパニー)を分社・独立して設立された。TK-80などのマイコンキットを初め、NECのパーソナルコンピュータ事業は同社が源流であった。また、伝統的にマイクロコンピュータ(マイコン)およびASIC(特定用途向け専用LSI)に強く、PC-9800シリーズに搭載され大ヒットしたV30を初めとするVシリーズマイコンや、VTR向けの3次元Y/C分離LSI等では圧倒的なシェアを誇った。その後、近年では自動車向け車載マイコンや、デジタル家電向けLSI等を主力とし、任天堂WiiマイクロソフトXbox 360等のゲーム機用LSIも生産していた。

ルネサス テクノロジは、2003年(平成15年)4月に日立製作所三菱電機半導体部門(電力制御用半導体を除く)を分社・統合して設立された。2006年度の半導体売上高は国内第2位・世界第6位[3]システムLSI分野のシェアは世界1位であった。半導体を単に設計・製造するだけでなく、ソフトウェアを含めた本当の意味でのシステムソリューションを提供する企業へとシフトしていった。NTTドコモや複数の携帯電話製造会社との協業によるFOMA向けプラットフォームの供給開始[4]はその最たる例の一つであった。

2010年(平成22年)4月にルネサス テクノロジはNECエレクトロニクスを存続会社として合併、同時にルネサス エレクトロニクスに商号を変更した。ルネサス エレクトロニクス自体はNEC、日立製作所、三菱電機それぞれの持分法適用対象会社となっているが、日立製作所、三菱電機はそれぞれロックアップ後は株式を売却する意向を示しており、NECも同様の行動をとるものと思われる。

2011年(平成23年)3月に発生した東日本大震災で、8工場が操業を停止。製品・部品供給先の大手製造業を中心に影響が広がった。特にマイコンやカーナビゲーション用システムLSIの主力拠点の那珂工場(茨城県ひたちなか市)は大きな被害を受け、6月に入りやっと生産再開にこぎ着けることができた。再開までの間は代替生産などに着手していたが、供給ベースで震災前の水準に戻るのは9月までかかる見通しとなっている[5]

2012年(平成24年)4月、リテール市場を活性化する目的で「がじぇっとルネサスプロジェクト」がスタートした。

2012年(平成24年)5月、次世代マイコンの製造で台湾の半導体受託製造世界最大手TSMC(台湾積体電路製造)との生産一部委託などの提携を発表した[6]

2012年(平成24年)7月、今後の経営方針として「海外市場および自動車・スマート社会分野への集中」と「強靭な収益構造の構築」を掲げると発表。利益の上がっているマイコン事業及びアナログ&パワー半導体事業に経営資源を集中させるとともに、鶴岡工場(山形県鶴岡市)など7拠点の譲渡等を検討する考えを示した[7]。同年10月には合理化資金として大株主3社と取引銀行から計970億円を調達した[8]

2012年(平成24年)12月、懸案となっていた財務基盤の抜本的強化について、産業革新機構トヨタ自動車日産自動車など9社を割当先とする総額1500億円の第三者割当増資を行うことを発表した。増資実施後は産業革新機構が持株比率69.16%の筆頭株主となり、NEC・日立製作所・三菱電機の持株比率はいずれも6~9%に低下し主要株主でなくなる。増資の割当先候補にはアメリカの大手投資ファンドKKRの名も報じられていたが、産業革新機構など9社を割当先とした理由として、過大な事業上の制約を負わないこと、割当先の取引会社との事業シナジー効果などを挙げている[9]。2013年(平成25年)9月30日に払込手続きが完了し、筆頭株主が異動した[10][11]

東京証券取引所第一部上場、証券コード6723。

沿革[編集]

NECエレクトロニクス[編集]

