ルズヴィ・ホルベア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルズヴィ・ホルベア

ルズヴィ・ホルベアLudvig Holberg, 1684年12月3日-1754年1月28日)は、ノルウェーベルゲンで生まれた作家エッセイスト哲学者歴史家劇作家である。デンマーク=ノルウェー時代であり、彼の成人の時期のほとんどをデンマークで過ごした。彼は啓蒙時代バロック時代人文主義に影響された。ホルベアは、近代のデンマークとノルウェーの文学の創設者と考えられている[1][2]。そして彼は1722年-1723年に書いたコペンハーゲンのLille Grønnegade Theatreで行われた喜劇で一番よく知られている。ホルベアの自然法一般法1736年から1936年の200年間の間、多くのデンマークの法学生に広く読まれていた。

研究と教え[編集]

ホルベアは、6人兄弟の末っ子であった。彼の父Christen Nielsen Holbergはルズヴィが1才になる前に死んだ。彼はコペンハーゲンで教育を受けた。そして、多くの年をコペンハーゲン大学の教師であった。それと同時に彼は作家としての成功したキャリアを最初の喜劇のシリーズを書いてスタートさせた。彼はコペンハーゲンで神学を学び始めた。そして、後に法律歴史言語を教えた。彼は、職歴的に特に神学に興味があるわけではなく、attestats(現在でいう学士号に相当)を修め、神父として働く権利を得た。彼は、学科において学士修士博士を取ろうと試みなかったし、彼は神学教授や聖職者や神父へとキャリアは続かなかった。ホルベアの若いころは、神学を学びその人の程度によって、たとえばギリシア語ラテン語や、哲学歴史に特化することは一般的だった。法学者になる目的であれば、外国で研究するのが普通であった。1736年にコペンハーゲン大学でデンマークの法学士が設立された。その学位は200年間与え続けられ、ホルベアの書物がこの時まで一般的に読まれた素材として残っていた。ホルベアは、最初に一体となって無報酬で働いたのちに正式に准教授に任命された。彼は最初に空いているポジション、形而上学を教える立場を受け入れなくてはならなかった。後に彼は修辞学とラテン語を教える教授になった。最終的には彼は歴史という彼に最もふさわしく、最も生産的な学科の教授職を与えられた。 ホルベアはよく教育され、よく旅行に行った。彼の青春時代はオランダフランスといった国の大きな都市を訪れ、短い時間ローマへ滞在し、それよりも長い間イギリスオックスフォード1706年-1708年)に滞在し、これは知的な生活が大陸ヨーロッパに集中していたので、貴重な時間だった。彼は正式にオックスフォード大学へ入学を許可されたわけではなかったが、そこの図書館で過ごしたり、英国の学生とラテン語の議論に参加したりした。

著作[編集]

ノルウェーのベルゲンにあるホルベアの像

ホルベアの旅行は彼の後の著作の主たる刺激であった。これらの経験は彼を芸術的で道徳的に成熟させた。ホルベアは彼自身を古いラテン語の喜劇と彼がパリで見た新しいフランス語の喜劇とローマでの街頭演劇で刺激を与えた。彼の著作は、3つの期間に分けることが出来る。1711年から1718年の主に歴史について書いた時期、1719年から1731年の主に風刺詩や舞台喜劇を書いた時期、1731年から1750年の主に哲学を書いた時期である。第二の時期の彼の豊かな喜劇の創作はコペンハーゲンに1721年に開かれたデンマークの最初の国立劇場において劇作家としての彼の役割によって形作られた。これらの喜劇は彼の名誉を今日に残すものになっており、それらは直接的で巨大な成功であった。しかし、1728年のコペンハーゲン大火による貧困は、国民に意気消沈の波とピューリタンの信仰を国民にもたらし、これがホルベアの風刺的な作品と衝突した。その結果として彼は喜劇をあきらめ、1731年に哲学的・歴史的著作に変更した[3]

イデオロギー[編集]

