ルイ=ウジェーヌ・カヴェニャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・ウジェーヌ・カヴェニャック

ルイ・ウジェーヌ・カヴェニャック (Louis Eugène Cavaignac, 1802年10月15日 - 1857年10月28日)は、19世紀フランスの共和派軍人、首相。

アルジェリアを制圧して勇名をはせ、2月革命後に陸軍大臣に就任した。1848年の4月総選挙において社会主義者が大敗したことを受けて、国立作業場が閉鎖されたことに反発したパリの労働者が蜂起した(六月蜂起)際、議会はカヴェニャックを行政長官として全権を委ねた。彼は戒厳令をしいて労働者の蜂起を弾圧。3千の死者、2万5千の逮捕者を出した。これが原因で、同年12月の大統領選挙では市民から反発され、対抗馬のルイ=ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン3世)に敗北した。

外部リンク[編集]