ルイーゼ・フォン・プロイセン (1770-1836)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロイセン王女ルイーゼ、ヴィジェ=ルブラン

ルイーゼ・フォン・プロイセンドイツ語:Friederike Luise Dorothea Philippine von Preußenポーランド語: Fryderykę Dorotę Ludwikę Hohenzollern、1770年3月24日 - 1836年12月7日)は、プロイセンの王族。フェルディナント・フォン・プロイセンフリードリヒ2世の実弟)と、ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムの娘アンナ・エリーザベト・ルイーゼの間の次女として、フリードリヒスフェルデ(現ベルリン)で生まれた。

1796年、ポーランド=リトアニアの上級貴族アントニ・ヘンリク・ラジヴィウ公と結婚、8子をもうけた。次女のエリザは、プロイセン王子ヴィルヘルム(のちの皇帝ヴィルヘルム1世)が妻にと望んだ女性であった。また、長男のヴィルヘルムと三男のボグスワフもプロイセンに軍人、政治家として仕えた。