ルドルフ・コーリッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルドルフ・コーリッシュRudolf Kolisch, 1896年7月20日 - 1978年8月1日)はオーストリア出身のヴァイオリニストで、弦楽四重奏団のリーダー。教育者音楽学者としても重要である。

ニーダー・エースターライヒ州クラム(Klamm)出身だがウィーンで育つ。同名の父親は著名な内科医で、ウィーン大学の講師だった。第一次世界大戦後に、ウィーン大学に通うかたわらウィーン音楽院にも在籍し、ヴァイオリンシェフチークに、作曲シュレーカーに、指揮法シャルクに師事。当初は指揮者の道を歩むつもりであった。

1919年より作曲をシェーンベルクに師事したことから、間もなくウィーン私的演奏協会("Verein für musikalische Privataufführungen in Wien")の活動に参加させられる。これがきっかけとなって、シェーンベルク作品の上演を目的として「ウィーン弦楽四重奏団 "Wiener Streichquartett"」を旗揚げし、多くのリハーサルでシェーンベルク自身の監修を受けた。一方で同団体は、シェーンベルクの指導方針に従い、古典的なレパートリーの演奏にも取り組んだ。1927年までにコーリッシュ四重奏団に改称。シェーンベルクのほかにも、ベルクアントン・ヴェーベルンバルトークからも新作を提供されるようになる。

第二次世界大戦の勃発までにニューヨークに上陸したコーリッシュは、当初はコーリッシュ四重奏団の維持に努めようとするも失敗し、ニュー・スクール大学の教員として、講座「演奏(音楽の意味の実現)」を担当する。またオットー・クレンペラーと共同で、学内アンサンブル(室内オーケストラ)を設立し、その最初の演奏会で、バルトークの《弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽》やストラヴィンスキーの《兵士の物語》、シェーンベルクの《室内交響曲第1番》の米国初演を実現させる。この間に別の室内アンサンブルを準備して、作曲者自身の指揮による《月に憑かれたピエロ》の録音に参加、さらに論文『ベートーヴェンの音楽における速度と性格 "Tempo and Character in Beethoven's Music" 』を執筆し、米国音楽学会ニューヨーク支部に提出。同論文は、後に学術雑誌『ミュージカル・クォータリー "Musical Quarterly"』誌に掲載された。ちなみにこの論文は、ベートーヴェンのオリジナルのメトロノーム記号の意義を現代に甦らせた、最初の英語論文の一つであった。

1944年ウィスコンシン大学に招かれてマディスンに行き、正教授に迎えられると同時に、プロ・アルテ弦楽四重奏団のリーダーに就任する。同団体は、おそらく米国で最初の大学常駐アンサンブルだったらしい。1950年代には再びソリストとしてヨーロッパで演奏旅行を行い、ダルムシュタット夏季現代音楽講習会Internationale Ferienkurse für Neue Musik in Darmstadt)の講師陣を、旧友エドゥアルト・シュトイアーマンテオドール・アドルノらとともに引き受ける。1956年に1年間ダルムシュタットに暮らしたのを除けば、1966年に定年退職を迎えるまでマディスンに過ごした。その後はガンサー・シュラーに招かれてボストンのニューイングランド音楽院の室内楽科の主任教授を担当し、亡くなるまでその地位にあった。1974年の夏から1977年まで、ウィーン郊外のメートリンクにて例年開催の「シェーンベルク講習会」でも室内楽演奏の教鞭を執った。

コーリッシュは、1930年代ピアニストのヨセファ・ロサンスカ(Josefa Rosanska, 1904年 - 1986年)と結婚するが、やがて離婚し、1940年代初頭にヴィオラ奏者のローナ・フリードマン(Lorna Freedman, 1917年 - 2006年)と再婚した。

コーリッシュの書類は、ハーヴァード大学ヒュートン図書館の原稿部門に保管されている。