ルドルフ・ガンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルドルフ・ガンツ
Rudolph Ganz
Bain News Service, publisher}
Bain News Service, publisher
基本情報
出生 1877年2月24日
スイスの旗 スイスチューリヒ
死没 1972年8月2日(満95歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国シカゴ
職業 ピアニスト・指揮者・作曲家

ルドルフ・ガンツRudolph Ganz, 1877年2月24日 チューリヒ - 1972年8月2日 シカゴ)は米国で活躍したスイスピアニスト指揮者作曲家カール大帝の末裔を自称していた。

ベルリンでフェルッチョ・ブゾーニに師事。1901年よりシカゴ音楽大学ピアノ学科の主任教授に就任。1921年から1927年までセントルイス交響楽団の指揮者となり、同楽団をアメリカ有数のオーケストラに育て上げる。1928年からシカゴ音大の教壇に復帰し、1934年から1958年まで学長を務めた。門弟に、ピアノ教師で教育理論家のアビー・ホワイトサイドがいる。

ガンツは生涯を通じて新しい音楽の普及に積極的だった。1923年には、クロード・ドビュッシーモーリス・ラヴェルの作品をアメリカに普及させたとして、レジオン・ドヌール勲章を授与されている。その後もアルテュール・オネゲルジョン・ケージピエール・ブーレーズの作品を指揮した。