ルドルフ表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『ルドルフ表』の扉 - 過去の天文学者達が描かれている。台座中央の地図に描かれているのはティコ・ブラーエの天文台があったヴェン島
『ルドルフ表』に準拠して描かれた世界地図

ルドルフ表』 (- ひょう)は、神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の勅命によって、1627年にドイツの天文学者ヨハネス・ケプラーが作成した天文表である。ラテン語による原題は Tabulae Rudolphinae Astronomicae、英語では the Rudolphine Tables、ドイツ語では Rudolphinischen Tafeln という。 天文表とは、数年分の『理科年表』の「暦部」と「天文部」を合わせたような天文データ・ブックで、おもに諸惑星の位置推算表からなり、主として占星術における出生天宮図の作成のために利用された。〈現在でも、占星術の教本には天体暦が付属している)また、対数表や惑星の位置推算の手順も収められていた。

惑星の位置推算表は、プトレマイオスの体系に基づく『アルフォンソ表』(13世紀後半)やレギオモンタヌスの天体暦、コペルニクスの体系に基づく『プロイセン表』(1551年)に替わるものである。ケプラーの法則に基づいて計算されたその数値は従来の星表の30倍の精度を持ち、地動説の優位性を決定的な物とした。

また、恒星のカタログも収録されている。16世紀内からコピーが出回っていてブラウの天球儀やバイエル星図ウラノメトリア』の元データを含む「ティコ・ブラーエの星表」の完全版(1,006星を収録)の他、これに漏れた恒星をプトレマイオスやバイエルから採った補遺、さらに南半球でオランダの航海者ペーテル・ケイセルが観測した恒星のカタログも収録されている(初書籍化)。ティコの観測精度は、観測機器を巨大化することによって1分角以内に達しており、大気差の補正も行われていた。