パリでホルベアは、デンマークの科学者カトリック信者のJacob Winsløwに出会った。Winsløwは、成功なしにホルベアを改宗させようと試みた[4]。ホルベアは議論を楽しんだが、しかしそれはコペンハーゲンにおいてWinsløwのようにホルベアがカトリックに改宗したという噂の始まりだった。そして、彼はカトリックに改宗していないということをデンマークの人々に否定する必要性を感じ、いくつかの機会において反カトリックの見方の声を与える結果となった[5]。 ホルベアはキリスト教における学校の教義を批評し、以下のように主張した。「子供はキリスト教徒になるまえに大人にならなくてはならない。」[6]「もし人が神学を学ぶのであれば、その前に大人になることを学ばないと、その人は決して大人になることはないだろう」[7] ホルベアは人々の中に神聖な理性の光を信じていた。彼にとって教育の最初のゴールは無駄に丸暗記の学校の本の代わりに生徒に彼らの感性知性を使うことを教えるのが重要であった。これは、新しく近代的な宗教への問いかけへの理解で、それは彼が啓蒙時代の人であることを示していた。ホルベアは、知性に関心を示していた。なぜなら、彼は、それが社会を一緒に束ねようとすると感じていたからである。彼は、なぜ世界にとても多くの悪があるのか特に人が理性をその道に導くことができたときを不思議がってもいた。彼は彼自身を悪の宗教的な説明を合理的かつ経験的な思考の脈絡から遠ざけたということもできる。そしてこれは彼の時代でも我々にも彼の作家としての地位に重要である。 ホルベアは、聖書批判にも道を開いていた。ホルベアの宗教的な表現は多くの部分において理神論である。彼は原罪の観念には批判的だったが、その代わりに人の自由意志の観念には賛成していた。 ホルベアの著作家としての言明された意図は、人々をよりよい社会へと啓蒙することであった。これは、ホルベアの絵が啓蒙時代にフィットしていることでもある。ホルベアがより深い文化による大きな都市で楽しみ、小さな都市や自然が彼の関心を惹かなかったのは注目に値する。

科学への影響[編集]

ホルベアの科学への概念は帰納的(観察の上に築き上げられる経験を通して)で実際的に利用されるべきであるということである。面白い例として彼のBetænkning over den nu regierende Qvæg-Syge(流行している牛の病の覚書、1745年)において、彼はこの病気は微生物によるものだと判断している。

ホルベアの財務[編集]

青年時代[編集]

ホルベアは彼の青春時代と初期成人期は質素な生活をしなくてはならなかった。彼は家庭教師としてや、貴族たちの旅仲間として生計を立て、大学の個人的なスポーツのコーチとしても働こうとした。彼は、他の国々の他の大学、すなわちプロテスタントの大学に旅する報酬からさらなる援助を受け取った。、しかし、これは彼が尊重しなかった状態だった、なぜならば、彼は議論が最も大きかった、そして、経験が最も大きかった場所を求めたからである。 彼のイギリス滞在中、ホルベアは彼の眼を学術的な著作を置き、彼が帰ってから歴史について書き始めた。後に自然法と国際法についても書いた。おそらくフーゴー・グローティウスザミュエル・フォン・プーフェンドルフのような自然法や国際法の法律の執筆者に彼を例えた年上の教授の促進によるものである。 最も可能性のある利益を得るために、ホルベアは彼自身の作品を出版しそれらを典型的なアークの中にいる興味のある人々に定期購読として売った。ホルベアは、ノルウェーにおける出版者としてもいくつかの成功で挑戦した。そこで、彼の自然法と国際法に関する本がいくつかの版を出版したが、彼は財政的な利益は得られなかった。

投資[編集]

ホルベアは、質素に暮らし、副業として彼の本を売ったことによる利益の大部分を投資に使うことが出来た。そして、それら利益を貸出したり、もっと活発な冒険的な事業に投資した。彼の著作において何度か非生産的な方法で椅子を運んだり、家で働きそしてお金を贅沢に浪費する都会人や貴族を批判した。彼は合理的に食べて、運転に金をつかうことはなかった。彼は徒歩での旅行、歩き続ける理由は彼を南で苦しめたマラリアをコントロールできからである。彼が貿易より冒険的な事業に金を投資することができたという結論に達したとき、彼は不動産に投資し始めた。Havrebjergの近くのBrorupgaardでの彼の最初の大規模な不動産の購入は、段階的に起こった。最初はその時にオーナーにお金を貸して、のちに彼自身が農場を買収した。数年後、ホルベアは彼の唯一の保存されている不動産物件であるDianalundのTersløsegårdも購入した。唯一というのはベルゲンやコペンハーゲンやHavrebjergにあるその他の物件は、焼け落ちたり、解体されたりしているからである。

