ルドルフ・コンフナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルドルフ・コンフナー(Rudolf Kompfner, 1909年5月16日 - 1977年12月3日)は、オーストリア出身の工学者物理学者で、進行波管の開発で知られる。

コンフナーは、ユダヤ人の両親の下にウィーンで生まれた[1]。最初は建築学を学び、1933年に大学を卒業すると、反ユダヤ主義の台頭のため、イングランドに移住し、1941年まで建築家として働いた。しかし、彼は物理学と電子工学に強い興味を持ち、第一次世界大戦の勃発によりイギリス人に短期間拘束された後、バーミンガム大学で行われていた、秘密のマイクロ波真空管の開発プログラムに加わり、そこでコンフナーは1943年に進行波管を開発した。戦後、彼はイギリスに帰化し、イギリス海軍本部に科学者として勤務し、1951年にはオックスフォード大学で博士号を取得した。

その後、コンフナーはジョン・ピアースに見いだされてアメリカ合衆国ベル研究所に勤務し、彼らは進行波管を情報化時代の重要な要素にした。彼は1973年にIEEE栄誉賞を受賞し、1974年にはアメリカ国家科学賞を受賞した。

コンフナーは1977年12月3日にカリフォルニア州スタンフォードで死去した。

出典[編集]

  1. ^ Concise Dictionary of National Biography
  • Kompfner, Rudolf, The Invention of the Traveling-Wave Tube, San Francisco Press, 1964.

外部リンク[編集]