ルドルフ2世 (オーストリア公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルドルフ2世(Rudolf II., 1270年 - 1290年5月10日)は、ドイツ王ルドルフ1世の息子でアルブレヒト1世の弟。一時オーストリア公およびシュタイアーマルク公位を授けられ、兄アルブレヒトの名目上の共同統治者であった(在位:1282年 - 1283年)。

ボヘミアオタカル2世の娘アグネス(1269年 - 1296年)と結婚し、子のヨーハン(パリツィーダ)をもうけたが、その誕生と前後して早世した。そのヨーハンは18年後の1308年に伯父アルブレヒト1世を殺害し、ヨーハン・パリツィーダ(parricida(パリチーダとも)は尊属殺の意味)と呼ばれた。

先代:
ルドルフ1世
オーストリア公
シュタイアーマルク公
1282年 - 1283年
アルブレヒト1世と共同統治
次代:
アルブレヒト1世
(単独統治)