ルイーズ・ド・コリニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイーズ・ド・コリニー

ルイーズ・ド・コリニー(Louise de Coligny, 1555年9月23日 - 1620年11月13日)は、オランダ総督ウィレム1世の4度目の妃。フランス貴族で軍人のガスパール・ド・コリニーとシャルロット・ド・ラヴァルの娘。父と同じくユグノーとして育った。

シャティロン・コリニー(現在のロワレ県)に生まれ、17歳の時シャルル・ド・テリニーと結婚。しかし、父ガスパールと夫はともにサン・バルテルミの大虐殺で殺されてしまった。1583年4月12日、ウィレムとアントウェルペンで結婚。翌年、フレデリック・ヘンドリックを生んだ。ウィレムの死後は、自身の子供たちと、ウィレムの3度目の妻シャルロットとの間にできた娘たちを育てた。1620年、フォンテーヌブローで死去した。