ルシアーノ・フィゲロア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルシアーノ・フィゲロア Football pictogram.svg
名前
本名 Luciano Gabriel Figueroa Herrera
愛称 ルチョ
カタカナ ルシアーノ・ガブリエル・フィゲロア・エレーラ
ラテン文字 Luciano FIGUEROA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1981年5月19日(32歳)
出身地 ロサリオ
身長 183cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム マレーシアの旗 ダルル・タクジムFC
ポジション FW
背番号 19
利き足 左足
代表歴
2004- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 15 (9)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ルシアーノ・ガブリエル・フィゲロア・エレーラ(Luciano Gabriel Figueroa Herrera, 1981年5月19日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身のサッカー選手。ポジションはフォワードダルル・タクジムFCに所属。

経歴[編集]

地元の名門ロサリオ・セントラルで2001年にキャリアをスタート。同期のセサル・デルガドとのコンビでスタメンに定着、2003年後期リーグでは得点王に輝く。2003年にイングランドプレミアリーグバーミンガム・シティFCへ移籍。このときスペインCAオサスナとの2重契約が発覚するが、無事にバーミンガムへの移籍が成立した。だが出場は1試合のみに終わり冬には契約破棄されるという、自他共に認める大失敗となった。その後メキシコクルス・アスルへと移籍。かつての同僚セサル・デルガドとの再会は復活のきっかけとなり、33試合で21得点を記録。またこの頃アルゼンチン代表に招集され始める。

2004年秋にスペインのビジャレアルCFに移籍。多くのアルゼンチン人が在籍していたこともあり早々と適応した。2005-06シーズンはビジャレアル初出場となったUEFAチャンピオンズリーグの予選第1戦エヴァートンFC戦で先制点を決め、クラブ史に残るゴールとなった。その一方で出場機会は減少、2006年ドイツW杯の代表メンバーに入るため母国のリーベル・プレートへと活躍の場を求めてレンタル移籍した。3年ぶりの後期リーグでは7試合で3得点と調子も良かったが、左膝の十字靱帯を負傷する大怪我を負い念願のW杯は絶望となった。

2006年8月、イタリアのジェノアCFCに移籍。怪我の影響が長引き、2006-07シーズンは試合出場ゼロに終わった。2008年9月29日、マルティン・パレルモが大怪我を負ったため限定的に補強が許されたボカ・ジュニアーズへとレンタル移籍した。11月23日のサンマルティン・トゥクマン戦で初ゴールを決めた。ボカでは期待以上の活躍を見せたが、ボカ側が完全移籍に必要な150万ユーロが払えず、ジェノアに復帰することとなった。

ジェノアではEL杯で2ゴールを上げる活躍を見せるものの、出場機会を得るには至らず、2010年1月にデビューチームであり、彼の愛するロサリオ・セントラルに移籍した。

タイトル[編集]

ボカ

アルゼンチン代表

個人タイトル

所属クラブ[編集]

アルゼンチンの旗 CAリーベル・プレート 2006(レンタル
アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 2008-2009 (レンタル)