ルシア・エチェバリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルシーア・エチェバリア
Lucía Etxebarria
Luciaetxebarria.jpg
2005年
誕生 1966年12月7日(47歳)
スペインの旗バレンシア
職業 小説家
国籍 スペインの旗 スペイン
文学活動  
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示


ルシーア・エチェバリアLucía Etxebarria de Asteinza, 1966年12月7日 - )は、スペインの小説家。

1966年、スペインバレンシアに生まれる。両親はバスク自治州ベルメオ出身であるため、民族的にはバスク人となる。Izar Benayasのペンネームも使っている。

受賞歴[編集]

  • ナダル賞(1998年)(Beatriz y los cuerpos celestes(Beatrice and the Heavenly Bodies)に対して)
  • プラネータ賞(2004年)(Un milagro en equilibrio(A Miracle in the Balance:紙一重の奇跡)に対して)

作品[編集]

小説[編集]

  • La historia de Kurt y Courtney: aguanta esto (1996), (The Story of Kurt and Courtney: Live Through This)
  • Amor, curiosidad, prozac y dudas (1997), (Love, Curiosity, Prozac and Doubts)
  • Beatriz y los cuerpos celestes (1998), (Beatrice and the Heavenly Bodies)
  • Nosotras que no somos como las demas (1999) (We Who Are Not Like the Rest)
  • De todo lo visible y lo invisible (2001), (All Things Visible and Invisible)
  • Una historia de amor como otra cualquiera (2003), (A Love Story Like All the Rest)
  • Un milagro en equilibrio (2004), (A Miracle in the Balance)(紙一重の奇跡)
  • Courtney y yo (2004), (Courtney and Me)
  • Voces desde y hacia Palestina (2005)
  • Ya no sufro por amor (2006), (I No Longer Suffer for Love)
  • Cosmofobia (2007), (Cosmophobia)
  • Lo verdadero es un momento de lo falso (2010)

エッセイ[編集]

  • La futura Eva, La letra futura (2000), (The Future Eve, Future Writing)
  • En brazos de la mujer fetiche (2002), (In the Arms of the Fetish Woman)
  • El club de las malas madres (2009)

[編集]

  • Estación de Infierno (2001), (Hell Station)
  • Actos de placer y amor (2005), (Acts of Pleasure and Love)


関連項目[編集]