ルッツ・ロング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルッツ・ロング Portal:陸上競技
Bundesarchiv Bild 183-G00630, Sommerolympiade, Siegerehrung Weitsprung.jpg
走幅跳の表彰台に立つメダリストたち、左から田島直人、ジェシー・オーエンス、ルッツ・ロング
選手情報
フルネーム カール・ルードウィヒ・ロング
国籍 ナチス・ドイツの旗 ドイツ
種目 走幅跳三段跳
所属 Leipziger SC, Leipzig (GER)
生年月日 1913年4月27日
出身地 ドイツの旗 ドイツ帝国ザクセン州ライプツィヒ
没年月日 1943年7月13日(満30歳没)
死没地 イタリア王国の旗 イタリア王国シチリア島サン・ピエトロ・クラレンツァ
身長 184cm
体重 72kg
自己ベスト 走幅跳:7.90m(1937年)
三段跳:14.80m(1936年)
 
獲得メダル
ナチス・ドイツの旗 ドイツ
男子 陸上競技
オリンピック
1936 ベルリン 走幅跳
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ルッツ・ロング(Carl Ludwig "Lutz" Long、1913年4月27日- 1943年7月13日)は、ドイツの男子陸上競技選手。1936年ベルリンオリンピック男子走幅跳の銀メダリストである。

ロングは、ベルリンオリンピックで、この大会で短距離・跳躍種目で4冠を達成したアメリカジェシー・オーエンスと対戦。決勝では、オーエンスがいきなり2回ファールし後がなくなり苦しんでいる中、ルッツはオーエンスに適切にアドバイスすることでオーエンスをサポートするといったスポーツマンシップに則った行動をとったことでよく知られている。

ロングのこの行動に対し、彼の死後ピエール・ド・クーベルタン賞が贈られている。

ベルリンオリンピック(1936年)[編集]

ベルリンオリンピックを国威発揚の場と考えていたドイツ政府は、自国の選手に高い期待を寄せていた。既に1934年ヨーロッパ陸上競技選手権大会で走幅跳3位という実績を残していたロングは、その期待に応え予選ラウンドでオリンピック新記録を樹立する。一方で、オーエンスは最初の2回の跳躍がファールになって後がなくなってしまい、フィールドに座り込んでしまう。

オーエンスによると、ロングは踏み切り線の数インチ前から跳躍しろと話しかけてきたという。オーエンスがいつもより大きく助走開始位置を下げたので、ロングはオーエンスがファールを犯さずに次のラウンドに進めると思ったという。

オーエンスがそのように語ったことについては議論があるが、3回目の試技の時には非常に落ち着いており、踏み切りに約15cmの余裕を持って跳んだということは知られている。

そして、オーエンスは3回目の試技を成功すると、その後の試技でロングの記録を抜き、オーエンスは走幅跳で金メダルとなった。ロングは金メダルを獲得したオーエンスをまず祝福した。彼らは腕を組んで控室に入っていったという。

このオリンピックでロングは、走幅跳のほか三段跳にも出場して10位となっている[1]

なお、ロングはレニ・リーフェンシュタールが監督したベルリンオリンピックの記録映画オリンピア』に登場している。

大会 場所 種目 結果 記録
1936 ベルリンオリンピック ベルリンドイツ 走幅跳 2位 7.87m
1936 ベルリンオリンピック ベルリンドイツ 三段跳 10位

その後[編集]

ルッツ・ロングはライプツィヒ大学で法律を学び、第二次世界大戦が勃発する前には、ハンブルクで弁護士として働いていた。第二次世界大戦に従軍したロングはハスキー作戦に参加して1943年7月10日に重傷を負い、シチリア島サン・ピエトロ・クラレンツァに設置されたイギリス軍の野戦病院7月13日に死去した。彼はモッタ・サンタナスタージアにある墓地に埋葬された。

ロングの故郷であるライプツィヒのスポーツ施設そばの道路及びミュンヘンオリンピック記念公園(en:Olympiapark, Munich)は、彼の名に因んで名づけられた。彼の獲得したメダルや写真、そして文書などはライプツィヒのスポーツ博物館に寄贈された。

なお、2009年ベルリンで開催された世界陸上では、ロングの息子カイとオーエンスの孫マーリーンが揃って男子走幅跳の表彰式でプレゼンターを務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ Athletics at the 1936 Berlin Summer Games:Men's Triple Jump(英語)
  2. ^ 世界陸上、歴史の舞台で子孫が交流-世界陸上2009:nikkansports.com(2010年3月28日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]