ルサルカ (ドヴォルザーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルサルカ』(Rusalka作品114(B203)は、アントニン・ドヴォルザークが作曲した9作目のオペラ。全3幕。

概要[編集]

1900年に書かれ、翌1901年3月31日、カレル・コヴァジョヴィツの演奏で、プラハ国民劇場で初演された。台本ヤロスラフ・クヴァピルが担当した。日本初演は1959年11月24日東京・社会事業会館において、長門美保歌劇団により実現した。

もっとも有名なアリアは第一幕からの『月に寄せる歌』(Song to the Moon/Měsíčku na nebi hlubokém") であり、単独で演奏されたり録音されることが多く、2004年のEMIの歴史的コンピレーション・アルバム『ベスト・クラシック100』に収録された。またバイオリン用に編曲され、映画のサントラに使用されてきた。

楽器編成[編集]

ピッコロフルート2、オーボエ2、イングリッシュホルンクラリネット2、バスクラリネットファゴット2、ホルン4、、トランペット3、トロンボーン3、チューバティンパニシンバル大太鼓トライアングルタムタムハープオルガン弦五部バンダ(ホルン、ハーモニウム

演奏時間[編集]

約2時間25分

登場人物[編集]

あらすじ[編集]

第1幕[編集]

ルサルカは、森の奥にある湖に住む水の精。ある日人間の王子に恋をし、魔法使いイェジババに人間の姿に変えてもらう。ただし、人間の姿の間はしゃべれないこと、恋人が裏切った時にはその男とともに水底に沈む、というのがその条件であった。美しい娘になったルサルカを見た王子は彼女を城に連れて帰り、結婚する。

第2幕[編集]

その祝宴でも口をきかないルサルカを冷たい女だと不満に思った王子は、祝宴にやってきた外国の王女に心を移してしまう。祝宴の中、居場所をなくしたルサルカが庭へ出ると、水の精によって池の中に連れ込まれてしまう。王子は恐怖のあまり王女に助けを求めるが王女は逃げ去る。

第3幕[編集]

森の湖へ移されたルサルカに魔法使いは、元の姿に戻すには裏切った男の血が必要だと語り、ナイフを渡す。ルサルカは王子を殺すことはできないとナイフを捨ててしまう。ルサルカを探して王子が湖にやってくる。そこで彼は妖精達から自分の罪を聞かされ、絶望的にルサルカを呼ぶ。王子はルサルカに抱擁と口づけを求める。それは王子に死をもたらすのだとルサルカは拒むが、王子は「この口づけこそ喜び、幸いのうちに私は死ぬ」と答える。ルサルカはもはや逆らうことをやめ、王子を抱いて口づけ、暗い水底へと沈んでゆく。

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー6 ドヴォルザーク (音楽之友社