ルドルフ・キンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キンスキー侯ルドルフ、ヨーゼフ・クリーフーバー

ルドルフ・フュルスト(侯爵)・キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウRudolf Fürst Kinsky von Wchinitz und Tettau, 1802年3月30日 プラハ - 1836年1月27日 リンツ)は、ボヘミアの上級貴族キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウ侯爵家の第6代当主。全名はルドルフ・ヨーゼフ・アントン・フェルディナント・フランツ・レオンハルト・ヴィルヘルム・グイド(Rudolf Josef Anton Ferdinand Franz Leonhard Wilhelm Guido)。

キンスキー侯フェルディナント(1781年 - 1812年)とその妻のケルペン男爵夫人マリー・シャルロッテ(1782年 - 1841年)の間の長男として生まれ、1812年の父の落馬事故死と同時に侯爵家の家督を継いだ。ボヘミアン・スイスBöhmische Schweiz)の険しい山岳地帯を切り開き、主にディッタースバッハ(現在のチェコウースチー州イェトジホヴィツェ)の開発を進めた。イェトジホヴィツェの小山ルドルフシュタイン(現在はルドルフヴ・カーメン/Rudolfův kámen)はルドルフに因んで名づけられた。

1825年5月12日にプラハにおいて、コロレード=マンスフェルト伯爵夫人ヴィルヘルミーネ(1804年 - 1871年)と結婚し、嫡男のフェルディナント・ボナフェントゥラ(1834年 - 1902年)をはじめ1男5女の6人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Eintrag in Constantin von Wurzbach: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich, Bd. 11, Wien 1864, S. 302f.