ルイ=ニコラ・クレランボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ=ニコラ・クレランボー

ルイ=ニコラ・クレランボーLouis-Nicolas Clérambault, 1676年12月19日 パリ - 1749年10月26日 パリ)はフランス盛期バロック音楽作曲家オルガニスト。とりわけフランス語カンタータの作曲家として名を残す。父親も実子もいずれも揃って音楽家であった。

幼いうちからヴァイオリンクラヴサンを学び、アンドレ・レゾンオルガンを師事。また作曲声楽も学ぶ。グラン=ゾギュスタン教会のオルガニストを務めるとともに、マントノン夫人に仕える。ルイ14世が崩御し、ギヨーム=ガブリエル・ニヴェールが死去したのに伴い、ニヴェールの後任オルガニストとしてサン=シュルピス教会に勤めるかたわら、サン=シールの王室において、貧しい貴族の女子教育のために教師を務め、音楽とオルガンを教えたり、合唱聖歌の指揮を執ったりした。マントノン夫人の没後もこの職務を続け、任期中に「フランス語カンタータ」というジャンルを発案し、この分野で並び立つ者のない巨匠となった。1719年より恩師アンドレ・レゾンの後任オルガニストとしてグラン=ジャコバン教会に奉職。

主要作品[編集]

外部リンク[編集]