ルクス・ペイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルクス・ペイン
ジャンル 伝奇ジュブナイル・アクティブADV
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 キラウェア
発売元 マーベラスエンターテイメント
人数 1人
メディア ニンテンドーDS専用カード
発売日 2008年3月27日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
その他 主題歌「聖なる痛みを抱いて」高橋洋子
テンプレートを表示

ルクス・ペイン』 (LUX PAIN) は、マーベラスエンターテイメントから2008年3月27日に発売されたニンテンドーDSアドベンチャーゲーム。なお、公式でのジャンル名は「伝奇ジュブナイル・アクティブADV」。開発会社はキラウェア

システム[編集]

  • プレイヤーは学生として「如月市」での潜入調査を測ることになる。主な一日の流れは登校、午前の授業、休憩、午後の授業、下校、市内散策、帰宅という流れであり、休日は一日通して市内散策ができる。
  • ゲームは主にアドベンチャー形式で進行し、シグマ発動時や戦闘ではタッチペンを使ったアクションに切り替わる。

物語[編集]

本作の舞台である「如月市」で謎の連続した事件が発生した。それは、ほんの小さな事件から、殺人などの大規模の事件まで多岐にわたり、地方都市としては異常なほどの数だった。この事件の元凶を暴くため、「FORT(フォート)」と呼ばれる組織の一員である主人公、西条アツキはこの街へ潜入する。

キャラクター[編集]

FORT[編集]

西条アツキ
- 宮野真守
クールさを漂わせる少年。人間の思念に感染する見えない敵「SILENT(サイレント)」に対抗する力、「Σ(シグマ)」の特殊能力を持つ。彼のΣは、空間や人間の心を削り、思念を読む能力。また、リュウ・イーと違い、対象の心のサイレントに感染された部分のみを削ることができる。
感染者に家族を惨殺された経緯から、サイレントを憎悪している。感染者による襲撃を受けた際、自身も命に関わる怪我を負うも、数時間持ちこたえた生命力により目を付けたFORTによってΣの移植手術を受け、一命を取り留める。右目はΣを手に入れた際に金色に変化した。
ノーラ・デーベライナー
声 - 喜多村英梨
短い金髪の美少女。LYNX(リュンクス=山猫)という諜報・指揮・アシスタント担当の部隊に所属している。趣味はお菓子作り。
序盤は裏方に徹しており、直接現場に出向くことは無くサポート役に徹していたが、後半はナツキを連れて数日間現場に出向きアツキのサポートを行う事となる。事務的な口調・冷静な態度が目立つが、年若いアツキのことを気にかけており、サイレントへの復讐で暴走しがちなアツキを心配している。
劉毅(リュウ・イー)
声 - 子安武人
スイーパーと呼ばれるサイレント駆除のエキスパート。FORTのFALCO(ファルコ=隼)という実働部隊に所属する。サイレントに感染した人間の心・記憶を喰らう「イレイズ」と呼ばれる「シグマ」を操る。また、体術に長けており中国拳法の達人でもある。
基本的に皮肉屋であり、毒舌。サイレントの駆除を巡ってアツキとの意見の対立もしばしば見受けられる。
ナツキ・ヴェネフスカヤ
声 - 茅原実里
青い綺麗な髪と、白い肌の美少女。「サイコビューイング」と呼ばれる千里眼に似た「シグマ」を持つ。遠隔且つ広範囲での探査能力を持つ性質上、FORT施設内にいることが多く、ノーラと共にアツキのサポートを行う。アツキのことが大好きで、将来は結婚するつもりでいる。
ノーラと同じく、前半は遠隔サポートに徹し、後半では如月市に出向く事となる。仕事上の建前は「現場にいた方が思念の調査が楽」という理由からだが、流行りの店で買い物や食事をしたりと町での生活を満喫している。
長島アヤ
FORTのメンバーであり、物語中盤より如月警察署署長としてアツキの調査をサポートする女性。PICUS(ピークス=キツツキ)という後方支援部隊を指揮するその迫力から、PICUS内では「アネさん」と称され、信頼されている。だが根は遊び好きのお気楽もので、休暇には南国へ行ったりするらしい(が、ミッションの都合で休暇を潰されてしまう)。
レイ・プラティエール
声 - 緑川光
FORTの創立者であり現所長。詩的な話し方をする。過去の経歴は、元ファランクスのメンバーであること以外一切不明(しかも彼から直接聞かない限り知ることはできない)。古くから伝わる「ルクス・ペイン」の製造方法を解き明かした人物。また、公式ページのWEBノベルとして掲載するアナザーストーリーにて、ルクス・ペイン(アツキの持つガウェイン)を装着するシーンがあるが、適合者か否かは不明。

