ルカ・ロンバルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルカ・ロンバルディ(Luca Lombardi, 1945年12月24日 - )は、イタリア現代音楽作曲家ローマ出身。今日では、もっぱら「20世紀の楽器法」(旧メック出版、現マンハイム音楽出版)の共著者として知られている。

略歴[編集]

カール・シスケロベルト・ルピなどに基礎を師事した後、ケルンの音楽講座でカールハインツ・シュトックハウゼンなどに師事している。当初は正嫡のポスト前衛であったが、フレデリック・ジェフスキーとの関わりを通じて、社会活動を重視する作風へ転進する。1980年代以後は過去の音楽遺産を振り返る多様式主義から、三和音の規則的な交代を特徴とする新単純性を強く打ち出す。その頃の作品に声楽を伴ったオーケストラのための「第3交響曲」、ピアノトリオのための「告別」がある(「告別」の日本初演は日伊現代音楽交流会で行われた)。

2000年代は規模の大きな作品への挑戦が目立つが、以前ほどの三和音への傾斜はない。それでも、完全音程を使用した明解な音程感、人間の感情をストレートに描ききる旋律性に基づく語法は、不動のままである。かつてJML入野義郎研究所に1990年代中葉に招かれ、松平頼暁との対談の中で「音楽では社会は変わらないです」と語っていた。

現在はイスラエルの市民権を取得し、イタリアとイスラエルを往復する生活を送っており、自分を母方の血筋からユダヤ人作曲家と名乗り、創作意欲も衰えが見られない。作品はツェルボーニリコルディ、Rai Tradeから出版されているが、未出版のものもかなりある。

外部リンク[編集]