ルイーゼ・シャルロッテ・ツー・メクレンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイーゼと夫のアウグスト、アレクサンドル・モリナーリ(Alexandre Molinari)画

ルイーゼ・シャルロッテ・ツー・メクレンブルクLuise Charlotte Herzogin zu Mecklenburg[-Schwerin], 1779年11月19日 シュヴェリーン - 1801年1月4日 ゴータ)は、ドイツメクレンブルク=シュヴェリーン公爵家の公女で、ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公アウグストの最初の妻。夫の即位以前に死去したため、公世子夫人(Erbherzogin)の称号で呼ばれる。

メクレンブルク=シュヴェリーン公(1815年より大公)フリードリヒ・フランツ1世と、その妻でザクセン=ゴータ=アルテンブルク公子ヨハン・アウグストの娘であるルイーゼの間の第2子、次女として生まれた。1795年、スウェーデン王グスタフ4世アドルフと一時的に婚約したが、すぐに婚約を破棄されている。

1797年、ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公エルンスト2世の長男で又従兄にあたるアウグストと結婚し、一人娘のルイーゼ(1800年 - 1831年)をもうけたが、1801年に21歳の若さで早世した。娘のルイーゼはザクセン=コーブルク=ザールフェルト公(後にザクセン=コーブルク=ゴータ公)エルンスト1世と結婚した。

外部リンク[編集]