ルコック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2014年ツールドフランスでマルセル・キッテルが獲得したマイヨジョーヌ

ル・コック・スポルティフ (le coq sportif) は、フランスを本拠地とし、全世界に進出しているスポーツ用品ブランド。ルコックとは雄のこと(le はフランス語で男性を表す冠詞)。前身はフランスの一地方で始められたメリヤス工業で、1882年に創業。フランスで最も古いスポーツブランドとなり、品質の良さが次第に知られる。その品質を証明するために、1948年から鶏のマークを付けることになった。

鶏はフランスの国鳥であり、フランスに移住してきたガリア族の旗印でもあった(フランスサッカー協会フランスラグビー協会のエンブレムにも使用)。

現在はサッカー、テニス、ゴルフ用のシューズやウェアを中心に、一般用のスニーカーやカジュアルウェア、アクセサリなどを製造している。スポーツ以外では看護師用のウェアやシューズも手がけている。

ツール・ド・フランスにおいては1950年代から約40年にわたりリーダージャージのサプライヤーを務めていた。1990年代からは他のメーカーにサプライヤーの座を譲ったが、2012年に復帰、ASO主催のステージレースのすべてでリーダージャージを供給している。

日本での販売[編集]

日本には1981年に進出し、2008年現在はルコックとしてデサントが展開している。

  • オフィシャルショップ
    • ルコックスポルティフ 原宿店
  • ファクトリーアウトレット
    • ルコックスポルティフ 札幌ファクトリー店
    • ルコックスポルティフ 幕張アウトレット店
    • ルコックスポルティフ アウトレット長島店
    • ルコックスポルティフ りんくうプレミアムアウトレット店
    • ルコックスポルティフ マリンピア神戸アウトレット店
    • ルコックスポルティフ アウトレット入間店

キャラクター[編集]

  • ルコック社のゴルフブランドのキャラクターとして、顔は鶏、体は人間の形をしたルコック4世(通称ルコックくん)がいる。同社の4代目御曹司を自称しており、「Love Golf」をモットーにファシリテーターとして、ゴルフ店の一日店長やゴルフ関連のイベントに顔を出すなどの活動をしている[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]