Sorø Academyとホルベアの意志[編集]

ホルベアは結婚もせず、子供もいなかった。しかし彼の人生の終わりにちょっとした幸運があった。彼は遺産を残すことを興味があり、そして王立の乗馬学校であるSorø Academyに彼の財産を残した。そこでは貴族階級の若い男たちのために大学レベルの機関を作ることをゴールとしていた。ホルベアは、そのアカデミーの考えを支持し、それがどのアカデミックな提案を受けるかについて丸く収め、王の最高責任者によって幾人かの教授が学校へ参照するように頼まれた。影響力のある啓蒙作家のJens Schielderup Sneedorffがホルベアの推挙によりSorø Academy の教授に指名された。 王との合意にはホルベアが所有する農場からのいかなる収入も非課税であるというものも含まれていた。なぜなら学校への寄付の合計の方が彼の払う税金よりも大きいからである。同時に彼は、男爵の爵位を手に入れた。ホルベアの棺おけ、Johannes Wiedeweltによる作品はSorø Monastery Churchでみることが出来る。

ホルベアの財務管理の事例[編集]

ホルベアの文通では彼は役に立たないお金と考えたところへはとても保守的であるということが見ることが出来る。例えば、彼はHavrebjergの教育者の報償を上げることに反対であった。ホルベアは良い利用で使うのであれば進んでお金が使うと何度かコメントした。たとえば、農場労働者が怪我または病気を患うならば、ホルベアは薬物などに関してお金を使うということである。 学術機関が資金調達が制限されていて、経済的に大きな困難になった時、ホルベアは彼が生きていた間はその学術機関 (Sorø Academy) 資金集めを手伝うことに合意した。

ホルベアに対する賛辞[編集]

ノルウェー人のエドヴァルド・グリーグが「ホルベアの時代から」(作品40)という作品をホルベアを称えて作曲した。この曲は、ホルベアの時代の地方の踊りのスタイルになっている。1911年ヨハン・ハルヴォルセンがホルベアのBarselstuen(部屋で横たわる)の制作のために付随音楽をオスロで作曲した。ハルヴォルセンは、のちに彼のSuite Ancienne(作品31)にホルベアの想い出を捧げ、その音楽をアレンジした。 ノルウェーのベルゲン大学では『ホルベア国際記念賞』を授賞している。450万クローナ―の賞金を2004年にはジュリア・クリステヴァが、2005年にはユルゲン・ハーバーマスが、2006年にはS・N・アイゼンシュタットが受賞した。 カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバー島の北部にはホルベアという名前の町がある。それは1907年にデンマークの移民によって作られた。 Dan Shoreのオペラで6人ソプラノによる「The Beautiful Bridegroom」はホルベアの最後の戯曲「Den forvandlede Brudgom」が基になっている[8][9]。 ホルベアの像と彼に因んで名づけられたブールバール (Holbergsallmenningen) がノルウェーのベルゲンの中心部にある。水星クレーターに彼の名前をつけたものがある。

作品[編集]

喜劇[編集]

ホルベアの戯曲(Mester Gert Westphaler、1722年)の現存している最古の劇場のポスター
  • Den Politiske Kandestøber, 1722
  • Den Vægelsindede, 1722
  • Jean de France eller Hans Frandsen, 1722
  • Jeppe paa Bjerget eller den forvandlede Bonde, 1722
  • Mester Gert Westphaler, 1722
  • Barselstuen, 1723
  • Den ellefte Junii, 1723
  • Jacob von Tyboe eller den stortalende Soldat, 1723
  • Ulysses von Ithacia, 1723
  • Erasmus Montanus eller Rasmus Berg, 1723
  • Don Ranudo de Colibrados, 1723
  • Uden Hoved og Hale, 1723
  • Den Stundesløse, 1723
  • Hexerie eller Blind Allarm, 1723
  • Melampe, 1723
  • Det lykkelige Skibbrud, 1724
  • Det Arabiske Pulver, 1724
  • Mascarade, 1724
  • Julestuen, 1724
  • De Usynlige, 1724
  • Diderich Menschenskraek, 1724
  • Kildereisen, 1725
  • Henrich og Pernille, 1724-1726
  • Den pantsatte Bondedreng, 1726
  • Pernilles korte Frøkenstand, 1727
  • Den Danske Comoedies Liigbegængelse, 1727
  • Den honette Ambition, 1731
  • Den Forvandlede Brudgom, 1753
  • Plutus eller Proces imellom Fattigdom og Riigdom, publ. 1753
  • Husspøgelse eller Abracadabra, publ. 1753
  • Philosophus udi egen Indbildning, publ. 1754
  • Republiqven eller det gemeene Bedste, publ. 1754
  • Sganarels Rejse til det philosophiske Land, publ. 1754