  • 2002年(平成14年)5月16日 - 日本電気(NEC)の半導体部門の分社化を発表。
    ITバブル崩壊などで業績が低迷したNECは、西垣浩司社長の下で家電分野の撤退など不採算事業のリストラを敢行。半導体部門の中でも特に市場変化の激しい汎用DRAM事業はエルピーダメモリとして先に分社化していたが、それでも巨額な半導体設備に対して、NECとして今後更に機動的に運営・投資をしていく事は不可能と判断し、分社化して単独での資金調達を行う方針とした。
  • 2002年(平成14年)11月1日 - 分社型会社分割により、NECを分社化してNECエレクトロニクス株式会社を設立。初代社長に戸坂馨カンパニー社長が就任。
  • 2003年(平成15年)7月24日 - 東京証券取引所第一部へ上場。設立から9ヶ月という、会社分割による新設会社の東証一部直接上場としては異例の速さであった。
  • 2003年(平成15年)11月6日 - 同社初となる300mmウェハーラインを、NEC山形本社工場内に構築すると発表。
  • 2004年(平成16年)4月5日 - NEC山形に300mmウェハーラインの新工場建設を発表。既存300mmラインとあわせて最大生産能力を月産2万枚へ引き上げた。
  • 2004年(平成16年)7月1日 - 生産事業部門を分社分割し、NECファブサーブ株式会社設立。
  • 2005年(平成17年)10月26日 - 経営不振の責任をとり、戸坂社長が引責辞任。後任として中島俊雄常務が社長に就任。
  • 2007年(平成19年)11月28日 - 生産拠点の集約・再編計画を発表。
  • 2008年(平成20年)2月15日 - 連結子会社も含めた早期希望退職者優遇制度の導入を発表。2月末までに685人の応募があった。
  • 2009年(平成21年)4月27日 - ルネサス テクノロジと2010年4月を目処に事業統合する方向で協議を開始することで合意した[12]
  • 2009年(平成21年)6月25日 - 三代目社長に山口純史が就任。

ルネサス テクノロジ[編集]

  • 2002年(平成14年)3月18日 - 日立製作所と三菱電機でシステムLSIなどの事業を分社・統合する方針で基本合意[13]
  • 2002年(平成14年)10月3日 - 新会社の承継事業などの内容がほぼ決定し、社名を「株式会社ルネサス テクノロジ(Renesas Technology Corp.)」とすることを正式発表[14]
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 日立製作所と三菱電機からそれぞれの半導体事業(一部を除く)を分社・承継する新会社として分社型共同新設分割により設立。資本金500億円(日立55%、三菱45%)。本社を丸ビル(東京都千代田区丸の内二丁目4番1号)とする。ブランドステートメント「Everywhere you imagine」を制定。初代会長に長澤紘一、初代社長に伊藤達が就任。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 二代目会長に伊藤達、二代目社長に塚本克博が就任。
  • 2007年(平成19年)8月10日 - 本社を、日本ビル(千代田区大手町二丁目6番2号)に移転。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 三代目会長に塚本克博、三代目社長に赤尾泰が就任。

ルネサス エレクトロニクス[編集]

