ルナ・オービター2号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルナ・オービター2号
所属 NASA
主製造業者 ラングレー研究所
任務 探査機
周回対象
周回数 2,346 回
打上げ日時 1966年11月6日 23:21:00 UTC
打上げ機 アトラス・アジェナ D
任務期間 339日
軌道減衰 月面衝突
1967年10月11日
月面北緯3.0東経119.1
COSPAR ID 1966-100A
質量 385.6kg
軌道要素
軌道長半径 2694km
離心率 .35
軌道傾斜角 11.9°
遠点高度 1850km
近点高度 52km
軌道周期 208.07 分

ルナ・オービター2号は月面観測を行った探査機アポロ計画サーベイヤー計画のために安全な着陸場所を選び、検証するため、平坦な月面の写真を撮るように設計された。準備のために、月面測量学、放射線強度、流星塵衝撃などのデータも集められた。

月探査[編集]

ルナ・オービター2号による撮影写真、1966年11月20日。月面から47kmの位置、静かの海

ルナ・オービター2号は1966年11月6日アトラス・アジェナDで打ち上げられ、92.5時間の飛行の後、月周回の赤道付近の楕円軌道に投入された。最初の軌道は196x1850kmの楕円軌道で軌道傾斜は11.8度であった。近点は49.7kmで5日で33周を行った。12月7日の情報受け取り最終日には増幅器が故障し、結果6枚の写真を失った。1966年12月8日、軌道傾斜角は17.5度に変更され、新しい月の重力データを提供した。

ルナ・オービター2号は1966年の11月18日から25日にかけて写真を得て、データの読み出しは1966年の12月7日まで行われた。計609回の高度分析と208回の中程度分析フレームが送られ、最も優秀な質のものでは1mの大きさまで見ることができた。これにはコペルニクスクレーターの斜面の映像含まれ、この写真はニュースメディアによって世紀の写真の一枚であると添えられた。正確なデータは運用中を通してすべての試みで得られることになった。小流星の衝突も観測された。その後も追跡観測目的で使われ、1967年10月11日、指令によって北緯3度、東経119.1度の月面に衝突した。

2011年NASAのルナー・リコネサンス・オービターカメラはルナ・オービター2号の衝突点の位置と画像を発見した。45度以上の衝突角度から破片は長の羽のように広がっていた[1]

月面写真研究 アポロとサーベイヤーの着陸地点の評価
流星検出器 月面環境における微小流星物体の検出
セシウムヨウ素線計測器 往復ルートと月近郊の放射線環境
月面測量器 月の重力場と物理的特性

[編集]

  1. ^ Lunar Lost and Found - Rediscovering Old Wrecks on the Moon”. Popular Mechanics. 2011年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]