ルドウィグ・スコッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルドウィグ・スコッティ
Ludwig Derangadage Scotty
Ludwig Scotty.jpg

ナウルの旗 ナウル共和国
第24・26代大統領
任期 2003年5月29日2003年8月8日
2004年6月22日 - 2007年12月19日

出生 1948年6月20日
ナウルの旗 ナウル共和国アナバー地区

ルドウィグ・スコッティLudwig Derangadage Scotty1948年6月20日 - )は、ナウル政治家で、第24・26代大統領

人物[編集]

ナウル北部のアナバー地区に生まれ、フィジー南太平洋大学では法律学を専攻した。1983年3月15日の選挙で、アナバー地区からナウル議会に初当選を果たす。国会議員の在任期間中は、ナウル銀行の総裁やアワー航空の取締役等も務めた。

1990年代後半から2000年までの間は、ナウル議会の議長を務め、2003年5月29日には、議会における10対7の多数決によって、大統領に選任された。

2003年8月8日に不信任案の可決によって辞任に追い込まれ、レネ・ハリスによって代理を務められた。しかし、議会のハリス大統領派のメンバーが離脱したため、2004年6月22日にスコッティは大統領に返り咲き、同年10月の選挙で議会に再選された。

スコッティ派は、2007年8月25日の選挙において、地滑り的勝利を収め、3日後の8月28日には、議会の18人の議員のうちの14人の支持を得て、対立候補だったマーカス・スティーブンを破り、大統領に再選された。

しかし、同年12月19日に議会は10対7の多数決によって不信任案を可決し、スコッティは辞任に追い込まれた。


先代:
デログ・ギオウラ
レネ・ハリス
ナウル共和国大統領
第24代:2003年
第26代:2004年2007年
次代:
レネ・ハリス
マーカス・スティーブン