如月学園(如月学園高等学校)[編集]

生徒[編集]

神代ヤヨイ
声 - 榎本温子
絵に対する才能を持つ。天然だが本人は否定している。いつも妹を気に掛けている。ストレートで可憐な長い髪が特徴。
野崎ミカ
声 - 高橋美佳子
民放テレビ局シーガルの職員として授業そっちのけで働いている。絵の才能は壊滅的。鉄の胃袋を持つ。1年前の事件に巻き込まれるが、アキラによって助けられる。
山瀬ルイ
声 - 名塚佳織
学生でありながらほぼ100パーセント当たると評判の占い師。実は能力者であり、かなり高位の実力を持っている。
御堂アキラ
声 - 中村悠一
格闘技の心得を持つ。1年前の事件のことで荒んでいたが、中盤以降から大分温和になる。ミカやルイに振り回される苦労人。
宇波リョウ
声 - 越田直樹
学生でありながら古書を専門とした本屋の店長として働いている。かなりの勉学家。いわゆる文系で華奢な体系だが、アキラと対等に渡り合えるほどの実力を持つ。よく物を忘れる癖がある。
成瀬シンジ
声 - 代永翼
可愛げな容姿と裏腹に、同年代の相手に対し上から見下すような態度で接する、小生意気な少年。天性のハッキング技術を持っているが、遊びにしか使っていない。ゲーム後半、彼の遊びではない本気の執念が事件解決の大きな糸口となる。
井上タクヤ
内気なせいか校内でイジメを受けている。ホノカに対しては友好的である。サイレントの影響で不思議な夢を見ることになる。
牧野サユリ
感染者にナイフで軽傷を負わされた後、サイレントの影響を受け不思議な夢を見ることとなる。
桐生ヒビキ
声 - 野島健児
リョウの親友。物語の途中、アメリカから如月学院に転入(1年前、如月学院に在学していたので帰郷という形である)。過去、何事もそつなくこなせる才能のせいで周囲から浮いていたところをホノカのカウンセリングによって救われる。

教師[編集]

陽野ホノカ
保健室の先生で元カウンセラー。
高野レイジ
歴史教師。オカルト向きの授業を行う。
松村アオイ
国語教師。
大和タダシ
数学教師。かなりの硬派右寄りな思想に染まっている。重度のガンマニア。

如月市民[編集]

神代ナミ
声 - 能登麻美子
ヤヨイの妹。明るく無邪気そうに見えるが、彼女の持つ特殊能力のため、同年代の友人は少ない。しかし、年配の人や街の住人にはその素直な性格が好評であり、学校を抜け出しては街を駆け回る。アツキが能力者であることを見抜き、彼に好意を示す。
メロディ
郵便局で飼われている大型犬。ナミの相棒。メス。
アーサー・メイズ
声 - 波多野和俊
世界中で評価されている芸術家。サイレントに感染され自殺しそうになったが、アツキによって救われる。物語の途中から如月学園の美術教師に復帰。
山瀬ユイ
声 - 浅野真澄
ルイの姉。警察官。
安藤マコ
ユイの同僚の警察官。中盤で殺害されてしまい、多くの人の心に影を落とす。
ラズリー・ポートマン
民法テレビ局シーガルのニュースキャスター。
大倉ユウジ
ネットカフェのオーナー。物凄い軽口で、利益より楽しさを追求している。シンジの遊び友達。「ピピン」と言うハンドルネームでBBSに書き込んでいるが、人に食って掛かる態度が目立つ為、荒らしと判断されてすぐに削除されてしまっている。サイレントに感染した際は打って変わって律儀な青年になる。またゲーム後半、機能が停止したFORTの代わりとして、ノーラに店を一時的に買収される。
エドワード・スタイナー
声 - 銀河万丈
大手金融機関AMSの創業者。
日高ナオト
戦場カメラマン。物語の途中から如月学園の教師として赴任する。実はCIAのスパイ。
御堂ケンイチ
ケーキ屋の店長。アキラの父親。
榎田シゲル
郵便局員。「キーちゃん」と言う土偶を溺愛している。その点のみなら危ない人物に見えるが、実際は良識人である。
稲垣シュンイチ
音楽プロデューサー兼クラブ経営者。オカマであり、御堂ケンイチに想いを寄せる。
鏡キョウスケ
K探偵事務所所長。ただし所員はキョウスケ1人。また、事務所はライブハウスの一部を間借りして運営している。
グレアム・ミラー
声 - 森久保祥太郎
派手な風貌の、スパイを自称する青年。一連の事件の黒幕。
リル
声 - 今井麻美
紅の丘でアーサーと出会う謎の少女。詩的な話し方をする。
ミント
綺麗なシャム猫。しかし、体の所々に虐待の跡がある。特に顔の右半分が酷く、あまり見せたがらない。ナミが手当てをしたが、突然姿をくらましてしまう。その後、死を呼ぶ猫の噂が街に伝わり始める。