  • 2010年(平成22年)4月1日 - NECエレクトロニクスとルネサス テクノロジの統合新会社として設立。存続会社はNECエレクトロニクスで、ルネサス テクノロジを吸収合併し、新商号をルネサスエレクトロニクス株式会社とする。ルネサスエレクトロニクスの初代会長に山口純史、初代社長に赤尾泰が就任。本社を日本ビルとする。
  • 2010年(平成22年)7月29日 - グループ全体で約5万人いる従業員のうち約4千人を削減すると発表した。外部への生産委託を増やし、国内工場の閉鎖も検討する。40nmプロセスの生産は山形および那珂の300mmラインで生産を継続し、それ以降の微細化開発と量産を凍結することを発表。32nm、28nm世代以降の先端プロセス品の量産は台湾TSMCと、米GLOBALFOUNDRIESに全面委託し、次世代プロセスの研究開発は米IBMとの共同研究で一本化するとされる。
  • 2010年(平成22年)12月1日 - ノキアのワイヤレスモデム事業部門とルネサスエレクトロニクスのモバイルマルチメディア事業部門を、分社型吸収分割によって新設の100%子会社であるルネサスモバイル株式会社に承継して営業を開始。
  • 2011年(平成23年)3月11日 - 東日本大震災で、8工場が操業停止に追い込まれる。製品・部品供給先の大手製造業を中心に大きな影響が広がった。
  • 2011年(平成23年)6月28日 - 顧問に山口純史が就任。代表取締役会長は退任(空席)。
  • 2012年(平成24年)3月1日 - パワーアンプ事業部門及びルネサス東日本セミコンダクタ長野デバイス本部(長野県小諸市)を村田製作所へ譲渡し、それぞれ村田製作所モジュール事業本部通信システム商品事業部PA商品部、株式会社小諸村田製作所となる。
  • 2012年(平成24年)7月1日 - ルネサス北日本セミコンダクタ津軽工場(青森県五所川原市)を富士電機へ譲渡し、富士電機津軽セミコンダクタ株式会社となる。
  • 2012年(平成24年)8月29日 - アメリカのタバコ食品のコングロマリット・旧RJRグループ(RJRナビスコ)の買収・解体に深く関与したアメリカのプライベートエクイティ系大手投資ファンド・KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)がルネサスエレクトロニクスの新規株主発行の受け入れ(上位株主である母体の国内大手電機3社の連合と共同)に応じることで話を進めていると報道された。
  • 2012年(平成24年)12月10日 - 2013年に産業革新機構・トヨタ自動車・日産自動車など9社を割当先とする1500億円の第三者割当増資を行うことを発表。
  • 2013年(平成25年)1月1日 -孫会社の株式会社ルネサスハイコンポーネンツ(青森県北津軽郡鶴田町)をアオイ電子へ譲渡。アオイ電子の子会社ハイコンポーネンツ青森株式会社となる[15]
  • 2013年(平成25年)2月22日 - 二代目代表取締役社長に鶴丸哲哉が就任。
  • 2013年(平成25年)6月1日 - ルネサス北日本セミコンダクタ函館工場(北海道亀田郡七飯町)、ルネサス関西セミコンダクタ福井工場(福井県坂井市)、ルネサス九州セミコンダクタ熊本工場(熊本県菊池郡大津町)の事業及び北海電子(北海道二海郡八雲町)の半導体後工程製造支援事業をジェイデバイスに譲渡[16][17][18][19]
  • 2013年(平成25年)6月26日 - 代表取締役会長兼CEOに作田久男が就任[20]
  • 2013年(平成25年)9月30日 - 産業革新機構・トヨタ自動車・日産自動車など9社を割当先とする1500億円の第三者割当増資を行い、産業革新機構が筆頭株主となる。
  • 2014年(平成26年)2月19日 - 国内に14ヵ所ある半導体工場を再編し2子会社に集約すること、それに伴い計1万人が転籍することを発表した[21][22]
  • 2014年(平成26年)3月31日 - ルネサス山形セミコンダクタ(山形県鶴岡市)の半導体製造施設および設備等を、ソニーの連結子会社であるソニーセミコンダクタに対し譲渡完了[23]
  • 2014年(平成26年)4月1日 - ルネサス北日本セミコンダクタ(子会社のルネサス柳井セミコンダクタ、羽黒電子、北海電子含む)、ルネサス山形セミコンダクタ、ルネサス那珂セミコンダクタ、ルネサスセミコンダクタエンジニアリング、ルネサス甲府セミコンダクタ、ルネサス九州セミコンダクタを吸収合併により解散するとともに、存続会社のルネサス関西セミコンダクタを「ルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング株式会社」(前工程製造事業を担当)、ルネサスセミコンダクタ九州・山口を「ルネサス セミコンダクタ パッケージ&テスト ソリューションズ株式会社」(後工程製造事業を担当)に商号変更。ルネサス エレクトロニクス本体の製造部門も分割し、生産子会社2社に集約する[24]

製品[編集]

新時代向けの40nmの「フラッシュマイコン」を開発。2012年2月29日、40nm プロセスの車載フラッシュマイコン「RH850ファミリ」を発表した。第一弾製品を2012年初秋にサンプル出荷、2014年に量産を開始する予定。

開発子会社[編集]

