ルドルフ・ハプスブルク=ロートリンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルドルフ・ハプスブルク=ロートリンゲンRudolph Habsburg-Lothringen, 1919年9月5日 プランジャン(Prangins)、スイス - 2010年5月15日 ブリュッセル)は、オーストリアの旧統治者家門ハプスブルク=ロートリンゲン家の一員。最後のオーストリア皇帝福者カール1世の五男、末息子。
全名はルドルフ・ジリングス・ペーター・カール・フランツ・ヨーゼフ・ロベルト・オットー・アントニウス・マリア・ピウス・ベネディクト・イグナティウス・ラウレンティウス・ユスティニアニ・マルクス・ダヴィアノ(Rudolph Syringus Peter Karl Franz Joseph Robert Otto Antonius Maria Pius Benedikt Ignatius Laurentius Justiniani Marcus d'Aviano Habsburg-Lothringen)。

生涯[編集]

元皇帝カール1世とその妻でパルマ公ロベルト1世の娘であるツィタ皇后の間の第6子、五男として生まれた。洗礼名はハプスブルク家出身の最初のローマ王ルドルフ1世に因んでいる。両親の亡命先であるマデイラ島で幼少期を過ごしたが、1922年に父が死ぬと、家族とともにベルギーに移住した。1940年、ナチス・ドイツ軍の西側への侵攻を逃れて家族と一緒にカナダへ渡り、ケベックの大学で経済学を学んだ[1]

家長である長兄オットーの指示によりアメリカ軍に入隊し、軍の特殊任務で偽名を使ってアンシュルス後のオーストリアに送り込まれ、そこで反ナチのレジスタンス運動(Widerstand gegen den Nationalsozialismus)に参加している[1]。戦後、ウォールストリートで証券会社に勤務し、さらにベルギー領コンゴに移住してコーヒー農場を経営するかたわら、ベルギーで銀行取締役を務めた[2]

1953年6月22日にニューヨークにおいて、ロシア人亡命貴族のクセニヤ・チェルニシェヴァ=べゾブラソヴァ伯爵夫人(1929年 - 1968年)と結婚し、間に4人の子女をもうけたが、クセニヤは1968年にベルギーのエノー州ソワニーSoignies)で交通事故により亡くなった。ルドルフは1971年10月15日にバイエルン州エリンゲンEllingen)において、ヴレーデ侯カールの娘アンナ・ガブリエーレ(1940年 - )と再婚し、間に娘を1人もうけている[1][3]

1980年、ルドルフは1919年4月10日にオーストリア共和国政府の制定したハプスブルク家の財産没収・国外追放に関する法律(Habsburgergesetz)が自らに適用されていることが違法だとオーストリアの裁判所に訴え、勝訴した。同法の制定後に生まれた自分が、帝位請求権放棄を宣言しない限り入国を禁止されるのは、不当であるというのが、ルドルフの主張であった[4]。2010年に死去し、スイス、アールガウ州フライアムトFreiamt)にあるムーリ修道院Kloster Muri)に葬られた。

子女[編集]

最初の妻クセニヤとの間に4人の子女をもうけた。

  • マリア・アンナ・シャルロッテ・ツィタ・エリーザベト・レギーナ・テレーゼ(1954年 - ) - 1981年、ピョートル・ゴリツィン公爵と結婚
  • カール・ペーター・オットー・ゼールゲ・ヨーゼフ・パウル・レオポルト・ハインリヒ(1955年 - ) - 1998年、ヴレーデ侯女アレクサンドラと結婚
  • ジメオン・カール・オイゲン・ヨーゼフ・レオポルト(1958年 - ) - 1996年、両シチリア王女マリーア(カラブリア公カルロスの娘)と結婚
  • ヨハンネス・カール・ルートヴィヒ・クレメンス・マリア・ヨーゼフ・マルクス・ダヴィアノ・レオポルト(1962年 - 1975年)

2番目の妻アンナ・ガブリエーレとの間の娘を1人もうけた。

  • カタリーナ・マリア・ヨハンナ・ツィタ・ゾフィー・カスパーラ(1972年 - ) - 1998年、セッコ・ディ・アラゴーナ伯爵マッシミリアーノと結婚

脚注[編集]

  1. ^ a b c Kaisersohn Rudolph Habsburg-Lothringen gestorben auf DiePresse.com vom 25. Mai 2010.
  2. ^ Kaisersohn Rudolph Habsburg-Lothringen tot auf derStandard.at vom 25. Mai 2010.
  3. ^ Hans Friedrich von Ehrenkrook (Hrsg.): Genealogisches Handbuch des Adels. Band 100, Starke, Limburg 1991, ISBN 3-7980-0700-4, S. 99.
  4. ^ E. Lauterpacht, C. J. Greenwood (Hrsg.): International Law Reports. Cambridge University Press, London 1988, S. 475ff.