ルイーゼ・フォン・プロイセン (1680-1705)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイーゼ・フォン・プロイセン(Luise von Preußen またはフォン・ブランデンブルク von Brandenburg, 1680年9月29日1705年12月23日)は、ブランデンブルク=プロイセンの王族。プロイセン王フリードリヒ1世の長女で、ヘッセン=カッセル方伯世子フリードリヒの妃となったが、夫の即位前に死去した。全名はルイーゼ・ドロテア・ゾフィーLouise Dorothea Sophie)。

1680年9月29日、ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ3世(後のプロイセン王フリードリヒ1世)とその最初の妃であるヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム6世の娘エリーザベト・ヘンリエッテとの間に第一子としてベルリンで生まれた。

ルイーゼは1700年5月30日に従兄にあたるフリードリヒと結婚したが、1705年12月23日にカッセルで死去した。2人の間に子供はいなかった。フリードリヒは1715年スウェーデン王女ウルリカ・エレオノーラ1718年よりスウェーデン女王)と再婚し、ウルリカ・エレオノーラの退位後スウェーデン王フレドリク1世に、1730年には父の死去によりヘッセン=カッセル方伯フリードリヒ1世となっている。