ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルドルフ・ウィルヒョー

ルードルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョー(Rudolf Ludwig Karl Virchow、発音[ˈvirço] / [ˈfirço][1]1821年10月13日ポンメルンシフェルバイン(Schivelbein)(現:ポーランド領シフィドビン(Świdwin))- 1902年9月5日ベルリン)はドイツ人医師病理学者先史学者生物学者政治家白血病の発見者として知られる。姓は「フィルヒョー」と表記することもあり。

彼はベルリンにあったプロイセン陸軍士官学校医学を学び、1843年ベルリン大学で博士号を取得して、1847年にプロイセン陸軍士官学校の教授に就任した。2年後に政治上の理由によりヴュルツブルク大学の教授に就任して、そこで解剖学を研究した。1856年からベルリン大学で病理学の教授を務めた。

彼の法則でもっとも有名な物は「全ての細胞は他の細胞に由来する」という物である。(ラテン語のモットー、"omnis cellula e cellula"として知られている。)これは、全ての生命でなく、特定の細胞やその細胞のグループしか病気にならないという彼の発見とつながる。彼は細胞病理学比較病理学(人間と動物に共通する疾患の比較)、人類学の基礎を作った。また、彼の死後になって確立された、静脈血栓症の形成に関する三つの要因(血管の障害・血流のうっ滞・血液性状の変化)は、彼の名を冠して「ウィルヒョーの3要素」(Virchow's triad)と呼ばれている[2]

晩年は保守化し、ベルリンで「病理学の法王」として君臨した。ことに、センメルヴェイス・イグナーツ(ゼンメルワイス)の消毒法(産褥熱の研究)に対する、初期の反対者の一人でもあった。当時最大の病理学者であるウィルヒョーの反対は影響力が大きく、センメルヴェイスがウィーンからハンガリーへ去る原因の一つを作ったと思われる(その後、センメルヴェイスは自身の学説が受け入れられないまま、悲惨な死を遂げた)。

彼はまた「医療はすべて政治であり、政治とは大規模な医療にほかならない」[3]と宣言し、公衆衛生の改善を強く訴え、ベルリンに近代的な下水道を作るために政治家として働いた(ベルリン市議会議員(1859年 - 1902年)、プロイセン王国下院議員(1862年 - 1902年)、ライヒ議会(ドイツ帝国議会)議員(1880年 - 1893年))。リベラル政党進歩党の共同創設者兼メンバーとして、ビスマルクの政治的な敵対者であった。

1869年、彼は人類学民俗学先史学学会を設立した。このことは、ドイツ考古学調査を調整し、発達させることに非常に役立った。

1884年、彼はロンドン王立協会の外国人会員に選出され、1892年には王立協会よりコプリ・メダルを授与された[4]

参考文献[編集]

  1. ^ Duden | Virchow | Rechtschreibung, Bedeutung, Definition Duden online
  2. ^ Brotman, D.J., et al., "Virchow's triad revisited." Southern Medical Journal 97, 2004, 213-214.
  3. ^ Kawachi, I., Kennedy B. The HEALTH OF NATIONS: Why Inequality Is Harmful to Your Health. New New Press.
  4. ^ Virchow; Rudolph Ludwig Karl (1821 - 1902)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。