ルイ2世・ド・ラ・トレモイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ2世・ド・ラ・トレモイユ、ドメニコ・ギルランダイオ工房による肖像画

ルイ2世・ド・ラ・トレモイユLouis II de La Trémoïlle, vicomte de Thouars, 1460年9月20/29日 ボミエール英語版 - 1525年2月24日 パヴィア)は、フランスの貴族、将軍。シャルル7世王の寵臣ジョルジュ・ド・ラ・トレモイユの孫。トゥアール子爵、タルモン公。筆頭侍従。

ルイ1世・ド・ラ・トレムイユフランス語版とその妻マルグリット・ダンボワーズ(Marguerite d'Amboise)の間の息子として生まれた。1485年に始まった道化戦争英語版では国王軍で中心的な役割を果たし、反乱の首謀者の1人ブルターニュフランソワ2世を追い詰めた。1488年のサン=トーバン=デュ=コルミエの戦い英語版で反乱者に対して決定的な勝利を収め、ブルターニュの独立に実質的な終止符を打った。

イタリア戦争の遠征にも何度か従軍し、1495年のフォルノーヴォの戦い英語版や1509年のアニャデッロの戦い英語版に参加した。カンブレー同盟戦争中、1513年のノヴァーラの戦い英語版ではフランス軍側の司令官を務めたが、スイス人傭兵隊の待ち伏せ攻撃に遭い、悲惨な敗北を喫した。1515年のマリニャーノの戦い英語版では勝利に貢献した。

1525年、パヴィアの戦いにおいてフランス軍の陣営が1500人のスペイン軍アルケブス銃(火縄銃)部隊に襲われた際、フランソワ1世王を守るために他のフランス人将兵とともに奮戦するが、敵兵に心臓を撃ち抜かれて馬から落ち、絶命した。家督は孫のフランソワが継いだ。

1484年7月28日にモンパンシエ伯ルイ1世の娘ガブリエル・ド・ブルボン(1447年 - 1516年)と結婚し[1]、一人息子のシャルル(1485年 - 1515年)をもうけた。1517年4月7日にヴァランティノワ公チェーザレ・ボルジアの娘ルイーザ・ボルジアと再婚するが、間に子供は無かった。

脚注[編集]

  1. ^ Miroslav Marek (2005年1月4日). “Gabrielle, Cts de Benon(capet22:F3)”. genealogy.euweb.. 2012年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]