特殊用語[編集]

FORT[編集]

Force for Oblitation of the Rising Terrors(蘇る恐怖を抹殺するための軍隊)。サイレント犯罪の特定・排除のため発足された超国家的機関。完全秘密主義の組織のため、政府関係者にすらあまり知られていない。現所長であるレイ・プラティエールが創立。

FALCO(ファルコ=隼)
実働部隊。サイレントに対抗する何らかの手段を持った人間のみで構成されている。世界各国に派遣され、サイレントの排除を行う。
PICUS(ピークス=キツツキ)
情報収集専門の後方支援部隊。実働隊のサポートが主な任務。名称の由来は、ターゲットの秘密や居場所を調べ、引きずり出すという役目から。
LYNX(リュンクス=山猫)
FORTの施設内で活動するメンバー。施設内でサイレントの分析、研究を行い、FALCOやPICUSに報告するアシスタント業務が中心である。

ルクス・ペイン[編集]

本作のタイトルであり、サイレントに対抗する能力を有するアクセサリー。計12種類。身に着けることで、他人の思念へ干渉しサイレントを狩る能力「Σ(シグマ)」を手に入れられる。が、適合する人間以外が装着すると「ルクス・ペイン(聖なる痛み)」が命にまで及ぶダメージを与える。作中に登場するルクス・ペインは、西条アツキの「ガウェイン」(指輪)、ナツキ・ヴェネフスカヤの「トリスタン」(ペンダント)、リュウ・イーの「ランスロット」(ピアス)。

Σ(シグマ)[編集]

SIGNUM-ANIMA(シグヌム - アニマ)の略。ギリシャ数字のΣと音が似ているためΣと呼ばれる。ルクス・ペインを装着することで発動する特殊能力。能力は装着者によって様々。

イレース
アツキの持つ能力。相手の思念を引きずり出し、削り取る。主にサイレントの発見に使用するが、サイレントの駆除にも使用できる。しかし、イレイズとは違い心ごとの駆除ではないため再び感染する可能性も残してしまう。
イレイズ
リュウ・イーが持つ能力。サイレントに感染した心ごと喰らう事で駆除する。サイレントを察知する能力は低いが、対サイレント戦での攻撃力は絶大。ただし、サイレントと共に心まで喰らうという能力の性質から、感染者の精神崩壊を招き、その後の社会復帰も難しくなる。そのため、アツキとリュウ・イーは作中何度か衝突することになる。リュウ・イー以外のその他エージェントもこの能力を使う者が多い。
サイコビューイング
ナツキの持つ能力。遠距離且つ広範囲の思念・感情を察知できる力。ただし、能力者への負担が多いため乱用は出来ない。

その他にもシグマではない一般的な超能力と呼べる能力も劇中に登場する。

サイレント[編集]

遥か古来より存在する精神感染体。世に存在する数々の怪奇事件の原因と考えられている。精神に寄生する点のみが共通していて、感染方法や、精神の変容はサイレントによって異なる。

他の組織[編集]

M機関
ノーラがネット上に作り上げた架空の組織。FORTへアタックを試みる者へのトラップ。
ファランクス
対サイレント組織であり、歴史はFORTより古い。錬金術や魔術を用いてサイレントに対抗するすべを研究し続けていた。元々はサイレントの根絶が目的だったが、近年では共存を図る方針をとり始めている。

主なスタッフ[編集]

アナザーストーリー[編集]

公式ページのコンテツ「WEBノベル」に掲載されている。

外部リンク[編集]