[編集]

  • Peder Paars, 1720
  • fire Skæmtedigte, 1722
  • Metamorphosis eller Forvandlinger, 1726

小説[編集]

1789年のNiels Klims underjordiske Rejseの豪華版のイラスト。Nicolai Abraham Abildgaardが描いた後にJohan Frederik Clemensがエッチングしたもの
  • Nicolai Klimii iter subterraneum, 1741.

随筆[編集]

  • Moralske Tanker, 1744
  • Epistler, 1748–54
  • Moralske Fabler, 1751
  • Tre latinske levnedsbreve, 1728–1743

歴史書[編集]

  • Introduction til de fornemste Europæiske Rigers Historier, 1711
  • Morals Kierne eller Introduction til Naturens og Folke-Rettens Kundskab, 1716
  • Dannemarks og Norges Beskrivelse, 1729
  • Dannemarks Riges Historie, 1732–35
  • Den berømmelige Norske Handel-Stad Bergens Beskrivelse, 1737
  • Almindelig Kirke-Historie, 1738
  • Den jødiske Historie fra Verdens Begyndelse, fortsat til disse Tider, 1742
  • Adskillige store Heltes og berømmelige Mænds sammenlignede Historier, 1739–53
  • Adskillige Heltinders og navnkundige Damers sammenlignede

脚注[編集]

  1. ^ Andersen, Jens Kr.. “Ludvig Holberg - Forfatterportræt” (Danish). Arkiv for Dansk Litteratur. 2006年9月2日閲覧。
  2. ^ Brandes, Georg (1884) (Danish). Ludvig Holberg - et festskrift. Copenhagen: Gyldendalske boghandels forlag. pp. 1. 
  3. ^ Ludvig Holberg”. NNDB. 2006年9月2日閲覧。
  4. ^ Holberg, Ludvig (1728-12-31). “Første Brev Til en Højvelbaaren Herre”. In Kragelund, Aage (Ed.) (Latin and Danish). Ludvig Holbergs tre levnedsbreve 1728-1743 Bind I. Copenhagen: G.E.C. Gads Forlag. pp. 110–113. 
  5. ^ Kragelund, Aage (1965). “Indledning”. In Kragelund, Aage (Ed.) (Danish). Ludvig Holbergs tre levnedsbreve 1728-1743 Bind I. Copenhagen: G.E.C. Gads Forlag. pp. XVIII–XIX. 
  6. ^ "Børn maa gjøres til Mennesker, førend de blive Christne."
  7. ^ "Hvis een lærer Theologie, førend han lærer at blive Menneske, bliver han aldrig Menneske."
  8. ^ Richard Duckett, "Opera Works' Next Sounds 'Mozart-ian," Worcester Telegram and Gazette, 17 February 2008
  9. ^ [1]

参考文献[編集]

  • A primary source is Ludvig Holberg's Latin Testament. It can be recommended to use: Holberg, Ludvig, and Aage Kragelund. Ludvig Holbergs tre levnedsbreve 1728-1743. København: G.E.C. Gads Forlag, 1965. The edition contains an introduction, Holberg's texts in both Latin and Danish, commentaries and an index.
  • Thomsen, Ole B. Embedsstudiernes universitet en undersøgelse af Københavns universitets fundats af 1788 som grundlag for vores nuværende studiestruktur. København: Akademisk Forlag, 1975. ISBN 87-500-1536-2
  • Grethe Ilsøe: Juridisk eksamen for ustuderede. Kollektiv biografi af 1. kandidatgeneration (eksamensårgangene 1736-65) i: Personalhistorisk Tidsskrift, 1985, nr. 2
  • Jens Hougaard, Ludvig Holberg. The Playwright and his age up to 1730, Odense University Press. 1993. ISBN 87-7492-881-3.
  • Caterina Marrone, Le lingue utopiche, Nuovi Equilibri, Viterbo, 2004 [1995], p. 338, ISBN 88-7226-815-X

外部リンク[編集]