  • ルネサスモバイル
  • ルネサスシステムデザイン
  • ルネサスソリューションズ

生産子会社[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g ルネサスエレクトロニクス>投資家の皆様へ>IR資料室>決算短信>2014年3月期通期決算短信
  2. ^ 第11期有価証券報告書
  3. ^ アイサプライ・ジャパン株式会社 「2006年世界半導体市場マーケットシェア・ランキング(速報値)」 2007年3月16日
  4. ^ 株式会社NTTドコモ 「報道発表資料:W-CDMA端末向けプラットフォームを共同開発」 2006年2月13日
  5. ^ “ルネサス、国内シェア低下懸念も-海外拡大の契機に”. 朝日新聞. (2011年6月14日). http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK201106140016.html [リンク切れ]
  6. ^ “ルネサス、次世代マイコンで台湾のTSMCと提携=生産も一部委託”. 時事通信. (2012年5月28日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201205/2012052800775&rel=y&g=eco 2012年6月2日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ 強靱な収益構造の構築に向けた諸施策の方向性について 2012年7月3日
  8. ^ 強靱な収益構造の構築に向けた諸施策の進捗について 2012年9月28日
  9. ^ 第三者割当により発行される株式の募集並びに主要株主、主要株主である筆頭株主、親会社及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ 2012年12月10日
  10. ^ (訂正)「第三者割当により発行される株式の募集並びに主要株主、主要株主である筆頭株主、親会社、及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ」の一部訂正、及び確定について 2013年9月30日
  11. ^ 第三者割当により発行される株式の募集に係る払込完了に関するお知らせ 2013年9月30日
  12. ^ ルネサス テクノロジ ニュースリリース
  13. ^ 「2002/3/18ニュースリリース」
  14. ^ 「2002/10/3ニュースリリース」
  15. ^ 子会社における孫会社の異動を伴う株式の譲渡および子会社の一部事業の譲渡に関するお知らせ 2012年10月12日
  16. ^ 当該事業を新規に設立した完全子会社のルネサス ジェイ セミコンダクタ株式会社に吸収分割で承継させ、同時にルネサス ジェイ セミコンダクタの全株式をジェイデバイスに譲渡の上、商号を株式会社ジェイデバイスセミコンダクタに変更する形式をとった。
  17. ^ 後工程生産拠点の譲渡に関する基本合意書締結のお知らせ ルネサス エレクトロニクス株式会社・株式会社ジェイデバイス、2013年1月30日
  18. ^ 当社子会社における後工程生産拠点等のジェイデバイスへの譲渡に関する最終契約締結のお知らせ ルネサス エレクトロニクス株式会社、2013年3月19日
  19. ^ ルネサスの子会社の後工程生産拠点等のジェイデバイス社への譲渡完了について ルネサス エレクトロニクス株式会社、2013年6月3日
  20. ^ “ルネサス経営トップにオムロンの作田氏起用で最終調整=関係筋”. ロイターニュース. (2013年5月8日). http://jp.reuters.com/article/JPdeals/idJPTYE94700M20130508 2013年11月4日閲覧。 
  21. ^ “ルネサス、国内生産を新設2子会社に集約 計1万人が転籍”. 日本経済新聞. (2014年2月19日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO67035610Z10C14A2TJ1000/ 2014年2月19日閲覧。 
  22. ^ “ルネサスが半導体14工場を2子会社に再編へ 前工程と後工程を集約”. 産経新聞. (2014年2月19日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140219/biz14021911280007-n1.htm 2014年2月19日閲覧。 
  23. ^ “ルネサスの子会社工場の半導体製造施設および設備等の譲渡完了について”. ルネサス エレクトロニクス株式会社. (2014年3月31日). http://japan.renesas.com/press/news/2014/news20140331.jsp 2014年3月31日閲覧。 
  24. ^ “国内グループ(製造関連)再編(吸収分割および吸収合併)に関するお知らせ”. ルネサス エレクトロニクス株式会社. (2014年2月19日). http://japan.renesas.com/press/news/2014/news20140219a.jsp 2014年4月13日閲覧。 
  25. ^ “「はちゅねへ急げ!」 NECエレ公式サイトトップページに”. ITmedia. (2009年11月20日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0911/20/news076.html 2012年6月2日閲覧。 
  26. ^ Webマガジン100号記念スペシャル企画!よくわかるクロスブリッジ講座!

外部リンク[編集]